エッチ体験談 15,000話 突破!!

野球少女の屈辱

野球少女さんから投稿頂いた「野球少女の屈辱」。

 僕がC学で受けた屈辱について書かせてもらう。一人称が「僕」だが、性別は女だ。
 野球少女だった僕は、入学後、野球部に入部した。女子は入れてもらえないかと心配したが、入部を許可された。ただし、男子と同じ扱いを受けることを条件とされた。

この条件は僕にとって嬉しかった。僕の体は男子にも負けない自信があった。C1女子にして身長は170cm、肩幅も広く、ガッシリとしている。男顔、短髪、褐色肌で見た目は、完全に男子だ。男子と同じ条件で野球できることを期待していた。
 しかし、僕のことを邪魔に感じていた他の部員たちは、悪質な方法で僕を男子として扱ってきた。この学校は男子の校則が厳しく「男子の下着は学校指定のブリーフとランニングシャツとする」とある、これを利用し、「男子と同じ扱いなら、もちろんこれ着てるよな、体操服脱いで見せてみろ」と言ってきた。

僕がためらうと「所詮は女子か」この言葉が許せず、体操服を脱いだ。現れたのは女物の下着だった。下着を皆に見られ屈辱的だった。そこへ、誰かが指定ブリーフとシャツを投げてきた。「着ろ」僕は下着を脱ぎ、穴と胸を皆に晒しながら着替えた。野球に捧げてきた僕の体は、色気などなく、部員たちは不満げにその場にあったボールを投げつけてきた。僕一人だけが、汗を掻き、恥ずかしがり、その場に倒れたかったが、耐えた。与えられた下着は、着古し、黄ばんでいる汚いものだった。男のような僕の体は男物の下着を着てしまえば男にしか見えなかった。

しかし、その自慢の体もこの野球部ではなんの役にも立たなかった。悔しかった。「こんな体…」そう呟いた。すると一人の部員が「最後にお前の体が女ってことを思い知らせてやるよ」直後僕は押し倒され、股間にバットの持ち手を突き出された。「なっ、何すんだよぉ」僕は必死に抵抗したが、他の部員たちに押さえつけられた。そして「お前は女なんだよ」バットを突き出した部員が言い放ち、僕の穴、女にしかない部分にバットの持ち手を突っ込んだ。「ぎゃぁぁぁ」激痛が走った。

すぐさまバットを引き抜かれた。「はぁ、はぁ」僕は呼吸を乱し、必死に暴れまわろうとしたが、手足を部員全員で押さえつけられているので何もできない。再びバットを突っ込まれた。激痛であるには変わりないが、同時に快感を感じた。バットを小さく動かし性的に僕を刺激しているのだ。やばい、その気持とは反対に本能的に声が出る「はぁ、うぅ、」恥ずかしいなんてレベルの話じゃない。刑務所に入ったりするよりこれのほうが辛く、残酷だろう。ここまでされてきたこともかなり屈辱的だったが、皆の前で性的快感を得るのだけは嫌だ。

バットの動きが激しさを増し、その直後僕は快感に襲われ、バットを引き抜かれた。「あぅ」男らしい見た目とは真逆の、高い女の声が出た。僕は、自分の中で何かが崩れていくのを感じた。

 これからも僕は野球部で屈辱を受け続けるのだ。

コメントを残す