エッチ体験談 15,000話 突破!!

お互いに手でイかせた思い出

Kくんさんから投稿頂いた「お互いに手でイかせた思い出」。

学生の時の話し。俺はアパートを借りて一人暮らししてた。サークルの仲間が飲みに集まる溜まり場になっていたんだ。仲の良い男女5、6人で泊まりの飲みをしていたが、仲間内で恋愛というのは無かった。純粋にサークル活動やって馬鹿な話しをしてエロ話しもする友達だった。

ある夏の日、仲間の一人であるM美がふいに遊びに来た。M美は笑顔が可愛い、少し背の高い子だった。ひとりで来るなんて珍しいねと言うと「気まぐれ気まぐれ!ビールあるんでしょ?w」と勝手に上がって来た。

飲みが進んで2人とも火照ってきた頃ふっとM美を見たら、ゆるいTシャツから胸の谷間が見えていて、思わず黙って見惚れてしまった。その瞬間俺は一気に勃起したw M美は早くも俺のハーフパンツが膨らんでいるのを見つけ「あ、あれ??Kくん勃ってない?w」今更隠してもどうしようもないので俺は悪びれず「M 美の谷間がセクシーで反応したんだよ」むしろ見せつけてやると、M美「いやんw 、、、あ、ありがと?ま、あたしもKくんが勃起してくれて嬉しい気もするんだけどね。」俺「じゃ、2人とも欲情中か?w」M美「んふふ、ちょっと興奮しちゃうかもw」そしてダメもとで仕掛けてみた。「俺たちは友達だけど、お互いの裸とか見ても我慢出来んのかなぁ??」「さあ、どうかなー?」「じゃ、試して見る?」「え!本気?w」「本気w 絶対に挿れないで我慢するってのはどう?」「え?え?w」そして俺は強引に実行に移した。サッと立ち上がりそそくさとTシャツ&ハーフパンツを脱ぎ捨て、パンツ1枚になる。薄いボクサーブリーフだから、はち切れそうに勃起したチンポが上を向いたカタチがくっきり。M美は「ちょw デカくない?え?え?」俺は普通だと思うがw なんだかんだ言いながら、俺の股間を凝視するM美。「俺だけ脱いでると恥ずかしいからオメーも早よ脱げw」「え?えーっと、、、ん、うん」と戸惑いながらもTシャツを捲り上げて脱ぎ脱ぎ。薄いライムのブラが柔らかいオッパイを包んでいる。「恥ずかしいよお」と言うM美に見惚れつつ「し、下も早よw」すると立ち上がり後ろ向きにジーンズを脱ぎ始める。俺ははち切れそうな尻がジーンズに包まれているのが好きだ。そしてそれを脱ぐのを見るのはもっと好きだw お互いに下着だけになったところで、2人とも一瞬躊躇する。「・・・」「じゃ、下着も脱ごうか」と俺が言うと「ほ、ホント〜に?汗」「せっかく頑張ってここまで来たんだから!w」「じゃ、じゃあKくんから脱いで?」いいよってことで、わざとパンツにチンポを引っ掛けながらずり下ろし、パチン!と勃起チンポが腹に当たるのを見て、M美「うわー」顔を手で覆いながらしっかり見てるやんw 「はい、お次どうぞ」観念したM美はブラをゆっくり外した。思ったより大きな乳房と薄いピンクの乳首「キレイだね」とチンポをピクピクさせながら言った。無言のまま、パンティもゆっくり取ってお互いに全裸になった。「M美ぃ、俺もう限界だよ、チンポカッチカチだよ〜」「限界早すぎw で、でも、、」「でも?」「あたしもさっきから濡れてる、、、」「え、見せて」「んー、、うん、、」M美は座ってM字に脚を開き(M美だけにw)自ら指でマンコくばぁしてくれた。その瞬間、マンコから溢れたトロトロ汁が流れたのが見えた!そして俺の第一チンポ汁が糸を引いてだらしなく垂れたのをM美も見逃さなかった。「M美溢れてんじゃん!」「Kくんも垂れてるって!w」俺はたまらなくなり、チンポを握ってゆっくり動かし始めた。M美も目がトロンとして、おもむろに自分の胸も揉み始め、もう片手でクリを撫で始めた。「や、、あん ヤバいよぅ、、んうぅ Kくんのおちんちん、、」俺はM美の横に座り「やっぱり少し触っていい?ルール変更w」「うん、、、」ゆっくりと手のひらでM美の肩や背中や乳房や腹や太腿や、つまり体中を撫で回す。手のひらから電流が伝わり、チンポを刺激して来る。M美も小さく喘ぎながら俺の身体を撫で始め、チンポを優しく手で包んだ。「すごく硬いね」俺も負けずにM美のマンコに指を這わせ「グチョグチョ濡れ濡れじゃん、、、」ヌメッた指の腹でクリトリスを小刻みに擦ると、いよいよ声を大きくして「あっ、あんっ、、はぁっ んくぅ」中指を挿入して、中で指を曲げて刺激しながら動かすと、トロトロとマン汁が溢れて来て、M美は目をギュッと瞑り唸ったかと思うと、身体を硬直させてイッた。M美の手が止まってしまったので、俺はマン汁をチンポに塗りたくってオナニーしたw でもすぐに気づいたM美はまたチンポを握り直し、俺にキスしながらテンポよくチンポを擦る。すぐに射精感が込み上げて来て、俺は勢いよくM美の手や身体に大量のザーメンを吐精した。

一応、挿れないで我慢?した我々だったが、結局その後に付き合うことになった。

コメントを残す