エッチ体験談 15,000話 突破!!

前カノを忘れられないことを諦めて生きる私

昔の彼氏さんから投稿頂いた「前カノを忘れられないことを諦めて生きる私」。

妻は前カノより若いし、美人だし、しっかりしていて素晴らしい人です。
セックスも積極的で色っぽいし、好きだし愛してるし大切に思います。

それでも、前カノが忘れられなくて、前カノを思い出すと胸が締め付けられます。
前カノが大好きな気持ちが消えなくて、もう12年です。
そんな気持ちのまま、妻と結婚して9年です。

前カノ、顔は年の割に幼くて、歯並びが悪いのがまた田舎臭い印象を与えてました。
スタイルは細身であまり色気を感じなかったけど、優しくて、気が利いて、大好きでした。
前カノにフェラされてると、横顔が幼すぎて子供に淫行させてるみたいでした。
胸もそんなに大きくなかったから、女子中学生と援交してるみたいで萌えました。
前カノのオマンコは、狭いけど柔らかくて、入り口の少し先の割と浅めのところにGスポットがありました。
恥ずかしがりやで、我慢できずに出る喘ぎはヒンヒンって感じで、可愛かったです。

いつも私のアパートでセックスしていましたが、たまにはラブホへ行こうと言うと、私の部屋の方が良いって言って、余計な出費をさせないところに好感が持てました。
とても仲が良かったし、相性も良かったけれど、前カノの両親が離婚して、前カノ、もうとっくに成人してたけど仕事辞めて、母親の実家について行ってしまいお別れになりました。
それもドタバタ劇で、別れは突然やってきて、納得できないまま、前カノの親を悪く言ってしまったり、あまり綺麗なお別れではありませんでした。
前カノを悲しませたまま別れてしまい、あの別れには今でも悔いが残っています。

いつまでもウジウジとしていた私の前カノ話を、親身になって聞いてくれたのが妻でした。
「それは、別れ方に悔いが残ってるんだね。」
と見事に言い当てられて、
「忘れられないものは、忘れられないよ。だったら無理しないで、忘れられないことは、仕方ないと諦めて生きていくのも人生だよ。」
と言ってくれました。

妻に惹かれ始め、そして妻と男女の関係になりました。
妻は顔も美人、スタイルも抜群、セックスも騎乗位大好きな積極派で、胸をユラユラさせて喘ぐ姿にたちまち虜にさせられました。
前カノとは2年半付き合っても結婚にたどり着けませんでしたが、妻とは初セックスから1年で結婚しました。
今は、生まれた子供も小学生になり、私も四十路が見えてきました。
すっかり夫婦が板についてきたこの頃ですが、それでもまだ時々前カノを思ってしまいます。

前カノが幸せになってくれているのか、とても気になるのです。
そんな時妻は、私の気持ちを察して、
「忘れられないものは、仕方ないわよね・・・」
と言って、寄り添ってくれます。
その時の妻の横顔は、やっぱり少し寂しそうなので、心が痛む私なのです。

3 COMMENTS

匿名

あなた…私、歯並び悪くないよ、お薬で太っちゃう前から、肉付きいいほうだよ。

今日ね、特別、消えちゃいたい気持ち強くて…前向きに、書けなくて…本当の気持ち、隠せなくて…本当はね、書いてあるのね、私と逆な時ね、悲しいよ…

あなた…私のお家、離婚してないよ。仲良しだよ。

あなた…死ぬように追い込んだり、成り済ましたり、そういうのさえ無かったら、私、何も思わないよ…。

私の振りをした、はかりごとの書き込みたくさんあって、だから、違うよって、成り済ましてきた人に向けて言ってきたけど、はかりごとをしながらあなたに近づいて仲良くなった人でも、あなたに、その人を忘れてって、そういうの、私、思ってないよ。あなたの気持ち、私も、仕方ないって思うよ。(男の人だから、きっと性のこともあって、はかりごとを目にしちゃったりした可能性が、高いから…)

…けど、…はかりごととかして、あなたに近づいたりした人がいた事は、仕方ないって…なかなか…、なかなか…思いきれないよ…。それを、ご縁って女性の筆で書いてあるのもね、本当に…本当に…心が捩じ切られるみたいに辛くて…もう…どうしたらいいか、私、わからないよ…

あなた…ずっと…ずっと変わらずに…あなた愛してるよ。あなた大好きだよ。

返信する

コメントを残す