17,000話以上掲載!!毎日更新!!

年上美人妻の性欲についていけなくなりそうです

[AD]

[AD]

年下夫さんから投稿頂いた「年上美人妻の性欲についていけなくなりそうです」。

私37歳、妻42歳、結婚12年です。
出会ったのは私23歳で妻28歳の時、妻は矢田亜希子さんに似た美形で、同い年くらいかと思って軽々しく口説いたら5歳も年上で驚きました。
「し、失礼しました・・・」

てっきり恋多き女性だと思って、謝りましたが、
「本気ならお付き合いしますけど、遊びなら嫌です。」
とはっきり言われましたが、私の素直な想いを受け入れてくれました。

妻は、短大を出てすぐに父親が病気になり、父親が亡くなると看病していた母親も倒れて、私と出会う1年前に母親を亡くしていました。
20代を親の面倒を看て過ごしたから、恋愛ができなかったと言われました。
気の毒だなと思いつつも、ホテルに誘った時になぜそんな話題?と思いました。
妻は、キスが下手で、舌をこじ入れたら驚かれました。
バスタオルを外すのを躊躇い、愛撫に恥じらい、クンニをかなり拒まれました。
やっと開いてくれた股間には、まるで生娘みたいに綺麗な陰唇がほとんど存在しない淫裂がありました。
妻は、28歳で処女でした。

初体験とは知らず、処女に対しては強引なセックスをしてしまったのでトラウマとなったのかもしれません。
何度セックスしても恥ずかしがり、半ば義務的に私の相手をしているようでした。
それは結婚後も変わることがありませんでしたが、32歳で娘を産んでから、少しずつ変わってきました。
出産後はしばらく子育てを理由に拒まれましたが、授乳期間が終わった頃、久々に応じてくれた妻の感度が変わっていました。
まず、恥ずかしがらずに足を開き、クンニを素直に受け入れたのです。
クンニも挿入もいわゆるマグロだったのに、クンニでクリを舐められて、声を出しました。

その後、陰茎の挿入で感じるようになり、喘ぐようになりました。
クリがとても敏感になったので、ローターを買ってきたらちょっと引かれましたが、
「夫婦なんだから、性行為は遠慮しなくていいでしょ?色々と工夫しないとマンネリになっちゃうよ。」
と説き伏せて、妻のクリをクンニで吸ってしゃぶってコリコリに硬くした後、ローターで徹底的に苛めました。
クリで逝くようになったので、クリキャップも導入して苛め続けたら、いつしか妻のクリは小豆くらいにまで育ちました。
皮はもう剥けきっていて、勃起するとコリコリというより、ブリンブリンと揺れる感じです。

妻は、アラフォーと言われる年代になったここ数年、陰茎の挿入でも逝くようになりました。
それは、クンニで一度クリ逝きして敏感になっている育ったクリに、陰茎の根元が当たって再びクリ逝きすることから始まったのですが、今は明らかに中逝きしています。
あんなにお淑やかな女性だったのに、今はズボンの上から私の陰茎を弄ってきます。
矢田亜希子さんに似た美形の妻にそんな事されたら、当然勃起してしまいますから、セックスになります。

妻は、激しく突いて欲しいのか、自分から腰を動かしてくるようになりました。
そして、昔は決してしなかった騎乗位も自分から進んでするようになりました。
とても恥ずかしそうなんですが、感じてくると止められないようで、クイクイクイクイ腰を動かします。
ここに当ててと必死でお願いされているような気がします。
セックスの最中は、妻は夢中で快楽を貪るのです。
妻の変化に私はタジタジしてましたが、最近では妻がそんなに感じるのならと、私のペースで腰を振るのではなく、妻が腰を動かし始めたら妻の腰の動きにシンクロさせるようにしています。
昼間は清楚な淑女が、アンアンと感じ始め、アヘアヘした表情で蕩けて、ヒイヒイとヨガリ狂って逝き乱れます。

もう、ローターなど使わなくなって久しいです。
あんなもの要りません。
28歳まで処女だった妻は、やっと清楚を脱ぎ捨てたようです。
女の悦びを知った妻は、アラフォーになって開花しました。
現在、セックスは基本的に毎日あります。
休日は朝晩の2回あります。
42歳の妻に、ズボンの上から陰茎を弄られて、勃起させられるのが普通になっています。
37歳の私は、遅咲きの美人妻を楽しんでいます。
しかし、毎日でもいいのですが、休日の1日2回は少しきつく感じ始めているのです。
次第に、妻の性欲についていけなくなるのではないかと心配し始めています。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次