エッチ体験談 15,000話 突破!!

コ○ナ禍の街コンJD(21歳)を連れ出し、思いっきり中田氏!

サグラダさんから投稿頂いた「コ○ナ禍の街コンJD(21歳)を連れ出し、思いっきり中田氏!」。

基本的に街コンと出会う子は、中田氏をキメる相手探しだと思っている。
都内でもコ○ナウイルスが毎日数千人の感染者数を挙げる今でも、イベントによっては、毎週土日に定期開催を開いていた。
その春の訪れを感じる某日、女余り男不足の回に参加し、精子をぶち込んでも良い相手探しを始めた。

そして4回目の席替えで出会った女子大生(21歳)に股間のセンサーが発動した。
少し明るめの茶髪で、眉毛まで綺麗に染めた華やかな雰囲気を纏う女の子。
プロフィールカードに書かれた名前はユイちゃん。
顔は可愛い系の美人で俺の股間センサーが半端なく反応した。
続けて15~20分のトークタイムで個人情報を掘り下げ、大学やバイト先で出会いが無いため勇気を出して単身でイベント参加した事、実家住みで埼玉から遠出して来た事を確認した。
他の女参加者は顔のレベルがいまいち微妙で、完全にユイちゃんにターゲットを絞り、イベント終了後に「もう少しカフェでお話しよう」と下心ない笑顔全開でお誘いした。
これで物件はほとんど連れ出せる。
今回も例にもれず俺に付いて来てくれて、行こうと思ったス○バが混んでて座れないね、仕方ないからネカフェにしようかと完全個室に詰め込んだ。
最初の30分は今までの恋愛経験について語りあって場を温める。
実は彼氏がいるのだが奥手で進展がなく、これからの関係に不安があって参加したと打ち明けられた。
処女ではないがセックス自体も数回しか経験がないらしい。
勿論だがコンドームなしの遊びも未経験。
それなら他で良い男を作り比較すべきだと説得し、その対象は紳士な俺が適任であるとじっくり説得する。
初めは彼氏以外の男と肉体関係を持つのに抵抗を見せたが、至近距離での見つめ合い→数十秒のキスで完全にグダを崩せた。
一旦顔を遠ざけ、トップスを捲り上げながら水色のブラジャーを上にずらした。
そのまま慎ましいCカップ?程度の胸にしゃぶりつく。
乳輪5cmな大き目でピンク色の乳首がエロ過ぎる。
口の中で乳首を転がすだけで完全に勃起が最高潮になった。
我慢が効かずユイのスカートに手をかける。
中指をパンツ内に突っ込むと膣内は既にじっとりしており、すっかり侵入できる状態だった。
普段なら手万するところだがどう考えても不要、というか我慢が効かなかったため、ユイのパンツをずり下げて生チ○コをぬるりと挿入。
興奮がすごかったが正常位でパコパコ腰を動かし続け、一秒でも長くこの快感を味わおうとする。
ユイは真っ赤になった顔を両手で隠して小声で喘いでいた。
そして情けないことに3分で絶頂を迎え、思いっきり中に精子を注ぎ込んだ。
腰を打ち付ける度に金玉が空になっていく快感を堪能する。
ただ流石にあからさまな中田氏アピールは面倒なのでチ○コを抜き出し、微妙に残った精子をベージュのスカートにぶっかけて「避妊しましたよ」アピールをする。
肝心のユイからの追及は無かったが何となく察している雰囲気はあったので、持っていたウェットシートでマ○コ周りを綺麗にして誤魔化した。
正直一回の射精で全て出し切っていたので、生チ○コを仰向けになったユイの口内に突っ込んでお掃除フェラに移行。
ぶっちゃけ舐めるテクニックは下手だったがそれでも段々と息子に血流がみなぎってきた。
せっかくなので改めて勃起したチ○コを膣内に挿入、溜まっている精子を奥の奥まで詰め込み直す。
二度目の射精には至らなかったが女子大生に中田氏た時点で一人の男として十分満足できた。
ちなみにブラジャーとお揃いの水色ショーツはノリで頂戴した。
そのまま18時までお互い寝っ転がってお触りしながらいちゃつき、ノーパンだから帰りは気を付けてねとネカフェを出て解散した。
ユイとは連絡先を交換しなかったので後腐れもなくスッキリと今回の小話は終了。

2 COMMENTS

サグラダ

普通に開催してるんで行ってみて下さい
そこそこ女は抱けます

返信する

コメントを残す