17,000話以上掲載!!毎日更新!!

宅配で訪れた家は元カノの嫁ぎ先だった…

[AD]

[AD]

元彼さんから投稿頂いた「宅配で訪れた家は元カノの嫁ぎ先だった…」。

あの元カノは、初めて性欲よりも愛情を注いだセックスを経験できた人だった。
生まれて初めての処女だったというのもあるけど、最初はぎこちなかったのに、不思議といつの間にか心身ともに満足できてた。

あんな綺麗なオマンコも初めて見たし、完全に皮を被ったクリも初めて見た。
処女膜を貫通する感触も、その時の元カノの反応も、いちいち覚えてる。
クリでしか感じなかった元カノだったけど、いつの間にか中で感じるようになってた。
セックスにも慣れて、身体の相性も馴染んで最高だった。

普段は物静かでおとなしい元カノだったけど、セックスの時だけは自分を出して、覚えたての快感を貪ってた。
普段言えないような恥ずかしい言葉も平気で言ってたし、喘ぎ声も出てた。
コンドームを使わなくなって、生チンポを入れられるようになってからは、感じ方がもっと派手になり、自分から腰振るようにもなった。
騎乗位も積極的にこなし、乳を揺らしてオマンコから汁噴きながら、ヒイヒイ喘いでた。
遠慮なく俺のチンポで感じまくる姿が、とても嬉しくて愛しかった。

元カノとの交際も3年目を迎え、結婚も考えた頃、俺の勤め先がA&Mで買収され、俺は解雇されてしまった。
いきなり無職になった俺は、結婚どころか元カノの両親から付き合いを禁じられ、別れさせられてしまった。
さよならさえ言えずに、引き離された。
俺は、貯金を切り崩さずにとりあえず食つなぐために、大型免許を持っていたから、全くの異業種だったが配送業のバイトをした。
ところが、宅配部へ回され、街中の宅配を担当した。
トラックから押し車に荷物を移して、狭い住宅街を回っていた。

貯金はできなかったが、食っていくことはできたそのバイト環境にいつしか甘んじ、ステップアップや元の業種へ戻る努力をしなくなっていた。
そんなダメ人間に成り下がっていたある日、宅配先を訪ねたら、玄関に元カノが出てきた。
別れて3年近く過ぎていたが、「アッ」と見つめ合った。
元カノ、下腹部が少し大きくて、左手に結婚指輪してた。
会話が噛むし、上滑りで、伝票にハンコもらってお辞儀してその家を後にした。
元カノとの別れには納得している。
俺が親でも、無職の男との付き合いはさせられないと思う。
街ですれ違っても、元カノには絶対に話し掛けまいと思って過ごしてたのに、まさか元カノの嫁ぎ先に当たるとは…

俺、その時初めて、このままじゃダメだって思った。
バイト辞めて、荷物をまとめて都会を去って故郷に帰った。
もう、元顔とは連絡することも内容連絡先を消し、出会うこともない場所へ逃げた。
そして故郷で、中小企業だったけど前の業種に戻った。
田舎だと収入は低いが、田舎では遅れてた部分に都会の経験を活かせた。
がむしゃらに働いて、元カノを記憶から消そうと思った。
でも、消えなかった…
だけど、元カノは、良くも悪くも俺の人生に影響与えた人だから、消す必要ないと思ったら、何だか楽になった。

元カノと別れて、まもなく20年になる。
俺も四十路のおっさんになって、故郷で妻子と平凡な幸せの中で暮らしてる。
先日、元カノと楽しく過ごしてた頃に流行ってた歌が流れてきて、元カノを思い出した。
俺に処女喪失を経験させてくれた元カノ、無垢な身体を俺色に染めさせてくれる経験をさせてくれた元カノ、最高の相性だった元カノ…
今は、高校生のお母さんになっているであろう元カノに、直接伝えられなかったけど、俺と付き合ってくれてありがとうと言いたい。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (2件)

  • あなた…私のお家の人あなた嫌いじゃないよ。離れ離れの理由違うよ…。離れ離れになっちゃった頃は、働けてたよ。

    あなたも、私のこと、生きてる価値ないって、おもう…?鬱で動けなくて、いろんな事怖くて、心と体の具合が悪くなって、この順番のぐるぐる繰り返しになってて、私、やっぱりダメな人間なのかな…?死んだ方がいいのかな…?

    今日も、あなた愛してるよ…の想いと、死が、波みたいに、大きく小さく…心の中で想いが、繰り返し強く打ち寄せて…

    やっぱり、私、いなくなった方が…死んだ方が、いいのかな…病院に通うのも、周りの人達に、いっぱい負担かけてしまうし、お散歩にお外に出ないと…って思うのに、敷地内に知らない男性が侵入してきた事や、道で襲われて酷い事される内容の名前の部分を、私の書いた番号に変えて書かれたり、最近も、私お熱で書けない時に、私してないのに、私の書き方を真似して酷いことが書かれて(その真似して書かれた物に対して、愛されないって書いてあったり私の書き方を真似してお返事とかが書かれてた時間は、私は病院に行っていました)たり、色々重なって、本当に…本当に怖くて、鉛みたいに体が重くて、行きたいのに、お外行けなくて、そんな事すら、ちゃんと出来なくて…

    ダメでごめんなさいです…って、気持ちいっぱいなのと、不条理な事が続いて…もう、遠くに消えてしまいたくて…私ダメなだから、もう…死んでしまいたいよ…

    あなた…私…いろんな事ができなくて、だめで…本当に…ごめんなさいです…

    あなた…永遠に…あなた愛してるよ。あなた大好きいっぱい…あなた大好きだよ。心から…心からあなた愛してるよ…。

コメントする

目次