エッチ体験談 15,000話 突破!!

引越し手伝いのついでに・・・

ズブロッカさんから投稿頂いた「引越し手伝いのついでに・・・」。

私の一人暮らしを機に家賃の安い所という事で両親と兄は市営団地で暮らしていたのですが、訳あって兄がそこから出ていかなければならなくなり、不用品の整理など手伝っていたのですが兄は頼りないし、週6で仕事しているので期限までに引き渡せるか危うくなってきたので仕方なく私が代理で業者に手配する事にしました。

まあ、私は看護師なので平日休みもあるので不用品引き取りやエアコン取り外しに立ち会って、最後にウォシュレットを取り外すだけとなりました。

そこまでもっていくのに一ヵ月ぐらい掛かり、正直何で私がしなきゃいけないのと思う事もあり、かなりストレスが溜まっていて、手っ取り早い解消方法としてオナニーに耽っていました。

私は元々性欲が強い方で好奇心からオモチャにもいろいろと手を出していたり、マニアックなプレイのAVを観ながら自分がされているのを想像する事もありました。

特にしてみたかったのが野外露出なのですが、出来る場所も無いしなぁと思っていたのですが
エアコン取り外し業者がトイレもやってくれると言うのでその打ち合わせが終わって部屋を見回していると、ここでなら野外露出を安全に出来るし、してみたいという欲求も解消出来ると思い決行する事にしました。

そして当日になり、この日の為に用意した物をバッグに詰め込んで服装もミニスカート、下着もお気に入りの物にして家に行きました。

業者さんが帰ったあと殺風景になった部屋を見回して、せっかくするなら撮影もしておこうと買ったビデオカメラと三脚をセットしてした事は全部撮影しました。

まずは脱衣するところから始めて性器を開いたり、お尻を向けて穴を拡げたり揉んでみたりもした後、フローリングに直に座ってオナニーを始めました。

最初は指でして濡れてきたところでローターをクリトリスに当て続けて一度イッた後、胸に回転式のカップを着けて、性器には挿入式のウーマナイザーを挿れて最後にアイマスクを着けてそれぞれのスイッチを入れました。

視界が遮られている分いつもより気持ち良く感じてクリトリスが吸われたり、中の一番気持ち良いところを振動が刺激してくるので2回イッたところで、今度は男性器を模したオモチャにフェラをしてまた気分が上がってきたところでそれを中に挿れて、興味のあったアナルプラグ初めて使いカメラに向かって四つん這いになってもう無理と思うまで続けました。

オナニーをするのはヘトヘトでも無理でしたがオシッコしているところも撮ってみたいとも思っていてお風呂場でして終わりにしました。

水道の使用停止の手続きも私がしてこの日の次の日に止めてもらうようにしていたので、シャワーでオシッコを流したあと汚したところがないか確認して家を後にしました。

後日、市の人の最終確認に立ち会いましたが私がオナニーをしていた場所を細かく見ていた事に私はアソコを濡らしてしまっていました。

コメントを残す