エッチ体験談 15,000話 突破!!

元彼女のレイナ

元彼女のレイナ

ガラガラ蛇さんから投稿頂いた「元彼女のレイナ」。

元彼女のレイナとの事を書きます。
過去に一度付き合っていて、現在はセフレの様な関係です。

俺、40代。
レイナ、今年30歳。

レイナ(当時22歳)との出会いは2014年の春でした。
(長くなるので割愛します)

あんなに女の子に依存されたのは初めてで、それはそれで新鮮でした。
最後の方はヘトヘトでしたが、俺なりに一生懸命だったと思います。
こんなMっパゲ(ベジータ程じゃないが)のとっつぁんには勿体ない可愛い彼女でした。

付き合って一月程で同棲しました。
俺もレイナも猿なので、毎日必ずセックスをしていました。
人前でもセックスをする変態カップルでした。

避妊はしていませんでした。
当然妊娠、そして中絶。
揉めている内に中期中絶になってしまいました。
俺は、産ませたかったです。

別れてからも何度か会った事があるのですが、ここ何年か音信不通でした。

再会したのは去年、2021年の秋の事でした。
その日の事は詳細に覚えています。
用事を済ませた帰り道、普段は行かないスーパーに寄りました。
もしかしてと思いましたが、顔はマスクでよく解らない、眼鏡を掛けて帽子まで被っていたら尚更。
思い切って声をかけると、やはりレイナでした。
その時は少しだけ話をして別れました。

その夜、レイナから連絡があり、会いたいと言われ会うことに。
昔よく青姦をした公園にAM2:00に待ち合わせ。
そこは俺達の思い出の場所。

セックス自体久々で、期待で勃起しっぱなしでした。
逸る気持ちを抑えられずに、1:15頃に待ち合わせ場所の公園に到着してしまいました。

時間潰しに公園内を散策する、平日のこの時間なら誰もいない。
1:40頃だろうか?
遊歩道を歩いていると遠くに遊具が見えるのだが、いつの間にか遊具の側に誰かがいる、その小さなシルエットには見覚えが有り過ぎる。
駆け寄って抱き締めてキスをした。

レイナの手を引いて、公園の奥の雑木林へ向かった。
行き止まりのフェンスに辿り着いた瞬間に、レイナをフェンスに押し付けた。
スカートの中に手を入れると既に十分に濡れていた。

「………早く犯して下さい」
素早くレイナを裸にすると、レイナの片足を持ち上げて前から挿入。

「あぁ~~~っ!!」
一気に根元まで突き挿すとレイナが叫び声を上げた。
膝を曲げて腰を落として突いてあげた。
俺の肩に捕まりながら、髪を振り乱してレイナが悶える。
あえぎ声と、性器の擦れ合う湿ったいやらしい音が響き渡る。

体勢を変え、立ちバックに。
「後ろから捕まえてっ!」と言われたので、羽交い締めにして激しく突いてあげた。
髪の毛の良い匂いを楽しみながら、激しく責め立てた。

羽交い締めを解いて、フェンスに掴まらせた。
白くて柔らかい尻を掴みながら、ゆっくり深々と貫いた。
突く速度を上げると、それに合わせてレイナの声が大きくなる。
「アンッ!アンッ!」
(精子出そう…)

俺は、いとも呆気なく射精してしまった。
溜まりに溜まった精液は一向に止まらない。
小さな背中に大量の精液をぶちまけてしまった。

レイナがゆっくりと崩れ落ちた。
かなり息が荒い、フェンスを掴みながら地面にへたり込んでしまった。
月明かりに照らされた精液まみれの白い背中が妖艶だった。

持参したポケットティッシュで背中を拭いてあげながら、俺の家に行く?と聞いた。
「行ってもいいの?」と聞き返された。
服を着て手を繋いで公園を後にした。

家に着いて一緒に風呂に入って体を洗い合った。
咥えさせていたら堪らなくなって、立ちバックでセックスをした。
暑くなったので中断して風呂を出た。

少し酒を飲みながら話をした。
離れてからも、俺を思い出すと会いたくて仕方がなかったと言っていた。
これは嬉しかった、俺もそうだったから。
今まで出会った誰よりも、俺は優しかったと言ってくれた。

気持ちを吐き出した後のセックスは激しかった。
「まんこ壊れちゃうっ!」
繋がった股間を凝視しながら、更に激しく動いた。
「死んじゃうっ!死んじゃうっ!」
(死ねっ!死ねっ!)

レイナは挿入中に乳首を攻められるのが大好きなので、乳首を弄くったり舐め回しながら突いてあげた。
快感に歪んだ顔を見ていると、俺の気持ちも更に燃え立つ。
膣内で俺の怒張した肉棒が暴れ狂う。
「イッちゃうっ!イッちゃうっ!」
(逝けェっ!)
俺は再び絶頂へ、今度は腹の上に射精した。

穏やかな時間が訪れた、レイナを抱き締めながら、いつの間にか眠りに落ちていた。

夜が明けて、まだ眠っているレイナに挿入した。
レイナはすぐに目覚めた。
中出しされたいと言われた。
妊娠しちゃうよと答えた。
「妊娠させていいよ」と言われた。
抱き合ったまま、レイナの中で果てた。

繋がったまま語り合った。
「幸せ…」とレイナが呟いた。
急激に愛しさが込み上げてきた。
そのままもう一度、立て続けにレイナを抱いた。

もっと書きたい事もあったのですが、長くなってしまいました。

コメントを残す