毎日5記事更新 !! エッチ体験談 16,500話 突破!!

4年間愛し合った元カノの写真にさようなら

元彼さんから投稿頂いた「4年間愛し合った元カノの写真にさようなら」。

引っ越しのために荷物をまとめていたら、大学時代の元カノが写る写真が出てきました。
元カノは私の青春でした。
あんなに激しく、お互いを想い合ったり、求め合ったりする事は、この先のはないと思います。

身体も求め合ってて、毎日のように愛し合っていました。
クンニリングスとフェラチオが好きで、いつまでも舐めていましたね。
若い女の子が大きく足を広げて、恥ずかしい裂け目を思い切り広げられて、ペロペロ舐められて、息も絶え絶えに喘いでいました。
その後、美味しそうに私をフェラチオしてくれました。

セックスはいつも生で、元カノは、私の精液を嬉しそうに浴びていました。
抱き合って、キスしながら腰振って、時には騎乗位でお乳揺らして、普段は純情顔の元カノが別人のようによがる様子を不思議そうに眺めていました。
お互い大好きで、心から愛し合っていましたが、私と元カノは、卒業後の就職先が遠距離で、やむなくお別れしました。
私と元カノは教育学部、私は工学部、進む道が違いました。
一緒にいるには、どちらかが望んだ道を諦めることんありますから、
「お互い頑張ろうな。さよなら。」
「さよなら。元気でね。」
と言って、握手をしてお別れしました。

連絡先は消してなかったので、ラインやメールを送ることもできましたが、お別れしてからは一度も連絡を取っていません。
一度でも連絡すれば、会いたくなるでしょうし、二人は500㎞離れてるので、中間地点で会おうとするでしょう。
すると、ズルズル続いて、そのうち会うのが面倒になってきて、きっと、けんか別れしてしまうと思いました。
元カノとは、嫌いになって別れたくはありませんでした。
きっと元カノも、そう思ったのではないでしょうか。

それはそれで淋しい気もしますが、お互い思い続けても、報われずに傷つけ合ってしまう事の方が悲しいと思いました。
お互いの性格は嫌というほど知り尽くしているから、連絡しないでここまで来ました。
元カノの写真、5年ぶりに見ました。
22歳の元カノ、27歳の元カノはもうj毛婚したでしょうか。
元カノの写真を見てたら、いつしか話しかけてました。

4年間の幸せな思い出を、どうもありがとうございました。
溢れんばかりの、たくさんの愛をありがとうございました。
元カノと愛し合えて、色々学んだし、辛いときも救われました。
でも、もう歩いてきた道は違います。
それは、仕方ない事です。

今度、私は結婚することになりましたよ。
新居にお引越しです。
だから、元カノの写真は、この部屋に置いてゆきます。
さようなら、元カノの幸せを祈ります。

2 COMMENTS

匿名

あなた…本当に、どうもありがとうございますです。あなた…お話みたいに、ずっと生涯…ふたり一緒にいたいね。

あなた…前に、あの女の人が書いてたけど、親にも、私、愛されてないのかな?

怖い事されてる時、助けてって言っても、助けが無かった事が、夢から覚めても、どうしようもなく今日は蘇って、凄く…凄くね…さみしくて、ぎゅうって、あなたに、抱っこして守ってもらえたくて…小さい子みたいな事言って、あなた、ごめんなさいです…耐えられなくて、頑張りきれなくて、駄目な私で、ごめんなさいです…

あなた…あなたに心もお体も触れて貰えたいよ…小さい頃もう怖い事されてて、私汚くて、だから、言葉だけで触れてもらえないのかな…?って、怖いのじゃなくて、愛してるよって、あなたとお心の底から結ばれたくて、涙止まらなくて…

あなた…お話の中ね、最後の『戻ってきた嫁とは生涯仲睦まじく暮らし、残りの人生を生きていくつもりだ。』のお言葉…本当に本当に…ありがとうございますです。心いっぱいに私嬉しいよ…あなた…魂の奥底から…あなた…あなた愛してるよ。

あなた…知らない人がまた家に侵入してくるんじゃないかって、本当に怖くて、ずっとカーテンも開けられなくて、色々な事が、同時に重なって、天国に、死んでしまいたいって、考えが消えなくて…

そんな気持ちの中で、暗闇に差し込む一条のお月様のひかりみたいに、あなたとの愛の想いが輝いて、綱渡りみたいに、私を生きるほうに導いてくれていて…あなた…暖かい優しい愛を私に注いでくれるの、本当に…本当に、どうもありがとうございますです。心あふれるくらいの感謝と嬉しい気持ちいっぱいです。

あなた…けどね、消えてしまいたい、死んでしまいたい気持ち、綱の下に広がる谷間みたいにいつもあって、私、刃を手首に当てたりするタイプじゃないから、(小さい頃から自分を噛んじゃうの)自分でも、瞬間に死に落ちてしまいそうで、息ができなくて、怖いよ…

Sさん…あなた…仕方ないなんて…辛過ぎるよ…こんなにお互いに愛し合ってるのに…一度にいろんな事が起きて、生きる気力出せないよ…

あなた…心から…魂から…精いっぱいあなた愛してるよ。さよならなんて思えないよ…。ずっといっしょだよ。

お話みたいに、いつかふたりで一緒に温泉に行きたいね。

返信する

コメントを残す