17,000話以上掲載!!毎日更新!!

破廉恥カップルだった元カノと10年ぶりに再会

[AD]

[AD]

相性さんから投稿頂いた「破廉恥カップルだった元カノと10年ぶりに再会」。

先月、10年前に別れた元カノが、客として仕事場に偶然来ました。
相思相愛で結婚も意識してたけど、転職せざるを得なくなったり、身内の不幸が続いたり、色々とタイミングが悪すぎて、
「私たちは一緒になっちゃダメって、神様が言ってるのかもね。」

「そうかもしれないなあ・・・」
「きっぱりと、お別れしましょう。さようなら。」
「幸せにしてやれなくて、ごめんよ。さよなら。」
二人とも心がポッキリと折れて、連絡を一切絶つ約束をして別れました。

元カノとは、心だけでなく、体の相性も最高でした。
20代半ばの性欲をぶつけ合い、激しく求めあいました。
ベッドの上で、愛という名のコミュニケーションを口実に、お互いの性器を舐めあって、性技で感じさせて、ベトベトになりながら快楽を貪りました。
元カノは大きく足を広げて、私に全てを晒してくれました。
普段はしおらしお嬢さんだった元カノですが、私に穴を広げられて覗かれながら、羞恥の雫を垂れ流していました。

元カノとは、自分が果てるためのセックスんじゃなくて、相手を満足させるためにセックスしていましたので、お互い、素晴らしく満たされました。
本来は生殖行為としてのセックスですが、一つになりたい、体を交えたい、気持ちいいセックスで愛情を深めたいという思いがあったから、破廉恥なことも平気でした。
一時的にクリを吸い出して、敏感にしてクリ逝きで潮を噴かせたり、逆に亀頭責めされて悶絶させられたり、破廉恥な行為をしていました。
元カノとは、毎日こんな破廉恥なセックスが生活の一部になる結婚生活を夢見ていました。

10年ぶりの再会に、その日の夜、二人で飲みに行きました。
会話に花が咲き、お互い結婚して子供がいる事、都内で暮らしている事など、今はお互い新しい相手と幸せになっていることを確認しました。
お互いに幸せそうで安心したし、今後、どうなろうとも思わなかったから、ラインを交換することも、連絡先が変わってるかどうか確認することもなく、「元気でね」と別れました。
多分、この先、もう二度と会うこともないだろうとお互い思ったし、元カノも、今後私の仕事場に姿を現すこともないでしょう。
そして、スマホに残る10年前のメルアドを見て、これからもずっと、お互いの心の片隅にいるんだろうと思いました。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (3件)

  • あなた…やっぱり私、死んだほうがいいの? 

    そんなふうにじゃなかったよ…。

    そんな事ないよ…もしもまだ…生きてたら、精一杯、できる限り心と体頑張って、あなたに逢うよ。

    あなた…私、他に好きな人いないよ、結婚もしてないよ。ラインもしてないよ…。

    あなた…片隅じゃなくて、心全部あなただよ。あなた…私死んだほうが良い?

    あなた…ずっと…ずっと…永遠にあなた愛してるよ…。心から…精一杯あなた愛してるよ。

  • 怖いレスが入ってるけど、素敵なお話ですね。
    神様の思し召しと諦めた別れ、正解だったのかもしれませんね。

  • 文才もセンスもないから
    マジ止めなさい!
    あっこれは「怖くて気持ち悪いレス」のほうね。

    本編は後悔してないなら、
    イイんじゃない!?

コメントする

目次