エッチ体験談 15,000話 突破!!

顔面騎乗好きな姉さん

きつねさんから投稿頂いた「顔面騎乗好きな姉さん」。

顔面騎乗って言っても服は着てるけどね。
僕が暇でごろ寝してると必ず顔の上に座ってくる。
たまにオナラされるけど、だいたいは座るだけ。
僕が寝てる顔見ると座りたくなるんだってさ。

座ってくる時はだいたいズボン系なんだけど、この前はスカート履いてたの忘れてたみたいで座ってきた。
下着一枚挟んでマンコの感触を口に感じて、しかも少しオシッコ臭くて興奮した。
すぐに太腿抱え込んで逃げられないようにして深呼吸。
マンコの香りを目一杯吸い込んで堪能した後に下着越しにクンニした。
必死に逃げようとしてたけど、舐められて気持ち良くなっちゃったのか喘ぎ声出し始めた。
僕の唾だけの濡れ方じゃなくなって、下着の内側からヌルッとした液体が染み出してくる。
もう逃げる気も無くなったのか、普通に喘いでるだけになった。
太腿抱えたまま下着に手を掛けて脱がそうとしたら腰浮かせたからね。
スルッと簡単に脱がした後はまた腰を下ろさせてマンコ直舐め。
姉さんのマン汁最高に美味しかった。
穴に舌入れて中まで舐めたら姉さんも喜んでくれてクンニでアクメしてた。
この日から姉さんのスカート率が高くなった。
座り方も前向きばかりじゃなく後ろ向きに座ったりして、肛門の臭い嗅がせてきたりする。
抱え込まずに舐めても逃げようとしなくなったし、何なら最初から下着脱いで座ってきたりする。
僕にクンニさせる気満々で座るようになった。
ある日後ろ向きに座ってきてマンコと肛門舐めてたら、うつ伏せに僕の上に寝てズボン脱がされた。
それでパンツも脱がされて勃起チンポ舐められたんだ。
先に射精させられたら負けだと思って気合い入れてクンニした。
姉さんも負けじとフェラチオしてきて、かなり良い勝負になった。
結果はドロー。
姉さんがアクメするのとほぼ同時に僕も射精しちゃったんだ。
ビックリしたのが、姉さんが精子を飲んじゃった事。
しかも射精が終わってもフェラチオし続けて萎えさせてくれない。
僕もクンニを続けてやったら今度は姉さんがアッサリとアクメする。
連続3回アクメさせたらチンポ咥えたまま横に身体をずらして、チンポを咥えてる口を軸にして僕の足元に移動した。
怒涛のディープスロートされたけど射精したばかりだからまだ耐えられる。
プライドが傷付いたのか、姉さんがフェラチオやめてチンポ握ったと思ったら僕を跨いだ。
チンポの上でうんこ座りするみたいに腰を下ろしてくる。
チンポを真っ直ぐ立たせて待ってるから、このままだとマンコに入っちゃう。
姉さんとSEXするのは構わないけど、コンドームなんて着けてないから生で挿れちゃう気なのかと期待と不安でドキドキする。
チンポがマンコに触れても腰を下ろすのやめず、本当に生で挿れちゃった。
ズブズブとマンコの中にチンポが飲み込まれていって、ついに姉さんが完全に僕の上に腰を下ろして座ってしまった。
まさかの生挿入で根本までズッポリ。
これが姉さんのマンコの中か…と感動する暇もなく、姉さんが杭打ちを始めた。
バンバンと激しく腰を上下させて打ち付けてくる。
キツキツのマンコの中で激しくチンポをシゴかれて精子がこみ上げてくる。
このまま中に出したらマズイと思ったから姉さんにもう出そうだと伝えた。
それなのに姉さんはニヤッと笑っただけで腰の動きを止めるでもなく、ましてやチンポを抜こうともしなかった。
僕はもう限界だったから姉さんに抜く気がないなら中に出しちゃえ!と、姉さんの腰を掴んで引き下ろしながら下からも突き上げて奥に射精した。
いきなり突き上げたから姉さんもついでにアクメして、腰を震わせながら流し込まれる精子を受け止めてた。
近親相姦した挙句に中出しまでしてしまったんだ。
だけどめちゃくちゃ気持ち良かったから後悔はしてない。
それは姉さんも同じで、この日から顔面騎乗→シックスナイン→SEXの流れが定着した。
ちなみに姉さんが僕の顔に座るのは子供の頃からの癖みたいなものだから、親に見られても何も言わない。
たとえスカートの中がノーパンでも見えてないから注意もされないんだ。
リビングとか両親が同じ空間にいる時はシックスナインもSEXもしないけど、クンニは絶対にする。
親の前で姉さんのマンコ舐めるのも興奮するんだ。

コメントを残す