エッチ体験談 15,000話 突破!!

安産体型の妻とのセックスの記録

ミッツマンさんから投稿頂いた「安産体型の妻とのセックスの記録」。

10歳年上の妻とはオレが25歳の終わり頃に出会い、当時は会社と取引がある某銀行の窓口のお姉さんだった。

銀行に行くうちに、あの都会の雑踏の中で多くの顧客とやり取りする中でオレの顔と名前も覚えてくれてそのうちに「〇〇君、お待たせ~」などとタメ口で懇意に声かけをしてくれるようにまでなり、ある日何気なく聞いてみたらオレの年齢まで一発で当てた勘の良さ。

その頃は偶然にも近所のスーパーでしばしば顔を合わせることがあり、ハキハキとした開けっ広げな性格の非常に大柄で男を虜にするような安産型スタイルの彼女が独身と知って奥手なオレながらちょっとスケベ心が働き、勇気を持って居酒屋に誘った事に始まった。

アラフォーに近づいてる彼女は「こんな年増のオバサンなんかでいいの?〇〇君はまだ若いんだからまだまだ他に出会いはあるでしょ!?」とへりくだって尻込みをしていたが、オレも「年増だから何だってさ?そんなの関係無いよ!〇〇さん(旧姓の呼称)の笑顔と機敏さは若い女の子にはできない年を重ねた磨きがかかっている徳ってものさ!だから〇〇さんと腹を割って話してみたいんだよ。お願いします!」みたいな感じで激励するように願い出るとちょっと赤面しながらオーケーしてくれた。

だいぶ年上の中年、いや壮年と言ってあげるべきかそんな妙齢の女性のはにかむ姿も可愛かった。

オレも彼女もさほど酒豪では無いけど、この日はけっこう酒も進んでざっくばらんに自己紹介や身の上話も弾み、下ネタまで切り出すと彼女は非常に反応も良かったのでオレもかなりえげつない語り種で放送禁止用語を連発すると彼女もその度にノリノリで下品に大爆笑してたが、それでも多少のガードはあった。

ここは直ぐホテルなどと早まらず、機会を待つことにして地道に電話で話したりお互い行き来するようになって、しばしばデートにも誘い、そのデートはオレが率先して企画し、彼女を楽しませて親交を深め、先ずは恋愛感情はともかくの女友達のレベルまでに進んできた感じだ。

日頃はちょっと強気な彼女だが、やはり三十代も半ばを越え「ババア」とか「お局様」などと周りから囁かれる事を実際気にしていた事をある日オレの部屋で鼻を鳴らして密かに年下のオレに告白してきた彼女のその仕草に独身熟女の愛くるしさを感じた。

そういう悩みを甘えた口調でオレに伝え、それまではデートする度に自分の胸や尻やムッチリした太股などをチラチラ見てはデレデレしているただの下心満々な若僧と内心見下していたことを素直に詫びてきた。

そんな忍耐力ある人物観察が出来る女性もざらにいないとオレが伝えると最初はちょっと強がるように「また上手いこと言って~…。」とスルーしたが、その日の別れ際に彼女はちょっと動揺するように表情が緩んでいた。

行き遅れのコンプレックスを持つ彼女を、なんだかんだ慕ってくれてるオレがぶぎっちょで甘えてばかりのつもりが、彼女には知らず知らずのうちに癒しや励ましになっていたと歓迎されて舞台は夜のとある公園、その年の夏だった。

すっかり心を開いた彼女と手を繋いて歩きながら…

オレ「大好き!」

彼女「あたしも!愛してるよ~!」

などとありふれたクサい台詞だったけど、体を寄せ会ううちにいつの間にか抱き合っており、彼女にキスを求めると嬉しいことに無言で受け入れてくれて、唇を離すとちょっと糸をひいたそのキスもまだまだ青春の甘酸っぱさもあった。

短期間で恋仲になったが、ある晩に彼女のマンションに行って夕食をご馳走になって、借りてきたレンタルビデオの映画を一緒に観た後オレがおいとましようとすると、お風呂に入って行きなさいと言われ、一緒に入りたいと願うと「いいわよ!」とあっさりオーケーしてくれた。

その時の彼女との遣り取りは「何かね、〇〇〇(オレ)といるとそわそわしてるのがわかるの!気づかないだろうけど貧乏揺すりしてることもあるわ。ずっと目線も気になってたけど、わたしの裸を見たくてたまんないんでしょ?ハッキリ言いなさいよ!怒らないから…。」とちょっと痛い尋問に対して「うん!〇〇〇(今度は下の名前)って凄くスタイル良くてムラムラしてたよ!でも今日は恋人ってことで…。」と弁解交じりに答えると「一言多いよ!でも素直でよろしい!〇〇〇がそこまでわたしに気あるなら、ありのままの姿をさらし合うのもと良いかなと思ったの…。」と赤裸々に告げたので完全に性のガードまで打ち解けていると思った。

先に入ってなさいと言われてワクワクしながら湯槽に浸かってると間も無く「お待たせ~!」の声と共に待ちに待った全裸の彼女のお出ましだ。

彼女の身体について話すと、トライアスロンをやっていてガタイは良く、ちょっと筋肉質だが、健康美あふれる全体像は肌の張りもツヤもあって30代後半にして実年齢よりは若く見え、その若々しさと円熟味が上手く融合している脂の乗った女体だ。

ちなみに長身な彼女は177センチでオレとも身長差はあまりなく、ヒールを履けば182センチのオレとほぼ同じくらいになり、足のサイズも25センチ、スリーサイズはバスト93.3センチ(アンダーは71.1センチ)、ウエスト65.7センチ、ヒップ97.3センチと日本人離れした抜群のプロポーションだ。

マシュマロのような丸みと適宜な重みのある乳房にバランスの良い組み合わせの中くらいの大きさの乳首と乳輪がトッピングされたようなFカップの美巨乳はオッパイ星人のオレにはたまらない。

先に書いたように安産型体型でムチムチした太腿と二の腕をしてるが全く肥満ではなく、グラドル級に括れたウエストラインに肉厚的でボリュームある垂れていないお尻。

秘部には全く未処理の漆黒で粗い陰毛がアーチを描くようにビッチリと密生して毛羽立っており、まるで白黒写真なんかで見た昔の遊女風に卑猥な生え方だが、彼女の現代的なプロポーションとその濃密なアンダーヘアのコントラストに剛毛マンコ好みのオレは魅了された。

もう一つ特筆できるのが彼女の『美出べそ』
で、ガサツに突出したものじゃなくダイヤをかなり細くして縦に切れた小さな割れ目みたいな形だ。

彼女「アハハッ!これがわたしのヘアヌードよ…。どう?」

彼女は堂々と裸体を見せつけた。

オレ「エロいよ!実った果実みたいですげーイケる!食べちゃいたい!」

彼女「ねえねえ、〇〇〇のチンポも見せてよ!」

そう言われてオレはザバッと湯槽から立つと…

彼女「( ̄□ ̄;)!!えー!意外!」

オレ「え!?何が意外なの?」

彼女「いやその…、エヘヘ…、こんなに毛深くてデカチンだなんて思わなかったの~!今までで一番たくましいチンポだなぁ…。」

オレ「〇〇〇だって豪華なオッパイぶら下げてるじゃんよ~!もうたまらないよ!バーストしそうなバストだ!」

彼女「アハハハ!寒い駄洒落ぇ~!でもね、ちょっと肩凝ることあるのよ~!」

オレ「すげーボーボー生えててうらやましいな!これならオレもボーボー燃えちゃうぞ!」

彼女「や~ん…。そんなこと初めて言われたぁ~…。こんな毛虫みたいに濃いんだよ~!燃えすぎて火事にしないでね!」

オレ「うわー!それも寒いから燃やして暖めてやろうかぁ!?オレはね、こういう野性的な生え方が最高さ!」

彼女「マジでぇ!?ちゃんと火の後始末はしてね!」

などとオヤジギャグ交じりでお互いの体を褒め称え合って洗いっこをした。

「〇〇〇のチンポって根っからイキイキしてるよね~…。最高!」と彼女にはそのおっ立った長大チンポを真心込めて洗ってもらい、「わぁ~…。〇〇〇の奇跡のオッパイ!マシュマロみたいに柔らかいなぁ~。」、「タワシみたいなマン毛がエロいね~。掘り出し物だよ~!」などとお返しにその豊乳とエロくて毛むくじゃらのマンコを洗って彼女もキャッキャとなまめかしい声を上げていた。

風呂から上がりそのまま彼女といよいよゴールインする事にして、その時の遣り取りは…

オレ「もう、いいよね?」

さすがに読めてる彼女も「うん!見たし、触って安心したからチンポの味見したいな。わたしも実は溜まってるんだ…。アハッ…。」とその悩ましげな裸体を拭きながら男根を恋しがる。

オレの初体験は大学時代、交際していた同級生の彼女とお互い19歳の時に処女と童貞を交換して以後度々ヤったけど、卒業時に別れたので3年以上ご無沙汰していた。

一方聞いた話だと彼女の初体験はオレよりは早くて、高校時代の部活帰りにナンパしてきたガテン系のゴツいお兄さんとだったらしく、感想はかなり痛かったようで、その次には短大時代に知り合った2つ年上の男性公務員の童貞を奪って彼女が30歳まで交際を続けたが、婚約しようとしたところ彼の浮気が発覚し破綻してしまったみたいで、合計二人の男性経験があるようだが、それ以降は全くフリーとなっている。

また、後者はセックスが下手な矮小で残念なチンポだったと感想を述べていた。

これでお互いの欲求不満は一致し、明らかに彼女の方が経験は豊富でもブランクは長いだけにオレも気合いを入れて彼女を優しく包もうとした。

彼女との初回で生まれて初めて年上の、それも10歳とかなり年上の女と体を交えることになりワクワクするオレに「ねえ、どんなカッコでしたい?」と体位のリクエストまでしてきて、「〇〇〇のオッパイが揺れるの見たいからオレに乗っかって欲しいよ。」と願うと「ガッテン!わたしもあれ一番燃えちゃうのー!焼け死ぬほど激しく乱れてあげるからー!」と合意してくれた。

彼女のベッドの上で熱い口付けをして、騎乗する彼女の性感帯であるオッパイから脇と腰、元気印のセクシーな美出べその周りを優しくゆっくり愛撫してあげた。

彼女もオレにパイズリをしてくれて、顔やチンポを挟むように擦り付けられる極上の触感のオッパイは母性がムンムン。

愛撫と一緒に陰毛の上から手マンで彼女のクリを撫でると彼女の呼吸も乱れるように激しくなり、彼女のお股もじわじわと湿っていく。

とろみのある女のエキスがどんどん涌き出てシーツもベチャベチャになり、もう挿入しても良い頃合いになり、「どうだ?もうとっくに洪水警報報出てるぞ~!」と俺はまたギャグを入れて聞くと彼女も「はーい!お待たせ~…。避難しないでチンポ入れなさい。」とこれもギャグ交じりのゴーサインをくれて反り立つオレの男根を吸い込むように挿入してくれて、内部で子宮にしっかりとヒットするセッティングも申し分ない入れ加減。

「行くわよ!」と先陣を切り彼女は上下に急ピッチで動きはじめ、激しくバウンドしてオレの望み通りに豪快にもて余すようなオッパイを揺らすシーンを公開した。

オレ「オーッ!おっきなオッパイが踊ってるぜー!」

彼女「やだ~!スケベ~!」

アーアーと吠えまくって予想外に野獣みたいな激しいセックスで彼女も遠慮は要らないよと言ってきたので「じゃあオレもー。肉弾ミサイル発射ぁー!」と脚力に任せて上に突き上げた。

しかしどうも脚の力だけではブレてしまってスムーズに行かず腰全体に適度な揚力をつけてみるとだんだん息が合ってきた。

彼女「ア~!ミサイルの先っちょがツンツン当たってるぅ~!いいわいいわ~!もっと突いてよ~!」

ハウ-!ハウー!と悶える声を上げながらオレの上で激しく乱れて、「アー…。〇〇〇のチンポ、ぶっとくてこんな凄いの初めてだわ~♪ホントにミサイルだねぇ~!」と絶叫しながらチンポを締め付けてその名器ぶりを見せた。

ギュッギュッと絞って吸うような彼女のさしずめ蛸壺みたいなマンコは正にトライアスロンで鍛えた賜物だな。

同時にオレと彼女の剛毛な陰毛同士がサンドペーパーみたいにザリザリと激しく密接し合ってそれぞれの性器は凄く加熱している。

オレ「ジャングル同士の擦り合いどーだ?」

彼女「もちろん最高~!アーッ!」

オレも彼女の上体を引き寄せて再びオッパイにむしゃぶりつくとアーアーとヨダレを垂らしてヨガリ声を上げて踊るように全身で悶えた。

彼女「新鮮な大きいチンポ欲しかった。ああ、良いなぁ…若いチンポ…。」

チンポチンポと卑語を連呼しながら余すことなくエロさ全開の彼女をオレもお返しにマンコマンコと連呼してガムシャラに突いてたが、明らかに彼女の方がセックスは強くてオレの方がこの初回には「マ…、マンコ…。ああーっ!締まるマンコぉ~!ウッ…。」などと吠えながら先にイってしまった。

続いてオーラルでお手並み拝見のシックスナインでは彼女はオレの超弩級チンポをパックリと口に含んでブラックホールのように豪快にフェラをして快くオレのチンポ汁を飲み込み、一方オレはお返しに彼女のホッキ貝のようなちょっと紫がかった赤みのあるマンコをバキュームを交えるようにクンニしてあげると彼女も海の幸ような生臭い匂いをマンコから発して満足していた。

オレ「〇〇〇のマンコってシーフードみたいで美味しい~!」

彼女「〇〇〇のチンポ、イカの風味だ~…。」

次にバックの体位を試し、彼女のデカケツがパシパシあたる触感と乳揉みは良かったものの、肝腎の挿入の組み合わせはイマイチでそれ以降は彼女とは対面位でする事にした。

「名器を持つ女はバックがベスト」みたいな云われはあるけど、彼女は正面からが好挿入になる。

彼女の年を感じさせないエネルギッシュなセックスのテンポは予想外なくらいハイペースで非常にテンションが高く、乱れ打ちと言うかマシンガンみたいなセックスが得意なオレとは10歳の年齢差はあれど下半身の相性はとてもマッチしてる。

あくまでも彼女は優しさよりは激しいのが好きなタイプなのでアグレッシブなセックスを心置き無く展開できるからだ。

こうして彼女の性欲に火を点けたところ、時が経つにつれてセックスも加速してその度に激しさを増し、オレが彼女のGスポを発見した頃の翌年春から同棲を始めたが、婚約するかしないかの初夏にちょっとエフェクトを加えたオレ考案の「はっけよいセックス」をしてみた。

というのは彼女の小さい頃の写真を見せてもらったら、小学生の時に男の子をいじめて泣かすほどお転婆だった彼女が地元のちびっこ相撲大会に出場してジャージの短パンの上にまわしをつけて上半身は裸で映ってるのがあって、それをヒントにしたもので、全裸で挿入したまま、愛撫したりしながら寄り切りで押し合いするものだ。

もちろんお遊びセックスで、ルールは倒したり部屋の壁に相手を押し付けたりそして先にイカせた方の勝ちなプレイで、これはスポーツウーマンの彼女の方が断然有利だ。

対面立ちんぼのフォームで挿入してから始めるが、「はっけよい、のこった!」の掛け声とともに上背のある彼女のオッパイアタックのようなかぶりよりでもうほぼ先手必勝な勢いで押しまくる。

力任せに押し合い、彼女も自慢の名器で締め付けながらゴムも裂けんばかりの勢いで取っ組み合いをするスポーティーなセックスで汗と精液の混ざった匂いはお互いを発奮させた。

力強い彼女と10回取り組みをして情けないかもだけど、腕力を手加減したオレは3勝で彼女の圧勝だが、最後の1回は彼女をイカせることは出来たものの、あっちの方ではわざとに負けてくれたのかも知れない。

この時期には、オレはしばしば朝起きるとしばしばいつの間にかノーパンにされていて時には陰毛を三つ編みにされてたこともあって間違いなく彼女のイタズラで、しばしば寝坊しそうになるとチンポを引っ張られたり、マンコを顔に擦り付けたりして起こされたこともあった。

お返しにオレも特に酔っ払って帰宅して爆睡している彼女をもちろんたまにだけど、パンティを脱がせて毛むくじゃらのマンコを丸出しにしたり、マンコに異物を挿入したりして遊んで、大概その勢いで出勤前に一発ヤっちゃうけどね。

そして大人のオモチャや電マや掃除機なんかで彼女のアソコをだいぶ攻めてエクスタシー女体実験していたし、頻繁にオナニーの見せ合いをして、お互いの性欲を掻き立ててから本番に臨むようことも多くなった。

開脚し、クリトリスを剥き出しにして夢中でオナる年上の熟女の仕草を見てチンポをしごくのが日課になり、そうした性生活を嫌がる様子は無く彼女は積極的にネットリとマンコを濡らしていた。

間も無く入籍してその年末に俺27歳、彼女37歳で挙式したが、明らかに子作りのタイムリミットが限界を超えてると心配するオレの再三の忠告をよそに彼女は高齢出産への危機感を持たなかったために直ぐにはそう行かず、オレは何度も産婦人科医や周りの人に相談したものの、いつも最後は「結局本人次第だから」で締め括られて結局埒が明かないまま、彼女を内心ノーテンキと思いながらもオレ自身も下半身の欲望が勝ってしまい、2~3年くらいは貯蓄したりしての生活設計がてらスキモノ同士ということでセックスを楽しむ事にしたが、彼女が直ぐに子作りに踏み込まなかったわけは「焦らずのんびり行こう」、「できなくても良いから無理しない」などだった。

結婚したって事でここから先は妻と記する。

結ばれた翌年夏に、やはりこれもオレの発案で、海外のヌーディストビーチをヒントに海水浴に行って泳いだり日光浴をした後、人目につかない穴場に妻を誘い全裸で遊ぶ事にした。

辺りはも何もなく、並行する道路からも約1キロほどある上にちょうどトンネルがあって死角になる人っ気の全くない場所でゴツゴツした岩場に囲まれているが入り組んだ地形にグランド1つ分くらいのそこそこキレイなビーチがあって絶好のスポット。

海水浴にはオレはわざと妻にモッコリを見せるためにブーメランパンツで、妻はかなり露出度の高い紫色のビキニを纏ってきたが、ムラムラも限界まできていたオレたち夫婦は一気に水着を脱ぎ捨てて真っ裸になり歓声を上げながら浅瀬でバシャバシャと戯れた。

人里離れた自然の中で唇を重ねて抱き合い、未だかつてない解放感溢れるシチュエーションですっかり妻のエロ度胸に惚れ込んだオレは催した際に「オレさぁ、オシッコしたいんだけど、思い切ってここで見せ合いしないか?」と聞いてみた。

妻は顔をくしゃくしゃにして「や~、変態!」と嘲笑するも、「変態なのはお互い様だろうよ~…。な、いいだろ!」と軽く迫ると妻はマンコを自ら擽りながら溜め息をつき妻も「またもう…。〇〇〇もどこまで性欲の塊なのさぁ…?ま、どうせ2人っきりだし、たまには恥ずかしい事してみようか?」と過激な願いをたわいなく受けてくれてその開けっ広げな性格にはオレも至福の喜び。

生まれて初めて女のオシッコが見れるんだと胸を弾ませて「やったー!立ちションできるか?」と更に注文をつけると妻は「その方がいいの?」と念押ししてオレも有頂天になって「うん!女の立ちションってどんなのか見てみたいよ!ここは勇気出してジョーッと一発見せてよー…。」と頼み込むと妻も賛成してくれた!

「発射ー!」とオレは幸先良く放尿をスタートし、つられるように妻も微笑みながら「そーれっ!」と声を上げて毛深いマンコから放尿した。

妻「きゃー!〇〇〇の水鉄砲みたーい!」

オレ「〇〇〇の黄色いオシッコこそすげー飛ぶなぁー!もう、負けそう!」

恥辱心を捨てて年甲斐も無く見せてくれる天性の厭らしい身体をした大人の女の立ちションははしたないほどエロ過ぎて、日頃の膣トレで鍛えてる名器を持つ妻の方が勢いがあって飛距離もあり、放尿しながら余ったオシッコが妻の陰毛を伝って滴るシーンにも目を奪われた。

「わぁ~…、オシッコ見せ合うのってこんなに気持ちいいんだぁ~…。やってみるもんだね~!」とご満悦な妻のセリフとあっけらかんと放尿姿をお披露目してくれたその奔放さにもこれまた惹かれた。

オシッコを出し終えると今度は妻は自身のマンコを指差して「ね、ここお掃除してよ!」と願ってもない荒唐無稽な要求をしてきて「よっしゃあー!」と待ったなしに生臭い密林マンコに食らいついた。

ションベンで汚れた妻の剛毛のマンコを舐めるとしょっぱくて、いつもより匂いも強かった。

この放尿プレイで双方モチベーションは上がって立ち姿勢で無理なく結合し、深く抱き合いながら腰の運動も波長はピッタリと合って進み、これ以降は特にオレが疲れてたり凹んでたりすると妻は裸でオシッコを見せてくれて士気を上げてくれるようになった。

自分より年上の熟女がそうしたあられもない痴態を露呈する放尿プレイなだけに、若い女性よりも遥かに性欲をそそるのだ。

不思議と放尿プレイからのセックスはオレもいつもに増して気合いが入るせいか彼女の方が先にイってしまう事がほとんどだった。

オレが30歳を超え、妻も40歳を超えてからも放尿プレイからのセックスは続いたどころかエスカレートして、ぶっかけ合いどころかある日妻から飲尿を求められて、自宅の風呂場で飲まされた事もあった。

妻にいつものように前戯としての放尿を願うと、「好きだねぇ、そこまで言うなら飲んでみて!」とけっこう強く押してきたのでオレはデーンと風呂場のタイルに寝転んで妻は立ったまま面白そうにオシッコをオレのアーンと開けた口に大量に投下し、「あっはは~!召し上がれぇ~!」なんて高笑いしながらちょっとしたSMプレイにオレは顔中オシッコにまみれながらとくと味わい、決して美味しくはないけど愛する妻のオシッコって事で飲み干した。

妻の出産前にはこの飲尿プレイは2回して、また妻はオシッコとシミの着いたパンティをこれまた睡眠中のオレに被せるおふざけもしばしばしてくれた。

妻とのそんな放尿プレイはにわかに開始した子作りセックスに拍車をかけてついに2000年の夏にオレ31歳、妻41歳の時にようやく元気な赤ちゃんが誕生した。

ちなみに女の子だが、完璧に高齢出産でそれも初産であったものの決して難産とはならず、小さい頃からスポーツで鍛え上げた健康体の妻は安産型スタイルにふさわしい出産をしてくれて、担当医も「驚異の高齢安産」などと絶賛してくれた。

妻の性欲を喚起する恵体に感謝あるのみだと父親となったこの時に思ったよ。

ありがとう!妻のこぼれ落ちるようなオッパイ。

ありがとう!妻の淫臭漂うジャングルみたいな良く締まる名器マンコ。

ありがとう!妻の全身スケベな安産型のナイスボディ。

激烈にえげつなくお互いの身体をエロく形容しあって濃密にくっついてきた甲斐があった。

娘も健康にすくすくと育ち、その後はさすがに妻とのセックスの機会は一気に減ったものの、スタミナ満点な妻とは子育てがてら年数回こうした変態セックスも含めて妻が還暦を迎える頃まで細々と続けた。

オレ・本名ミツルは1969年6月の生まれ。

妻・本名スミコは1959年7月の生まれ。

娘・本名ミヤビは2000年8月生まれで昨年就職した。

現在まだ孫はいないが、初老となった妻もさすがに白髪(染めてはいるけど…)とシワは増えてオッパイも垂れて来たけど、エロさが失せてしまったわけではないので、また機会があったらセックスをお願いしようかと思う。

完。

コメントを残す