17,000話以上掲載!!毎日更新!!

小●校の修学旅行

[AD]

[AD]

だいすけさんから投稿頂いた「小●校の修学旅行」。
小●校の修学旅行

僕は都会から親父の転勤で東京の外れの小●校へ転校してきました。
とても田舎で言葉も通じない事があっていわゆるカルチャーショックでした。
ただ、在校の女の子達からは都会から来た男の子はということで、注目をされていたようでした。

学校に行くのに地元の男の子は長ズボンで、僕は半ズボンに紺色のブレザーでした。
田舎にブレザーを普段から着ている子供何て他にいないので凄く目だったのでしょう。
そんな田舎でも可愛い娘は何人かいました。クラスは都内では8クラスもあったのにこの学校には2クラスしかありません。だから女の子は全部で50人ほどしかいないのです。まあ1年間だから、5人も相手がいればいいかなあ。
最初に可愛いなあと思ったのは大室初美ちゃん。
カモシカのよう長い手足、ギュットしまった、バネ効いた体つき。それなのにちゃんとおっぱいがあって、都会ならモデル事務所に声を掛けられそうな。
まだ僕も、女の娘を悦ばせるほうほうを良くしらなかったので手を繋いで歩いたりブールでふざけて体にさわったりするくらい。でも、キスはしまかな。
そのつぎは中田珠子さん、目がクリッとした目鼻立ちのハッキリした6年生で既に巨乳の女の子。

夏休み、修学旅行、このときはもう夢中になってる娘がいて、田吉文子ちゃん。色白、体がふにゃーん、プニャプニョと柔らかくてどこを触っても気持ちがよかった。
忘れもしない修学旅行の最後の日光の旅館で布団の中から、「ふみーっキスしたいよー、文子ーのおまんこ舐めたい」そんなことを夜中言ってました。
皆寝静まり、何時間かたつと男の子之部屋のふすまが静かに開きました。「ヒソヒソ声でだいすけくんいる?」
布団から顔を出すと文子がいました。
「そんな所にいたら見つかるよ、こっちこっち」
そう言って布団を巻くって僕の布団のなかに入れました。
僕は一番壁かわに寝てたので文子ちゃんをもっと壁際に寝かせました。文子ちゃんは躊躇なしに僕の布団に入ると布団を被りました。そのとき見回りの先生が懐中電灯で部屋の中を照らしました。、二人ともじっとしてやり過ごします。
先生が出ていくと、
「文ちゃん良くわかったね」
「知ってたよ、それにだいすけのキスしてーが大声で聞こえてたから」
「そうかあ恥ずかし!」
「でも文ちゃん、本気だよ」
「だいすけならいいよ」そう言って目を閉じました。
僕は文ちゃんに初めてキスをしました。
柔らかい唇と思わず左手で抱き締めて、右手でおっぱいを揉んでしまいました。
周りのお子ちゃま達は今日の戦場が原ハイキングで疲れてぐっすり。少々の事では起きません。
起きてるのは僕の勃ってるものだけです(笑
軽く唇を開けて、吸います。下手くそでぎこちない。
でも、口を開かせ舌を出して文ちゃんの舌に絡めました。、気持ちいいです。、既にこの時点で僕の勃起君は最高硬度に。
だいすけお腹に当たってんのちんこ?」
「そうだよ、触る?」
「だってすごいよ」
「文ちゃんと同じお布団いると思ったら勃っちゃったよ」
「だいちゃん、どんな風になってるのか見てみたい」
「でも暗くて見えないでしょ」
「じゃ、一緒にさ明るいところにいこうよ」
「どこ?今の時間明るいのはトイレくらいだよ」
「一緒にいこう」
二人で部屋を出て女子トイレを目指しました。が、途中浴室の電気が明るくなっていたので中を覗いてみました。
「だいちゃん、女風呂の方誰もいないよ、一緒に入ろうよ」
「えっ大丈夫かな」
「平気だよ」
脱衣場で二人で裸になり風呂に入りました。
「だいちゃん、気持ちいいね」
「うん、貸しきりみたいだね」
「ちんこ見たい、見せて」
「いいよ」でもその時はもう勃っていません。
「あれ、さっきと違うよ、柔らかいし」
「文ちゃん、ちんこさわって、さわったらまた硬くなるから」文ちゃんは恐る恐るですが、さわってくれました。
少しだけ硬くなりました。
「こうやってね軽く握って擦るんだよ、上下に」
「うん解った」
僕はお風呂の縁に座り文ちゃんは文ちゃんは僕のちんこの正面にいます。ちんこがどんどん勃起しておへそに届きそうです。「へぇ、先っぽがこんな形だなんて知らなかったよ、弟のはぞうさんのお鼻みたいなのに、こんなにテカテカして、凄い、カチカチ」
「それはね、まだ子供だからだよ」
「だいちゃんも子供でしょ?」
「そうだけど、ちんこはもう大人並みだって、ズルムケだから」
「ズルムケ?」
「そうだよ、夕方男子みんなでお風呂に入ったけどみんなまだ剥けてないよ」
「こうやってほら、先っぽが隠れてるんだよ」僕は皮を伸ばして先っぽを隠しましたが、手を離すとすぐにズルムケに戻りました。「そうなんだ、確かにだいちゃんの大きいかも、ズルムケちんこだね」
文ちゃんは面白そうに、しごき擦るので、
「そんなにしたら出ちゃうよ」と言いました。
「出ちゃう?何が出るの?おしっこ?」
「違うよ、気持ちよくなると精子が出るんだよ」
「えっ、おしっこじゃなくて他のものが出るの?」
「そうだよ、赤ちゃんの素が出るんだよ」
「えー見たい見たい、精子出るとこ見たい」
「大きな声を出しちゃダメだよ、もっと擦って、それよりは舐めてくれたらすぐ出るかも」
「だいちゃん、ちんこの先から何か出てるよ、これが精子?」
「違うよ、ちんこを擦るときに濡れてしごくのがスムーズになるように自然に出るんだよ、潤滑油みたいなの」
「舐めるの、汚いよ」
「汚くないよ、今お風呂のなかだよ?」
「あっそうかあ、じゃ舐めるよ、どうやればいいの」
僕は文ちゃんの人差し指を先っぽを舐めたり口に含んだりシュパシュパしたりして「こうするんだよ」と教えました。
「わかった、やってみるね」
文ちゃんは教えられた通りに練っとりちんこをしゃぶってくれます。
「しごいて、擦りながら」
思ったよりも上手です。「文ちゃん、すごく気持ちいい、すぐ出るかも」僕は自然に両手で文ちゃんの頭を押さえ腰を前後に降ってました。
一気に快感が訪れ「あっ、出るよ、出る!」
でも文ちゃんが射精のを見ることなく口の中にドピュッドピュッドピュッ、オナニーの時に比べられないほど沢山の精子が口の中に。
「おぇっ」文ちゃんは噎せたようです。
「だいちゃん、これ精子?何か少し苦いよ」
文ちゃんが話し始めると口許から白いドロドロが垂れてきます。「凄い、いっぱい、こんなに出るの?」
文ちゃんは訳もわからずゴクンとそれを全部飲み込みました。「だいちゃんの精子全部飲んじゃった」笑いながらそう言って、「でも出る瞬間見れなかったよ」
「もう一度やろう」
「いいよ、その前に今度は文ちゃんのまんこを見たいよ」
「うん、見せっこだね」そう言って文ちゃんは風呂の縁に座って大きく股を開きました。「だいちゃん、見える?」
恥毛も生え揃ってないまんこはとても綺麗で縦に筋が、そして筋の両側に少しだけアワビの縁のようなヒダヒダがありました、「さわってもいい?」
「いいよ、優しくね」「うん」僕は両手でそっとヒダを広げて見ました。小●生の時に見たお医者さんごっこのおまんこによくにてましたが、もう少しふっくらしてます。
人差し指と親指て開き、一番上の方にあった小さな粒を指先て軽く撫でて見ました。文ちゃんはビクンと驚いたようです。「舐めるよ」ヒダヒダを押し開けるように舌を使って舐めあげます。唾を沢山だしてピチャッピチャッ舐めると「だいちゃん、気持ちいい、不思議、気持ちいい」
「もっと気持ちよくなれるよ」そう言って更に続けていると、おまんこの奥の方からヌルヌルした液が、文ちゃんうも凄く感じてるんだ。「文ちゃん、おまんこの汁がたくさん出てきたよ」「だいたゃん、私の気持ちいい、こんな気持ちいいの初めて」
「あーっ、気持ちいい、おまんこ舐められるの大好きになりそう」文ちゃんはそう言って脚をピンと伸ばすと「うっ」といってかたまりました。
「だいちゃん、射精見せて」
「いいよ、今度は文ちゃんのまんこで気持ちよくして」
風呂の縁に座って大股を開いた文ちゃんの脚の間に入り、ちんこをまんこにあてがいました。
「がまんしてね」そう言ってからヒダヒダを割開いてちんこを押し付けると、ぬるっとめり込むように先っぽが入りました。
「あっ、何か挟まった」
「もう少し入れるよ」更にちんこを入れます。
ヌルヌルしてるので抵抗なく入ります。
「動くよ」僕は前後にピストンを始めると
「だいちゃん、さっきの気持ちよさがまた来たよ、でもさっきと少し違う。何か奥の方に当たると、あっ、あっ、そこ、凄い、ジンジンしちゃう」
「文ちゃん、僕も凄く感じるよ、おまんこの中がぐちゃぐちゃしてちんこ全体が擦れて、気持ちいいよ」
二人とも我を忘れて腰を振りました。
「文ちゃん、もうダメ、出るよ、ちんこ抜くよ」
「だいちゃん、止めちゃダメ、気持ちいいからもっと、もっとピストンして」
「だって、出ちゃうよ」
「嫌だ、止めないでー!」
文ちゃんは両脚を僕の腰に絡め、両手で抱き締めて来るので僕は離れられません。
もう限界です、快感が腰に股間にギュッと詰まったように、そして射精感が押し寄せ、おまんこの中にドピュッドピュッドピュッっと。
「文ちゃん、中に出しちゃったよ」
文ちゃんはその瞬間「いー、すごくいい、あーー!」
ビクンと足に力が入り動かなくなりました。

「気持ちよかったね」
「うん、気持ちよかった、大人ってこんな気持ちいいことしてるんだね」
文ちゃんのパパもママとしてるんだよ。
「うん、見たことあるよ、ママがパパにまたがって、腰を振って、あーいーと声を出してたの、パパはママのおっぱい強く揉んでたよ」

二人は静かに部屋に戻りました。

翌日、帰りのバスは最後尾にのって、二人の膝にはコートをかけました。他からコートの下で何をしてるか見えないように。僕は文ちゃんにキスをしたりおっぱいを揉んだり。
そして、文ちゃんのおまんこを、文ちゃんは僕のちんこをしごいてました。都心を抜ける頃には皆寝息を立てて寝ています。
我慢できなくなり、僕は文ちゃんを抱っこするようにして
「文ちゃんこの上にパンティ脱いで前向きでもいいから」文ちゃんは勃起したちんこに股がり、バスの揺れに会わせて腰を振ります。声を出しそうになる度にハンカチを口に積めて。学校に戻るまで文ちゃんは何度もいって、、僕は3回射精しました。僕たちは周りの友達が子供に見えて、自分達だけが大人になったように感じてました。
もう僕たちは「はめるの大好き!」でほぼ毎日、生理の日だけ休み、それどころか朝、昼、晚、夜と日課のようにしました。
僕のちんこは真っ黒に陰焼け、文ちゃんのおまんこももうピンクではありません。
でも、幸運にも赤ちゃんが出来ることはありませんでした。
秋の運動会の頃にはどんな体位でもやれるよになって、
文ちゃんは僕の精子を何リットル飲んだでしょうか。

今となっては楽しかったおもいでのひとつです。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次