17,000話以上掲載!!毎日更新!!

歳の差調教1

[AD]

[AD]

よしきさんから投稿頂いた「歳の差調教1」。

調教され好きな女の子の話。

ラン○ーズってありますよね?
仕事頼みサイト。
そこで僕は、いつも自社のpc系作業を頼んでいました。

今回のクリエイターは若い女子イラストレーターだったけど、絵がファンタジーで、思うチラシにピッタリなので頼むことにした。

その相手イラストレーターが今回出てくるまりもちゃんだった。

なんかの拍子に、イラストレーターと身の上の話になった。

俺よしき45
まりも19
26歳差

俺「イラストレーターさん、この仕事って収入いいの?」

まりも「ぜんぜんです笑」

俺「そうなんだ、、」

まりも「だからもっとたくさん仕事くださいな笑」

俺「仕事?うーん?、、普段ならたくさんあるんだけど、でもそんなに仕事今多くないしなぁ、、」

あ!

俺「じゃさ?まりもちゃんだったっけ?君が俺と遊んでくれたらお小遣いあげるっていう仕事はどう?、、」

まりも「えー?遊ぶってなんの遊びですか?」

俺「ごはん一緒してくれるとか、映画一緒とかかな??」
俺「なんせ1人もんだからさみしくてさー」

まりも「ホントですか?いくらくらいもらえますかね?」

俺「イラスト2枚分でどう?」

まりも「行きます!」

この場合はラン○ーズ運営に言うべきことではないんだろうな笑。。

幸いまりもちゃんは隣の県らしく、ドライブがてら会う事になった。

約束の日。

細身でスタイルの良いまりもちゃんが待合場所にいた。
思いの外綺麗というか可愛らしい人だった。
浜辺美波に似た丹精な顔の子だった。

以外にビジュアルいいな。。

少し俺は気後れしてしまった。

俺「じ、じゃまずドライブしよっか!」

なんか俺焦ってる笑
すぐに約束の野口さんを数枚渡しマウントを取る努力。

まりも「ありがとう!」

俺は山間部に車を走らせた。

俺「まりもちゃん、浜辺美波に似てるよね?」

まりも「よく言われます。わたし、自分の顔嫌いなんです。サイボーグみたいだなって思って、、」

俺「へーっ」

色んな悩みがあるんだと思った。

俺たちは景色のいいところに車を停めた。

俺「俺カメラに凝ってるんだ。
まりもちゃんビジュアルいいから、写真のモデルもやってくんない?
もちろん少しモデル代払うよ?」

まりも「もちろんです、やりますよ」

また数枚の野口さんを渡して、俺はまりもを撮り始めた。

単焦点カメラで何枚かポートレートっぽくとったところで、少し写真家魂に火がついてきた。

俺「せっかくだから、少しエキサイトな写真とろうよ?」

まりも「エキサイトってどんなポーズすれば良いの?」

俺「じゃ、そこの切り株に腰掛けて、脚を左右に拡げて、スカートの前を押さえてパンティが見えないようにこちらに向いて微笑んで」

まりも「えー?恥ずかしい、、」

膝丈上のスカートだったまりもは、モジモジしていて少し抵抗あるようだったが、結局頑張ってやってくれた。

俺「良いよまりもちゃん、スタイルいいし、何より笑顔がいいよ!もう少し脚を左右に思いっきりエッチに開けよっか?」

まりも「えへ、こうですか?」
まりも「こんなんどうですか?」

どうやらまりもは写真を撮られるのが好きなようだ。

この顔とスタイルなら、撮影しょっちゅういわれなれてんだろうな、、

そんな俺の思いは全く気にせず、まりもは大股を開いて股間を押さえ、こちらににっこり微笑んでくれていた。

モデルさん並みやな、、

俺「いいねいいね!今度はスカートのホック外してファスナー下げよう。んでティシャツをたくし上げてお腹出しちゃって!」

まりも「スカートをですか??」

しばらくまりもちゃんはどうしようか悩んでいたみたいだったが、結局俺に言われるままに、ファスナーを下ろしてティシャツをたくし上げ、細っそいウエストを露出させた。

薄いピンク色のパンティも、ファスナーを下げたら同時に見えた。

俺「すごくいい。もっとティーシャツも上まで上げちゃってよ!」

まりも「そですかー^_^?、、ティーシャツですね?わかりました^ ^」

まりもがティシャツをもっと上げたら、今度はかわいいフリル付きのブラの下半分が見えた。

俺「じゃさ、も少しお礼するからもっとエキサイトな写真とろか?」

俺はもう数枚の野口さんを手渡した。

俺「あっち向いたまま、俺の車のボンネットにもたれかかって深く前屈み」

俺「スカートを膝くらいまで下げて、パンティを少し下げてお尻の割れ目をこちらに突き出してくれる?」

まりも「そこまでやるんですか、、?
わかりました(*´∀`*)」

まりもちゃんは頼まれたら断れない性格なのかな?
言われるままにお尻をこちらに突き出す。

俺「脚は肩幅より広げてね。
んで、両手でお尻の割れ目を広げて強調して、こっちに挑発的な目を欲しい。」

まりも「挑発的な目ですか??」

恥ずかしさ満面の顔だが、その中でもどうやら楽しいみたいだ。
まりもはほとんど全て抵抗なくやってくれた。

程度の良い桃みたいなお尻がこんにちはして可愛かった。

俺「良い良い!でも、少しアングル弱いから、もう少しパンティ下げさせてもらうね?」

俺はピンクのパンティをお尻の下の方まで一気に下げた。

まりも「あっ!Σ(-᷅_-᷄๑)」

俺「まずい?」

まりも「いえ!大丈夫です」

ここらへんからもう俺は、クリエイター魂に火がつきっぱなしでとまらなかった。

今から考えるとすごい事になってたなぁ、、

俺「じゃもっとまりもの両手でおしりの割れ目広げてみてくれん?」

まりもはキョドりながら言われた通りした。

案の定、まりものピンクの割れ目がアナルと一緒にチラッ。

俺「もっとお尻の穴近くから、両手でお尻を広げてよ」

まりもは言われる通り、お尻の穴近くからおしりを左右に拡げた。

見事にピンクのおまんこの中身が天気の良いお外で丸見えだ。
おしっこの穴までみえている。

ご開帳!

まりも「誰かきませんかね?(//∇//)」

蒸気した赤いほっぺで俺に問いかけできた。

俺「来ないんじゃないかな、知らんけど笑」

まりも「うっそ、誰かきたらこまるぅー」

なぜか嬉しそう。
想像するに見られるのが好きっぽい。

俺「てかまりもちゃん、お股からお汁が垂れてるよ。こんなシチュエーションすきなの?いやーすごくセクシーだなぁ」

まりも「いやん、言わないで恥ずかしい!」

まんざらでもない受け答え。

俺「今度はまたさっきの切り株に腰掛けて、こっち向きでエムジになって。」

パンティは膝上まで下げてるから、俺からはおまんこ丸見えエムジになった。

俺「おまんこの割れ目を広げてクパァして」

まりも「はず、恥ずかしい\(//∇//)\)

クパァしたまんこがピンク色にエロく光っている。

俺「じゃそのままそこでおしっこしてくれる?」

まりも「おしっこ!おしっこですか??
えー、で、でるかなぁ、、」

とはいえまりもは、ノリノリやる気満々っぽかった。

まりもはしばらく踏ん張っていた。

ジョロジョロ

黄色い液体が出始めた。

まりも「あ、そういえば紙がない汗」

俺「良いよ、俺が手で拭いてあげる」

まりも「ダメですよ、手が汚れます!」

俺「別にかまわんよー、後で手洗うし。」

俺「突然俺がお願いして協力してもらってるし、流石にまりもちゃんの自分の手で拭けよとか言うわけにいかないでしょ笑?、、」

まりもの股を、俺の掌で拭こうとしたのだが、おしっこ以外の粘着ある透明液体の多すぎが判明した笑。

俺「まりもちゃん!色々液体出し過ぎ笑、両手の掌でも拭き切れないやん、これ、、大笑」

まりも「ご、ごめんなさい、わたしこういう写真はじめてで、興奮してしまったのかも、、どーしよ、、このままパンツはくのやだし、、」

まりもはお尻をくねくねさせて悩んでいる。

うーん、、

俺「しょうがない、ノーパンで帰りますか、、」

まりも「ノーパンなんて、小学校ぶりです笑」

まりもは目を丸くした。

まりも「でも車のシート汚しちゃいますよ、、」

俺「いいよいいよ。帰ったら車掃除しようとおもってたし。」

まりも「すみません、、汚くしてしまって、、」

俺「ぜんぜん!それよりこちらこそありがとう、撮影協力してくれて。」

まりも「はい!」

俺「んーじゃそろそろ帰ろっか」

まりも「はいぃ」

車のなかでは、ミニスカにノーパンのまりもちゃんのお股がチラチラ視界に入り、妙な気分だった。

そういえばさっきは俺、撮影に我を忘れてたけど、この可愛らしい子がおまんこクパァして、おしっこしてたよね、、?

我ながらすごい事させてしまった

別れる時

俺「今日ありがとう、楽しかったよ。またイラストの方もお願いします。」

まりも「あのー、、もしよければ、またこういうの誘ってくださいませんか?」

俺「えっ?いいけど、お金まだ必要?」

まりも「はい!楽しいしお金いっぱいもらえるから、、
ダメですか?」

まりも「やっぱご迷惑でしょうか?」

俺「ぜんぜん!俺もホント楽しかったよ。じゃまた次も楽しいことしましょう♪」

まりも「わたしこういうの初めてなんです。
がんばります」

俺たちはまた会う日の約束をして別れた。

俺「まりもちゃん、あのまま地下鉄乗ったけど、痴漢にあったら最後やな笑」

そんなバカなことを考えながら車に戻ったら、強烈な甘酸っぱい女の子の体臭と、おしっこの匂いで充満していた。

うわっ!こんなすごい匂いやったのか、、

シートは黒の皮だったから、少し助手席がしっとり濡れていた。

俺「これ、しばらく匂い消えんわなぁ笑」

2へ

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次