エッチ体験談 15,000話 突破!!

叔母さんに射精した

STUさんから投稿頂いた「叔母さんに射精した」。

S6の時の叔母とのエッチな体験談です。
S6の夏休み、仕事忙しい母の代わりに私の世話をしに叔母が1ヶ月泊まりに来てました。
母が夜勤で帰らない日のことです。

叔母は腰が痛い腰が痛いって言ってました。叔母が先に風呂に入りその後私が風呂に入りましたが上がると、なんと叔母が風呂上がりの真っ裸のままリビングのソファベッドにうつむせで寝ころんでるんです。
私が風呂から上がったのを見ると、「腰痛いから押して」って言うんです。私が「とりあえず服着てくるから」って言うと「裸のままでいいよ。私だけ裸じゃあ恥ずかしいでしょう。裸同士だったら恥ずかしくないから」って言って背中に乗って腰押すように命じました。

私は言われるままに風呂上がりの裸のまま叔母の背中またいで乗っかりました。
叔母は大柄で太ってるんでまたぐのは難しく背中の上に乗っかるような感じで腰を押し始めました。
チンチンが裸の叔母の背中に当たると変な気分になりチンチンはピンと勃ってしまいました。
叔母が命じるまま腰押したり太もも揉んだりしてました。

大きなお尻突き出して、お尻も揉んでと言うんで揉んでると勃ったチンポの先から透明のお汁が溢れて叔母の背中に垂れました。
おばは、「あんたオシッコちびった?後でシャワー浴びるからそのまま族けて」と言いました。
続けてると、チンポが叔母のお尻や太ももに当たるたびにキュンキュンして来て、なんか泣きそうな変な気持ちになってたまらず、叔母の背中にしがみついて裸の大きなお尻に勃ったチンポを押し付けちゃいました。

そしたらチンポがキュ〜んとなってドクンドクン。
叔母のお尻と背中に白濁の粘液がチンボから飛び出して叔母の背中はペタペタになってしまいました。
しばらくそのまま叔母の身体にしがみついてチンポどくんどくんなってましたが、どくんどくんが収まると叔母は「気持ち良かったわぁ。あんたも気持ちよくなっちゃったみたいだね」って笑いながらシャワー浴びに行きました。
それが私の精通の思い出です。

3 COMMENTS

匿名

私も似たようなな経験あります。やっぱりバツ1で独身の叔母がいて、いつもミニスカ履いてて太もも丸出しで、ルーズに座ったりしてパンツ丸見えになったりするし、ノーブラで丁シャツ着てるんで乳首透けて見えてたりしてました。
中学生の頃は家に来るとソファーでパンツ丸出しにして座ってる姿覗きながらオナ射精してましたね。
叔母は僕が覗きながらオナニーしてることわかっててエロい姿見せてたような気がしますね。

返信する
匿名

素晴らしい
この手の話は何故か手コキやセックスまで行くのが定石なので、そんな展開にはならずに終わるのが、イイ!

返信する
STU

全くほんとの話ですからね。セックスはもちろんしようとするわけないと思いますが、手コキに近いことはありましたよ。
叔母は幼い僕が射精してしまうのが興奮だったようです。
今日は私がマッサージしてあげると言ってしてくれることもありましたが、マッサージと言うより身体中撫で回されましたが。
太ももの付け根とか揉んで来て、チンポに腕当たるように何回もしてました。
当たると勃起しちゃうから、次は下腹部押すからちんちんじゃまだって言って掴んだりしました。
それされると射精してしまってました。

返信する

コメントを残す