エッチ体験談 15,000話 突破!!

妻にタマを縛られ責められた後に手コキ責めからの男の潮噴きをさせられる動画

マゾ夫さんから投稿頂いた「妻にタマを縛られ責められた後に手コキ責めからの男の潮噴きをさせられる動画」。

妻が第一子妊娠して、セックスできないときに、妻が色々研究して、私のチンポ苛めをした思い出の動画が存在しています。
懐かしい、まだフルじゃないハイビジョンビデオカメラですが、結構きれいに映っています。
日付を見ると、私28歳、妻25歳、結婚して2年過ぎた頃です。

まず、私は椅子にM字開脚で縛られますが、すでに勃起させててマゾですね。
そして、陰嚢が左右の睾丸が独立して別れるように、玉袋を輪ゴムで縛られます。
輪ゴムで縛られると、陰嚢はパンパンになっています。
そのパンパンの陰嚢を、古くなった化粧筆で撫でられ、時々ツンツンとされて、あれ、チクチクしてなんとも言えないんですよね。
その睾丸を、妻は揉み始めるんですが、ここで私は悶絶してるんです。
普段のセックスの際、縛られていない睾丸をキョロキョロ摘ままれるのと違って、モミモミになるから腰が動いてしまうんです。
そのうち、ニュルンと睾丸が輪ゴムを潜り抜けて、ッ元の状態に戻ってしまいました。

タマ責めの後は、手コキが始まりました。
「お嫁さんにチンチン苛められてるのに、勃起しちゃうなんて、マゾねえ・・・」
などと言葉責めを交えながら、手コキされています。
ローションを塗られて、ねっとりとしたスローな手コキで、ビクビクしてくると竿から離れて亀頭のみを、バイクのアクセルみたいにギュルギュル、私の喘ぎ声が聞こえます。
亀頭だけの刺激で暫し焦らされますが、焦らされてギンギンに勃起したペニスを、怒涛の高速手コキで一気に射精へと導かれてしまいます。
焦らしで暴発寸前だったペニスは、ドッピュー――――――――ン!と射精しますが、妻の手は精液まみれになりながらも、手コキを止めず特に亀頭を中心にシコシコします。

悶絶する私、萎えることを許されないペニスは、再び精液を噴き上げました。
そして止めない手コキ、私の悲鳴が響いています。
そして三度目の射精はピュピュピュと可愛く、それでも辞めない手コキに私は発狂寸前です。
それでも妻は手コキを止めません。
すると、私は腰をガクガク痙攣させながら、天井まで届きそうな噴水みたいな勢いで男の潮を噴き上げたのであります。
しかも、それでもなお続く手コキに、強制的に二度目の潮噴きをさせられました。

もう、13年前の動画でしたが、今見ても恐ろしい動画です。
これの他に、尿道に綿棒入れたり、アナルにコンドーム被せたコーラ瓶入れられたりしたのもありますが、捨てることができないDVDなんです。
これ、第二子の時は上の子がいて、こんなことしてる余裕もなく、妻にチャチャッと扱かれてドピュンだけでしたから、妻が映っている動画は第一子妊娠の時だけなんです。
だから捨てられないんです・・・
妻はもう、この世に居ないのです・・・

妻が動いてる動画って、ほとんど無いんです。
写真はありますが、動いてる妻を見られるのは、あのDVDだけなんです。
妻が亡くなって3年が過ぎ、再婚の話もチラホラありますが、再婚するつもりはありません。
私にとって妻はただ一人、私の下半身を苛めて愛してくれた、画面の妻だけです。
動画を見ればわかりますが、そこには私と妻だけが感じ取れる、独特の世界があります。
あの世界観を共有できるのは、妻以外では無理です。
遠慮があってもダメ、やりすぎてもダメ、加減とペニスの特徴を知り尽くした妻でなければ、あんなことはできないし、させられません。
そしてそれは、愛なんです・・・

コメントを残す