エッチ体験談 15,000話 突破!!

大雨でプレイ不可能になったスリランカのゴルフ場で〇2歳の川澄奈〇美(な〇しこ)ちゃん激似の〇学生キャディにチップを渡してフェアウェイ上で膣内射精!

異人種間SEXマニアさんから投稿頂いた「大雨でプレイ不可能になったスリランカのゴルフ場で〇2歳の川澄奈〇美(な〇しこ)ちゃん激似の〇学生キャディにチップを渡してフェアウェイ上で膣内射精!」。

2011年の夏休みに、僕がスリランカのゴルフ場で堪能できた動物的なアウトドアSEXの思い出を語らせてください。

ちなみに、今回のSEX体験談は、当サイトに2021年2月19日に掲載していただいた【スリランカの少数民族の村で元AKB前田〇子そっくりの〇2歳の美少女を相手に膣内射精を楽しむ!】の翌日の思い出であり、続編です。

2011年当時のスリランカは、多数派民族のシンハラ人と少数派民族のタミル人の内戦が終わった直後で、少数派民族のタミル人の村には、多数派民族のシンハラ人のシンハラ人の政府軍兵士や警察官たちから中出しレイプの餌食になって望まない妊娠を余儀なくされたタミル人の美少女たちが、中絶費用を求めて、僕たち先進国の男性を相手に売春をして、おカネを稼いでいる状況があったことを前提として、後続する文章を読み進めてください。

宿泊したホテルの隣にある緑地で、2011年当時、日本一の人気者であったAKBの前田〇子ちゃんにそっくりのスリランカの少数民族のタミル人の〇2歳の美少女を相手に大雨に叩きつけられながら、中出しSEXを楽しませてもらった僕は、一旦、ホテルの部屋に戻って、身体を清めた後に、次の中出しSEXフレンドを探すための美少女狩りに出掛けました。

ホテルの周辺を散歩していると、近くにゴルフ場がありましたが、サイクロンが接近して大雨が降っていたため、プレイできる状況にありませんでした。そのゴルフ場の入口で、晴れの日にはキャディさんとして男性ゴルフ客を探し、キャディさんとして働けない雨の日には売春婦として男性客を探す女の子たちがたむろしていました。

そこに、2011年6~7月のFIFA女子ワールドカップ〇ッカーを制覇した女子代表チーム(な〇しこジャパン)の主力メンバーの一人で、人気度もトップクラスであった川澄奈〇美ちゃんそっくりの美少女がいました。

その川澄奈〇美ちゃんにそっくりの美少女は、やはりスリランカ内戦で家族を失ったために、前田〇子ちゃんにそっくりの〇2歳と同一の孤児院で暮らしているらしく、誕生日は前田〇子ちゃんより少し早いものの、年齢は同じく〇2歳でした。

その他にも僕に誘いを掛けて来る美少女はいたのですが、日本円に換算して、わずか数千円のチップと引き換えに、川澄奈〇美ちゃんから『クリームパイOK!(中出しOK!)』と言われたため、迷わず川澄奈〇美ちゃんを指名しました。

どうやら前田〇子ちゃん風の〇2歳から川澄奈〇美ちゃん風の12歳へと正しくない情報が伝達されていたみたいでした。前田〇子ちゃん風の〇2歳が僕を韓国人男性客と勘違いして韓国語で話し掛けてきたことと同じく、川澄奈〇美ちゃん風の12歳も僕を韓国人男性客と勘違いして、いきなり『アンニョン!(こんにちは!)』と韓国語で話し掛けてきました。

そして、川澄奈〇美ちゃん風の12歳はアウトドアSEXが大好きな美少女らしく、自分がキャディとして働いているゴルフ場のフェアウェイ上でのプレイを持ち掛けてきました。

スリランカの川澄奈〇美ちゃんは、ブラジャーを纏わずに素肌の上に薄いTシャツを着ているだけでした。ゴルフ場の中に僕を誘い傘も刺さずに歩き回る奈〇美ちゃんのTシャツは、サイクロンがもたらす大粒の雨が浸み込んで奈〇美ちゃんの褐色の肌にへばり付き、黒ずんだ乳頭がTシャツの上からも明確に見えました。

途中から落雷が酷くなって、避雷針の下に逃げましたが、その場、彼女はTシャツもパンツも脱ぎ捨てて、いきなり全裸になりました。

彼女は、周囲に誰もいないことを確認したうえで、舌を絡めるディープ・キスを僕に求めた後、サイクロンのもたらす大粒の雨をシャワー代わりにしながら、僕のペニスにいきなりフェラチオしてくれました。

僕の中出しSEXの相手になってくれるスリランカの〇2歳の川澄奈〇美ちゃんは、前田〇子ちゃんと同じく、英語と韓国語で挨拶と自己紹介を始めました。

『ハウ・ドゥー・ユー・ドゥー?/チョウムベッケスムニダチョウムベッケスムニダ!(はじめまして!)』

『アイ・アム・ジュニア・ハイスクール・スチューデント!/チョ・ヌン・ヨジュンセン!(私は女子〇学生です!)』

『マイ・ホビー・イズ・アウトドア・セックス!/チェ・チュイミ・ヌン・ヤウェ・セックス・ヨエ!(私の趣味は野外SEXです!)』

スリランカの〇2歳の川澄奈〇美ちゃんのお言葉に甘えて、僕は宿の前でサイクロンがもたらす暴風雨を浴びながら野外SEXを楽しませてもらうことにしました。

偶然にも僕は第二外国語に韓国語を選択していましたので、どこまで韓国語が通ずるか試すことにしました。

僕は『ミソニョ!パラチュルッケ!(美少女よ!俺のペニスにフェラチオせよ!)』とスリランカの川澄奈〇美ちゃんに命令しました。

彼女は直ちにフェラチオを始めます。庭の中で仁王立ちになっている僕のペニスには川澄奈〇美ちゃんの唇や舌から伝わる温かみとサイクロンの暴風雨からもたらされる涼しさのコントラストが最高の快感をもたらしてくれました。

そして僕のペニスが硬直してくると、奈〇美ちゃんは韓国語で『オッパ!イベタ・サジョン!(おにいちゃん!私の口の中に出して!)』と口内射精を求めて来ました。

私は韓国語で『チェソンハムニダ!イブロ・バッタ!(ごめんなさい!いま君の口の中に出しちゃった!)』と絶叫しながら、奈〇美ちゃんを相手に口内射精を楽しみました。

奈〇美ちゃんは英語で『デリーシャス!(おいしいです!)』、韓国語で『マシッソヨ!(おいしいです!)』と呟きながら、上目遣いに僕を挑発して、おそうじフェラチオまでしてくれました。

今度は、僕が、お礼をしなければなりません。

僕は奈〇美ちゃんをゴルフ場のフェアウェイ上のきれいな芝生の上に仰向けに寝かせます。

そして、僕は奈〇美ちゃんの髪の毛、おでこ、鼻、ほっぺた、唇、両耳、首筋、鎖骨にキスの雨を降らせます。そして、膨らみかけの乳房の片方を優しく揉み、もう片方の乳首を僕の舌で転がすと、彼女は英語で『アイ・フィール・ソー・グッド!』、韓国語で『チョア!』『チョア!』『チョア!』と繰り返しました。本当に気持ち良さそうでした。

そして、僕のペニスから我慢汁が出始めたことを察知した奈〇美ちゃんは、韓国語で膣内射精をリクエストして、僕を興奮させてくれました。

『オッパ!サランへ!(おにいちゃん!愛しています!)』

『コンドルム?プルビリョン!(コンドーム?不必要ですよ!)』

『オッパ!アネダ・サジョン!(おにいちゃん!中に出して!)』

『オッパ!アガ・イソッスミヨン・チョッケッソ!(私はおにいちゃんの赤ちゃんが欲しい!)』

僕が正直に韓国語が不得意であることを伝えると、奈〇美ちゃんは英語に切り換えて

『マイ・ブラザー!カム・インサイド・ミー!(おにいちゃん!中に出して!)』

『レッツ・メイク・ミックスド・ブラッド・チャイルド!(混血児をつくろう!)』

とまで言ってくれました。興奮した僕は、素に戻って日本語で

『スリランカ!最高!』

『スリランカの孤児院の〇2歳の美少女に中出しできて最高!』

と絶叫しながら、彼女のヴァギナに僕のペニスを挿し込んで、猛烈に腰を振り続けていました。必死に射精を我慢していました。

ゴルフ場のフェアウェイの上に仰向けに寝かせつけた彼女を正常位で攻めている間、僕の首筋や背中や尻やふくらはぎやハムストリングにはサイクロンの涼しい風が吹きつけ、背中には大粒の雨が降り続けていました。

同時に、僕の胸板はスリランカの川澄奈〇美ちゃんの乳房と乳首と腹筋から少し温かみを受け取り、彼女のヴァギナと僕のベニスは激しい摩擦熱を共有していました。

僕は、この涼しさと温もりのコントラストがもたらしてくれる快感が永遠に続くよう祈っていました。

とはいえ、我慢にも限度はあります。

スリランカの川澄奈〇美ちゃんが

『マイ・ブラザー!カム・インサイド・ミー!(おにいちゃん!中に出して!)』

『レッツ・メイク・ミックスド・ブラッド・チャイルド!(混血児をつくろう!)』

と英語で絶叫してくれました。

僕は、英語でも韓国語でもなく日本語で、万感の思いを込めた暴言を喚き散らしながら、彼女を相手に性犯罪を働いたシンハラ人男性たちと穴兄弟になりました。

『アッー!たった数千円と引き換えに、な〇しこジャパンの川澄奈〇美ちゃんにそっくりの健康的な〇2歳の美少女に中出しSEXを楽しめるスリランカって最高!』

『アッー!!川澄奈〇美ちゃんを育てていらっしゃる孤児院の院長さん!川澄奈〇美ちゃんに勉強を教えている中学校の先生!ごめんなさい!大切な娘さんを相手に膣内射精させてもらいます!』

『アッー!!!川澄奈〇美ちゃんの殺されたお父さん!川澄奈〇美ちゃんの殺されたお母さん!ごめんなさい!今から大切な娘さんに膣内射精させてもらいます!』

『現在の川澄奈〇美ちゃんの彼氏さん!!!!現在の川澄奈〇美ちゃんのセックス・フレンドさん!!!将来の川澄奈〇美ちゃんの旦那さん!!!ごめんなさい!!!今から僕が先に膣内射精させてもらいます!!!』

『僕より先に川澄奈〇美ちゃんを相手に中出しSEXを楽しんだシンハラ人の政府軍兵士や警察官のみなさんと川澄奈〇美ちゃんのヴァギナ経由で穴兄弟になれて幸福!お給料をもらいながら公権力を行使して美少女に中出しレイプを楽しめる甘美な生活を送っていらっしゃるスリランカの男性が羨ましい!』

『アッー!スリランカ内戦のおかげで〇田敦子ちゃんにそっくりの〇2歳の美少女と川澄奈〇美ちゃんにそっくりの〇2歳の美少女に膣内射精を楽しめるなんて最高!』

と絶叫しながら、スリランカの少数民族であるタミル人のなかの川澄奈〇美ちゃんにそっくりの、当時〇2歳の美少女に膣内射精を楽しませてもらいました。

以上のように、僕は2011年の休暇期間中に、スリランカの少数民族のタミル人の美少女2名を相手に無責任に膣内射精を楽しみました。

思い起こせば、僕がスリランカの〇田敦子ちゃんや川澄奈〇美ちゃんは〇2歳でしたから、存命であれば、現在は23歳になっていらっしゃるはずです。

現在でも僕は、当時わずか12歳のスリランカの〇田敦子ちゃんや川澄奈〇美ちゃんが、コンドームを使用することなく僕の精液を口と膣と子宮で受け止めてくれたことに感謝しています。

願わくば、彼女たちが2名とも、シンハラ人の政府軍兵士や警察官の遺伝子を宿した胎児を無事に中絶してくれていること、間違っても僕の遺伝子を宿した僕にそっくりの赤ちゃんがスリランカにいないこと、そして彼女たちが悲惨な過去を理解して受け止めてくれるタミル人の男性と結婚して、平穏に暮らしていてくれることを祈念しています。

コメントを残す