エッチ体験談 15,000話 突破!!

S学一年で童貞を捨てた。

典男さんから投稿頂いた「S学一年で童貞を捨てた。」。

姉がC学生になるまで僕と姉は同じ部屋だった。
寝るのは別々のベッドだったけど、寂しがりやの僕はよく姉のベッドで一緒に寝てた。
S学一年の冬、僕に背中を向けて横向きで寝てた姉に後ろから抱きついて寝てたんだけど、グッスリ寝てるから少しくらいエッチな事しても分からないんじゃないかと考えた。

抱きついて姉のお腹に回してた手を胸に持って行って揉んでみる。
うん、やっぱり反応が無い。
これならもっとエッチな事しても大丈夫だと確信した。
姉の寝巻きのズボンを下げてお尻を出させて、僕も下を脱いでお尻にチンコを擦り付けた。
割れ目に挟んで腰振るの気持ち良い…。
ちょっと硬めの物が擦れるから、それが肛門だと思う。
凄くイケナイ事をしてる気になるから興奮してやめられなくなった。
チンコの皮は簡単に剥けるから剥いてオマンコに擦り付ける。
ヌルヌルしてきた。
夢中で腰を振ってたらニュルッとした感触があって、チンコが柔らかくて温かい物に包まれた。
腰の位置を動かさずに布団の中を覗き込んで目を凝らす。
姉のオマンコにチンコが入ってた。
オマンコの中がこんなに気持ち良いなんて知らなかったから、もっと気持ち良くなろうと再び腰を振った。
さっきまでの行為が何だったのかと思うほど段違いの気持ち良さ。
何も考えずにそのまま姉の中に精子を出した。
一度じゃ満足出来ずに二度三度と繰り返し中出しする。
僕はもう抜きたくなくて、挿れたまま後ろから密着して胸を揉みながら寝た。
朝、姉に起こされた時に布団の中を確認したら下を脱いだままでチンコ出てたけど、姉は何も言わない。
姉はとっくにベッドを出て着替えを済ませてる。
どうしても股間を見てしまい、昨夜はそこにチンコ挿れて中に精子出して気持ち良かったな〜なんて考えてしまう。
何か変化があった訳でもなく、いつも通りの姉だ。
これなら今夜もエッチな事出来るかも…なんて期待してたけど、夜になって一緒に寝たいと言ったら断られた。
諦めたふりして姉が寝るのを待つ。
偶に姉に声を掛けて寝たかどうか確かめ、返事が無くなってから少し時間を置いて姉のベッドに潜り込んだ。
横向きで寝る癖があるから昨夜と同じように寝巻きのズボンとパンツを下げて尻を出し、僕も下を脱いで最初からオマンコに擦り付ける。
ヌルヌルしてきたら昨夜確認した場所にチンコを挿れて腰を振った。
やっぱりオマンコの中は最高だ。
昨夜と同じく3回中に精子を出した。
本当ならこのまま寝たいけど、勝手に潜り込んたから朝怒られそうなので諦めてチンコ抜く。
下げたパンツとズボンも元に戻してから自分のベッドに戻った。
翌朝も姉の様子は変わらない。
こんな感じで一緒に寝る時も断られた時も毎日姉のオマンコに挿れて中出しを繰り返した。
そんな事してたらS学5年の姉が妊娠した。
親にバレてしこたま怒られたけど、姉だけは僕を庇ってくれた。
毎日僕がエッチな事してるの知ってたらしい。
それをやめさせなかった自分も悪いからって言ってくれたんだ。
あの時ほど姉に感謝した事も、悪い事をしたって反省したこともないね。
産めるわけもないから堕ろしたんだけど、病院で僕が夜な夜な姉を犯して妊娠させた事を説明しなければならず、先生からも怒られた。
てまも看護婦さん達からは何故か優しくされた。
マセた弟が夜這いしてそれを知ってて好きにさせた姉が妊娠…それもまだS学生で…同人誌にありそうな話が現実に…なんて話をあちこちでしてる。
何の事かよく分からなかったけど、綺麗な看護婦さん達に慰めてもらって元気が出た。

コメントを残す