エッチ体験談 15,000話 突破!!

濃厚接触者

コロナさんから投稿頂いた「濃厚接触者」。

コロナ禍で 子育て所帯は大変だ
わたしの家族は 3歳の娘と3人家族で 妻は近くのスーパーでパートで勤めている 
わたしは 家でテレワーク

さて 話は コロナ禍で 娘の保育園は 特別の事情のない限り
午前中の退園で 送りは妻が 迎えはわたしがしている
この日 娘の友達で 妻のママ友の男の子の お迎えに
そのママ友の母親が急な用事で 行け無くなって 
妻からその男の子も一緒に迎えに行くように 電話があった

二人を 連れて帰って 食事の後は 二人で遊んで 
母親の迎えを待っていたが 遊び疲れて こどもベッドで寝ていた
2時ごろに 母親が迎えに来て 子どもが寝ているので
わたしがこどもの起きるまでと コーヒーを飲みながら世間話を 

母親 彼女はわたしの前に座り コーヒーカップを取るたびに 大きな胸の谷間が見える わたしの下半身が反応した
こどもの食べ残しのクッキーを持って 彼女の隣に座った
彼女の微かな匂いが わたしの気分を盛り立てる
わたしは勇気を出して マスクの上から キスをした
驚いた彼女は身を引いた 構わず抱いて胸に手を当てると駄目ですと 抵抗した 
服が乱れた胸に手を入れた 息が変わった

彼女の 抵抗する力が弱くなった マスクの中から声が漏れてきた 
息も荒くなってきた 彼女の手を わたしの 股間に当てた
手を引っ込めたが 構わず ズボンのチャックを開けて握らせた
幸いソファーの背もたれは 倒すとベッドになる 彼女を寝かせて
服を着たまま スカートをめくり 肉芽を舌で 指で中を濡れてくる

首を振りながら 妻に悪い と言いながらも 目をつむって股を拡げた
彼女の名前を呼んで挿入した 彼女も積極的に絡んできた
中出しは良いと言った わたしは益々彼女を愛し続けて
同時に声を出し わたしは彼女の中に ウイルスを挿入した
抱き合った わたしと彼女は 濃厚接触者となった

コメントを残す