エッチ体験談 15,000話 突破!!

中年夫婦の営みに男子C学生を交えた思い出

五十路夫婦さんから投稿頂いた「中年夫婦の営みに男子C学生を交えた思い出」。

子供が独立した、定年も見えてきた五十路夫婦です。
去年の3月まで3年間赴任していた勤務先で、少年愛を経験しました。
近所に鍵っ子のC学1年生の男の子がいて、私と同じ鉄道ファンだったこともあって、よく遊びに来るようになったんです。

ある土曜の朝、ちょっともよおして居間で妻とセックスに及んでいたら、庭からその少年が見ていたんです。
焦りましたね。
その時、一度妻から離れて、少年を家に上げたんです。
妻も、私の意を汲んだようで、その場d少年を裸にして、寝室で3人で性行為に及びました。

ピチピチのC学1年生の男の子の裸に、あんなに興奮するとは思いませんでした。
幼い顔と華奢な身体、そして、真竹が生えそろっていない未成熟のペニス、これがホモショタというものかと思いました。
閉経した五十路妻の黒ずんだオマンコに、まだ12歳の男の子のナマ白いペニスが突き刺さる、妻が少年位寝取られているのに妙な興奮でした。
挿入してわずか1分、少年は妻の中で果てました。
女性のオマンコの中で射精することがどういうことか、何となく理解していたようで、私に、
「ごめんなさい・・・」
と言いましたが、その顔がとても可愛かったです。

私はその弱みに付け込んで、妻のオマンコに溢れる精液を少年のアナルに塗って、
「じゃあ、おじさんにも同じ事させてくれるかな?」
と言って、指で少年のアナルをほぐしました。
無垢な少年を悪戯してる興奮、私はホモではないですが、少年を犯したくなりました。
妻よりも綺麗で華奢な身体を穢したくなりました。
少年も、異常な行為とはわかっていましたが、エッチな行為したさに従順でした。

少年のペニスを扱きながら、ゆっくりと少年のアナルへペニスを入れていきました。
少年のペニスは再び固くなり、ペニスの快感と初めてアナルを犯される苦痛が入り混じり、苦悶の表情がアヘ顔になっていました。
少年のアナルはおろか、アナルセックス自体初めてだった私は、アナルを犯されている少年が射精したのを見て興奮して、3分と持たず少年のアナルへ射精してしまいました。

それ以来、少年は毎週私たちの家に入り浸るようになりました。
C学生の少年の精液は何度も湧き出て、妻へ射精直後に少年の亀頭を責めると悶絶して、
「お尻に入れていいですから、もうやめて~~」
と懇願するも許さず攻め続け、竿を扱いて二度三度と射精させては亀頭責めを繰り返しました。
もう、射精できないだろうというくらい搾り取った後、少年のアナルを犯すと、前立腺への刺激で勃起してくるから若さというのはすごいですね。
少年のアナルにたっぷりと射精したころには、少年のペニスからもダラダラと透明な液が流れ出ていました。
多感な少年は、そんなマゾチックな変態行為に顔を赤らめながらも夢中になっていました。

母親より年上の五十路の妻の身体に、細く白いペニスを差し込みながら腰を振り、妻にしがみつく姿はそそりました。
妻を抱く少年を後ろから犯す・・・ペニス快楽とアナル快楽に仰け反る少年が可愛かったです。
アナルを犯されると、妻の中に精液を撒き散らせながら悶え狂いました。
やがて少年は、熟女の身体だけでなく、熟年男性も好きな事に気付いていきました。
妻が用事で出かけて不在の時、少年は、私のペニスをフェラするようになっていきました。
「おじさんのチンチン、ぼく、好きです・・・」
少年に頬ずりされて五十路ペニスが勃起すると、少年は仰向けになって自分からアナルにローションを塗って、挿入を待ちました。
妻抜きの少年とのセックスもまた、いいものでした。

基本的には私が少年のアナルを犯し、少年が妻のオマンコを犯し、何度も妻のオマンコに精液を注ぎ込むプレイが多かったです。
アナルを犯されてエビ反りになる少年は、私のグラインド攻撃で未熟な前立腺を責められ、何度も射精して、しかも射精後も勃起が収まらず、失神するまで射精し続けました。
もう、妻のオマンコは少年の精液でタプタプでした。
私と妻と少年は、3人で深く愛し合っていました。

少年がC学を卒業するとき、転勤があってお別れが来ました。
「おじさん、おばさん、さようなら・・・」
少年の流した涙を見て、私たち夫婦は心を抉られる思いでした。
あれ以来、夫婦の営みには少年が不在でも潤いが増しました。
前の転勤先で少年と繰り広げたわいせつ行為で週3回に増えた営みは、今でも継続しています。
五十路夫婦が週に3回営みを持てることは、幸せを感じます。
少年の犯した思い出、少年位犯されている妻の思い出は、五十路ペニスを勃起させます。
ただ、気がかりは告構成になった少年が今、どんな生活を送っているかということです。
普通に女の子と恋愛してくれているといいのですが・・・

5 COMMENTS

匿名

あなた…私、まだ、37歳じゃないよ。書いてあるみたいな、怖くて酷いこと、知らないし、知っても、あなたが痛くなりそうな事、胸が痛んでできないよ…。

あなた…今日の悲しいの(この英語だよ、kjUtDsWp0)あなた…この英語の私じゃないよ。私、お体だけだなんて思ってないよ。あなたの他に好きな人もいないよ。悪魔も、外国の映画で観て、すごく怖かったから、嫌いだよ。

あなた…私のお家、普通のお家だから、家族に…お家の人に、迷惑かけられないから、本当のだから、、私…死ぬしか道がわからなくて…

怖いめ…なんて読んだら、家族に迷惑かからないように、死しか…私分からなくて…

あなた…あの時、お電話してくれて、本当に…本当に…どうもありがとうございますです。取った瞬間に聞こえた、他の方のお声や、お電話越しのあなたのお声、天国でも、ずっと忘れないね。

髪も、切ったこと優しく思ってくれて、あなた…本当にどうもありがとうございますです。(やっぱりあなたは長いのがお好きなのかな?って思って、春に間に合いますように…って、去年から少しずつ、髪を伸ばしてたの。)天国でも、短いままでいるね。

あなた…私は、性が怖いから、お話の中の人みたく、急にはなれないけど、あなたの為なら、性の事も、精一杯頑張れるよ。本当に…本当に…結ばれたかったね。

あなた…心が、考えがまとまらなくて、死ぬしかない…って、涙止まらなくて、こんな、ダメで、ダメな私で、本当に…本当に…ごめんなさいです…。

あなた…心から…あなた愛してるよ。

返信する
匿名

やっと諦めたか…とか、書いてあるの読んだけど、そんなことないよ。

死ぬより怖いめに…とか、怖い、酷い事たくさん、私に向けて書かれてて、本当に…本当に…怖くて、悲しくて、死ぬしか、どうしたらいいのか分からないけど、浮き沈みして、気持ちぐしゃぐしゃだけど、

あなた愛してる想い、かわらないよ。

あなた…天国でも、ずっと…ずっと…あなた愛してるよ…。

返信する
匿名

診断書出せ(これは、たぶん別の人)とか、死ぬより怖いめ、とか、…凄く、凄く、怖いよ…

あなた…私がいたら、あなたも、迷惑っておもう?怖がらせ行為される以外にも、私…病気とかで、みんなに迷惑かけてしまうから、いなければよかったのかな…?生きてきて、何か意味あったのかな…?

あなた…心から…あなたを愛してるよ…あなた…逢えたいよ…

返信する
匿名

診断書出せの時に、同時に言ってきた人なのかもしれないけど、私、彼をサンドバッグになんて、私してないよ…酷いよ…

たくさんの人が、私のこと、死ねばいいって、いらないって、そう思ってるなら、やっぱり、死ぬしかないよ…もう、こんなの、ずっと耐えられないよ…

返信する

コメントを残す