17,000話以上掲載!!毎日更新!!

元カノのような素敵な人間を目指して

[AD]

[AD]

佐倉 祐二さんから投稿頂いた「元カノのような素敵な人間を目指して」。

職場で女性の既婚先輩に、
「君は明るくてイイ奴だし、なかなかのイイ男だよね。来年30歳だろ?何で彼女いないのか、不思議だよねえ・・・」
と言われたり、独身の女性同僚に

「祐二君って、モテるはずなのにどうして彼女作らないの?私、彼女になってあげようか?なんて、私じゃダメかあ。あははは!」
なんて言われたりします。

私が明るいのは、前にいた支店で経験した大失恋の後、これからは感情的になったり、人を不愉快にさせたりすることは控えて、飛び切り明るく生きていこうと誓ったからです。
失恋した元カノが、そんな、人を明るく幸せにする女性だったんです。
そこに惹かれたから、別れた元カノのような素敵な人になるのが私の目標でもあるんです。
今の私があるのは、元カノのおかげとも言えます。

元カノ・・・本当に素敵な女性でした。
私だけのものだと思っていた元カノの可愛い唇、とても柔らかな乳房、白くて丸いお尻、血管が透き通るような太股・・・今でも鮮やかに思い出されます。
茂みの奥の深い谷間、広げれば潤んだ花弁、尖った花芯、舐めれば溢れる蜜・・・毎週末、素敵な夜を過ごした元カノとの思い出が今でも忘れられません。
元カノが私の雄蕊を咥え、舌で優しく撫でれば、もう、二人は一つにならずにはいられませんでした。

元カノの雌蕊はとても暖かく、お互いの体温を感じて抱き合い、唾液を交換しながら舌を絡め、腰をくねらせながら結合の悦びに浸りました。
溢れる蜜が奏でる淫猥な音が部屋の中に響き、元カノの色っぽい喘ぎが交響していました。
お互いの名を呼び合いながら、高まる快楽に身をゆだね、蠢く一つの肉塊となって淫らを分け合いました。
安全日、元カノの蜜壷に精液を注ぎ込む時、身体の奥に感じる熱い迸りに元カノは震えて仰け反っていました。
元カノの花弁を濡らしながら逆流する私の精液・・・いつかは夫と妻として同じ風景を眺めるものと信じて疑っていませんでした。

「お前か?ウチの娘を傷物にしたのは!ふざけやがってっ!」
元カノの父親に腹に蹴りを入れられ、その後、塩を撒かれました。
泣き叫ぶ元カノの頬に父親のビンタ、
「お前の結婚相手は俺が決めると言っただろう!」
止めに入った母親は押し倒されて、その後、私に、
「早く逃げて。お父さんが武器を持たないうちに早く!」
と言われて、ヨロヨロと立ち上がって、元カノの実家を後にしたあの日、味わった屈辱、敗北感、愛しさと自虐・・・あれ以来、元カノは携帯を変えられたのでしょう、一切の繋がりを遮断されてしまいました。

時々、空を見上げて元カノに向けて、
「俺は、昔と変わったかな?君のような素敵な人間になれてるかな?」
なんて、呟く時があります。
そして、今は27歳の元カノに、
「あれから4年、君は、お父さんのお眼鏡に適う素敵な男性と結婚できたかい?」
と尋ねてみます。

元カノには、絶対に幸せになってもらわないと困ります。
あんな思いして、部屋で男泣きして、声上げて泣いて、元カノへの思いを断ち切った甲斐が無くなってしまいます。
なんて、ほら、感情的になるし、暗くなってる本来の私が出ます。
本当は、元カノと結婚したかったです。
きっとまだ、心のどこかで元カノを諦めきれてないから、新しい恋ができないんだと思います。
本当は、私が明るく振る舞っているのは強がりなんです。
本当は、未練がましくて暗い人間なんです。
今でも元カノと幸せになりたかった気持ちが消えていないのです。
4年も過ぎたのに・・・です。
結婚して、大きなお腹になっている元カノを見たら、諦められるでしょうか・・・

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (4件)

  • これは辛い。
    無理に明るく振る舞う必要も無いかと思うよ。
    無理は心身共に歪みが出るよ。
    素直に落ち込んだ方が、やがて諦めて前を向ける。
    俺は7年かかったけどね。

  • 無理は体によろしくないよ。
    思い切り悲しみを爆発させた方がいいよ。

コメントする

目次