エッチ体験談 15,000話 突破!!

C1童貞処女が同じ部屋に泊まった結果

けんさんから投稿頂いた「C1童貞処女が同じ部屋に泊まった結果」。

僕とあかね(仮名)の海外遠征のお話

関空からフィンランド空港を経由しヨーロッパ中を回ったある春休み30人の合唱団員は出発しました

ずっと運は味方してましたw

まず最初の奇跡は最初の国ハンガリーのホテルです

同い年3人組の僕とあかねとまさくんのイツメンで泊まりました

後で聞くとまさくんはあかねが好きだったらしいw

〜ハンガリー〜

2部屋しかなく僕とあかねが同じ部屋になっちゃいました

C1といっても年頃の子供 なにかおこらないわけありません

その部屋はシングルベッドで僕は下で寝る予定でした

でも気が利くかわいいあかね 一緒に寝よと言われたからには仕方がありません

夕食を取り寝る時間になりました

体がくっつき胸はさらに高鳴ります

突然あかねがいいました 

「ケンくん(僕)はあかねの事好き?」

え?んん? 頭が真っ白になりましたが
「まぁきらいじゃないよ」←ウソw大好きで暇さえあれば妄想オナニー

するとあかねは
「好きなんだったら手出すよね?」

僕も男です いつものカマかけかと思ったら声はマジ

さぁどうするか迷った僕が出した答えは“手を繋ぐ“です

今の僕∶流石にそれはないよぉ とりあえずキスから行こぉや

そんな僕に呆れたあかねはC1とは思えないDキスをしてくれました

ここからは本能に従うだけです ネットでしか知識がない童貞処女たちはゴムなんか持ってるはずもありません

さすがヨーロッパのホテル ゴムもローションも完備されてます

ねっとりしたローションをとりゴムを付けようとしますがゴムのサイズが小さすぎてはいらなかったので生セックス

C1の童貞処女は初めて生で見るお互いのものをとりあえず舐めながらセックスをすることをきめました

C1にして18センチほどあった僕のちんぽをぬぷぬぷアカネちゃんの中に入れました

初めてのまんこはあたたかくねっとりJCのヒダが絡みついてくるのがわかったと同時に膜を破った感覚がしっかり伝わってきました

痛そうにしているあかねを気にかけながらもうかつに動けない状態で慣らせているとあかねが体位を変えようといってきました

提案された体位はバックでした

初めてのセックスに初めてのバック
それに体位を変えたことにより僕の巨根は暴発寸前

「あかねヤバいイきそう」
と伝えると
「やばいやばいイクイクまんこやばい」
といいながらふたりは一度目のフィニッシュを切りました

そして時間をおいてもう一度

次はフェラから入りました

にゅぽにゅぽじゅぽじゅぽとエロい音を響かせながら半分までしか咥えられないあかねはかわいく生育途中の柔らかい小さなJC
おっぱいを弄りながらフェラをするあかね

そしてバックから体位を変え正常位セックスへ

「イクイクいく…」といったあかねの顔は今まで見たことのないほどのメスの顔をしていました

コツコツと亀頭にぶつかる降りてきた子宮口を感じていると

「ヤバいイクイクイクウゥ」と言って僕はあかねにちんぽを搾られ子宮口に

ビュルルドびゅピュびゅ

と今までに無いほど長く濃いものが出ました

抜くと僕の精子たちがあかねのまんこからでようとするのですかさずちんぽで栓をしあかねに注ぎ込みました

そしてすかさず動けなくなったあかねを立ち上がらせ持ち上げてAVで見た持ち上げてまんこをさらけださせてセックスをしてもう一度中でドピュドピュビュルビュルしておきイッても精子が出なくなり金玉が空っぽになったのがわかりその日はお風呂に入り寝ました

次の日イタリアに行っておこったのはまた次の話で

1 COMMENT

コメントを残す