エッチ体験談 15,000話 突破!!

お母さんの放尿姿を友達に見られ

のぼるさんから投稿頂いた「お母さんの放尿姿を友達に見られ」。

S学校5、6年の夏の出来事を書いて行きます
まず当時母は35、36位で容姿は中肉中背で胸は多分BかDカップ位だったと思います髪の毛は短めでした。
私の町は田舎町で私の家も隣の家まで結構距離がありました、家は平屋で勝手口があり勝手口を入るとお風呂の脱衣所になっていました、

私の部屋は勝手口を出るとすぐ左側になります。当時私は20:00には寝ていたのですが何だか寝付けず22:00ぐらいまで起きていた日がありました。うとうとしていると勝手口のドアが開く音がしたので私はそっとカーテンの隙間から外を覗いてみました。

そこには全裸でサンダルだけの母がいました。
勝手口から出ると隣の家までは距離があるものの夜とはいえ勝手口の外にある街頭に照らされた母の姿は目をこらせば隣の言えるからも見えます。そして母は少し家から離れたあぜ道に腰を下ろすとその場でホウニョウを始めました。渡のへやの窓は夏ということもあり網戸になっていたのでおしっこが地面にはねる音、そして幅広くのおしっこの出るシュ~チュィ~という音が響いていました。

時間にして数十秒の出来事でしたが私には長く感じました。
そして母はおしっこが終わると噛み合うなどは持っていくいないのか大きめなお尻を何回か振っていました。そして何事も無かったように家の中へ入って行きました。

この日から私は母がお風呂に入る時間まで起きていて様子をみていましたが、どうやらこれが母のお風呂場に入る前の日課のようでほぼほぼ毎日のように野外放尿をしていました。

それから何日かして近所の仲のよい同い年の友達がうちに泊まりにくる日かあり、ご飯を食べて一緒にお風呂に入りました。その頃の私は子供たちの頃特有の友達のチンコにも興味があり、お互いにふざけて触り合ったりして、ふざけてお風呂に入っていました。

友達マサトのチンコは陰毛はほぼ生えてはいませんでしたが、先の方だけ少し剥けている仮性包茎。私はまだ勃起してもしっかりと皮を被っていてマサトのチンコが大人に見えました。そんな楽しい入浴後も終わり部屋に帰り寝る時間になりましたが、やはりそこは非日常でなかなか眠れず二人で話などをしていたのですが・・・その時はきました。

勝手口の扉がガチャと空き、その音でマサトも「あれ?なんか音がしたげど誰かいるのかな?」#ピンク私は「うんたぶんお母さんだよ何だろね」と知らないふりをしました。このまま外を見たらマサトにも母の放尿が見られてしまうと焦った私は「気にするなよ早く寝ようよ」と言ったのですがサンダルので外を歩く音が聞こえるとマサトは何だろうとカーテンを少し開けて外を見てしまいました。マサトは小声で「おい、お前のお母さん裸ででてきたけど」とビックリしたようすで話かけてきます私は恥ずかしくなり無言です。

マサトはとうとう母が放尿を始めてしまったのが無言で生唾を飲んでおいました。そして母が家に入るまで一部始終をみたマサトは「お前のお母さん小便してたよビックリした!真っ裸たからおっぱいまで見ちゃったよ、お前のお母さんのおっぱいうちのお母さんと違っておっぱいデカかったよ」私は何も言えず顔を真っ赤にしていたと思います。そして気づいたのは寝るときなのでお互いにランニングにブリーフだけの格好だったのでマサトのブリーフの前が膨らんでいるのが見えました、私は「マサト、チンコ勃起してる?」と聞きました。 

コメントを残す