17,000話以上掲載!!毎日更新!!

風呂上がりに見られて

[AD]

[AD]

ミートさんから投稿頂いた「風呂上がりに見られて」。

つい最近の事なんだけど、風呂から上がって髪をガシガシと拭いてた時に母さんが来た。
うちの脱衣場は洗濯機と洗面台もあるから、洗濯終わった物でも取りに来たんだと思う。
だけどまだパンツすら穿いてない全裸で腕を上げて髪を拭いてるからチンポをバッチリ見られた。

「ごめんね、まだブラブラさせてると思わなかったから」
そう言ってチンポを指でチョンと軽くつつかれた。
「うっ…!触るなよな」
「何よ、母親に軽く触られたってなんて事ないでしょ?って…あら?」
母さんにガン見された上に軽くとは言え触られたから、興奮して勃ってきちゃったんだ。
「やだ…ちょっと、何大きくしてんのよ…えっ?嘘でしょ?」
ムクムクと起き上がって腹に付きそうなくらい反り返る。
「母さんがガン見して触るから勃っちゃったじゃん」
「ええ?お父さんより大きいじゃない…いつの間にこんなに大きくなったの?」
「さあ、自分のなんて見慣れてるからいつ大きくなったかなんて知らないよ」
「それにしても大きいわね…ちょっとだけ触らせてもらっても良い?」
「そんなに触りたいの?」
「こんなに大きいの見たことないから」
「少しなら触って良いよ」
そっとチンポを撫でたと思ったら握られた。
「両手で握っても余るとか凄いわね」
「そんなに擦られたら気持ち良くなっちゃうだろ」
「もうちょっとだけ!ね!もうちょっと触らせて!」
母さんの手を払い除けようとしたら抵抗された。
「息子のチンポ触りたがるとか欲求不満なの?」
「仕方ないじゃない、お父さんが疲れたとか言って相手してくれないんだもん」
冗談のつもりで言ったのに母さんが裏話を暴露して欲求不満だと宣言した。
「母さんも溜まってるんだね…好きなだけ触ってて良いよ」
「本当に!?じゃ、じゃあ舐めても良い?」
目がキラキラ輝いてもの凄い期待してる。
「母さんがしたいなら良いんじゃない?」
「ふ…ふふ…ふふふ…久しぶりのオチンポがこんなに大きいのなんて…ああ…舐め甲斐ありそう…」
妖しい雰囲気を纏った母さんがチンポの前で跪いて顔を擦り付けてくる。
「はあ…こうして見ると本当に大きいわ…美味しそう…」
愛おしそうに頬擦りした後でチンポにキスしてくる。
チュッチュッと上から下、下から上へと何度もチンポにキスする。
「あはぁ…」
そして何度か往復して下までキスした後、大きく口を開いて舌を出して金玉からチンポの先に向かってレロ〜ッと舐め上げられた。
「マジで舐めてるし」
「咥えても良い?お母さんこのオチンポ咥えたい」
「好きにしなよ」
俺はフェラだけじゃ済まない予感がしたけど母さんの好きにさせて髪や身体を拭くのを再開する。
母さんは母さんでチンポ全体を舐めた後に本当にフェラを始めた。
半分も口に入らないけど、何度も顔を前後に振って唇でシゴいてくる。
口に入らない部分は手コキして本気のフェラだ。
完全に射精させようとしてくるから必死に耐える。
「我慢強いわねぇ…早くお母さんの口に出してよ」
「へっ?出して良いの?」
「当たり前でしょ?飲むの好きじゃないけど久しぶりに味わいたいのよ」
「出したらマズいかた思って必死に我慢してたのに…」
「我慢しなくて良いからお母さんの口に出しなさい」
それならそうと早く言ってくれれば良かったのに。
再びフェラをしてきたから、今度は我慢しないで射精した。
「んぶっ!ん!んん!ゴホッ!」
我慢した分勢いよく出たから変な方に入ったみたいで少し咽せてる。
「ふう…めっちゃ出た」
「んふっ!おふっ!んっ…」
チンポを口から抜いた母さんが咽せながらも精子を飲み込んだ。
「っはあ…あんた出しすぎよ…どんだけ溜めてたのよ」
「しょうがないじゃん、彼女なんていないし自分でするのも飽きるんだから」
「えっ?あんたもしかしてまだ童貞なの?」
「そうだよ、別に誰にも迷惑かけて無いんだからいいだろ…」
「いや、こんな大きなオチンポしてるからてっきり遊びまくってるかと思って」
「女子と上手く話せないから告白すらした事もされた事もないよ」
「勿体無いわね〜、こんなのオマンコに入れられたら女なんてイチコロよ?SEXしたいと思わないの?」
「そりゃしてみたいけど相手が居ないんだから無理じゃん」
「一度経験すれば自分から口説く度胸もつくわよ、試しにお母さんのオマンコに入れてみない?しばらく使ってないけどまだ現役のつもりよ?」
「母さんは息子とSEXして平気なの?」
「こんなオチンポ前にしたら息子とかどうでも良いわよ、だからお母さんとSEXしてよ」
「するのは構わないけどゴムなんて持ってないよ?」
「あんたね…せっかくの初体験でゴム着けたいの?中に出したくないの?」
「母さんに中出しして良いの!?」
「お母さんだって久しぶりのオチンポなんだから生で入れて欲しいのよ。しかもこんな大きくて太いんだもん、絶対生の方が気持ち良いじゃない」
「母さんと生でSEXして中出し…マジで?後でやっぱりダメとか言われても抜かないよ?」
「その気になったわね?後でダメなんて言わないから早くオマンコに入れて」
立ち上がった母さんがジーンズとパンツを一緒に脱いで、後ろ向きになって洗濯機に手をついてお尻を突き出した。
「いきなり入れて平気なの?前戯は?」
「フェラして濡れちゃったからこのまま入れて平気よ」
よく見ると確かにオマンコが濡れて光を反射してる。
「それじゃ入れるよ」
チンポ持って角度を調整してオマンコの入り口に当てる。
想像以上の柔らかさがチンポに伝わってきた。
「久しぶりだからゆっくり入れて…一気に奥まで入れられたらオマンコ壊れちゃいそうだから」
「わかった…ゆっくり入れるよ」
母さんの腰に左手を置き、右手でチンポ持ったまま前に腰を押し出す。
ムニュッとしてて少し押しただけじゃ入っていかない。
もう少し強く腰を前に出したらオマンコが内側にめり込む感じになって、そこからやっと穴を広げながらチンポが入っていく。
「ああ…入り口押し広げられてる…こんなに太くて大きいの入れるの初めてだからドキドキするわ」
「オマンコってかなり狭いんだね、本当に全部入るの?」
「入るわよ、あんた産む時ここを通ってきたのよ?赤ちゃんが通って出てくるんだから大きなオチンポでも入るから安心しなさい」
「やっと先っぽが入ったよ、本当に全部入れちゃうからね?」
「焦らさないでそのまま奥まで入れて」
母さんも大丈夫だと言ってるのでそのまま入れていく。
かなり狭くてギュウギュウとチンポを締め付けられる。
こんなにオマンコが内側にめり込んで痛くないのか心配になる。
「どう?半分くらい入ったけど痛くない?」
「んふう…まだ半分なんて凄すぎよ…オマンコ広がっちゃいそう」
「平気そうだね、じゃあ残りも入れるから」
両手で母さんの腰を持って更に奥までチンポを入れていく。
どこまで入れても締め付けが変わらない。
「あっ!凄い!奥まで届いて子宮押し上げてるの分かるわ!こんなの初めての感覚よ!」
「平気?痛くないならあと少しで全部入るから入れちゃうけど」
「まだ残ってるなんて本当に凄いわ!全部入れたら子宮の中までオチンポ入っちゃいそうね」
痛みも無く平気そうだから全部入れた。
母さんのお尻と自分の下腹が密着する。
「入ったよ、母さんの中凄え気持ち良い」
「あああ…子宮に入りそうになってる!お母さんも凄く気持ち良いわ!好きなように動いてオマンコめちゃくちゃにして!」
「待って、今動いたら出ちゃいそうだから少し休ませて」
「ああん…でも入れてるだけでもお母さん気持ち良いから我慢するわ、動けるようになったら激しくしてね」
ちょっと残念そうだったけど、すぐに終わったらつまらないと思ったのか休ませてくれた。
入れてるだけなのに締め付け凄くてなかなか落ち着いてくれない。
数分は動かなかったんじゃないかな?
もしかしたらもっと短い時間かもしれないけど、体感的にはかなり長い時間入れたまま動かなかった。
「そろそろ落ち着いたから動くね」
入れた時より少しだけ速く腰を引いて、カリ首が見えるか見えないかくらいまでチンポを抜く。
そこから一気に奥まで突き入れた。
「ふあん!」
母さんが変な声を上げてビクンッとする。
こんな気持ち良いの長く続けられないから一気にスパートかけて少しでも母さんに気持ち良くなってもらう。
「は、激しい!身体ごと貫かれてるみたい!ズンズンくるぅ!」
「母さんのオマンコが気持ち良すぎてすぐ出ちゃいそうだから一気に行くよ!」
ガンガン腰を振って入り口から奥までチンポで擦り上げる。
「あっ!あっ!あっ!子宮口広がっちゃう!オチンポが入りそう!」
母さんがそう言った途端、チンポの先がコリコリした物の間を通り抜けた。
「ああっ!入ってる!子宮に入ってるわ!」
「ここが子宮の中…ううっ!出る!」
子宮口がカリ首に吸い付き、チンポ全体をオマンコに強く締め付けられて子宮の中で射精した。
「はうっ!中で精子が跳ね回ってるぅ!お母さんもイクぅ!」
更にオマンコの締め付けが強くなった。
「うあぁ…めっちゃ気持ち良い…SEXがこんなに気持ち良いなんて知らなかったよ」
「あはぁっ…お母さんもこんなに気持ち良いSEX初めてよ…良かったらまたお母さんとSEXしない?」
「そうだね、こんなに気持ち良いならまた母さんとSEXしたいよ」
「ゴムは買わなくて良いからね」
「また生でやらせてくれるの?」
「子宮に直に注がれるなんて初めて経験したのよ?こんなの知ったらゴム着けてなんて出来ないわよ」
「凄え…母さんに中出しし放題とかAVみたいで興奮する」
「そうね、お母さんも息子とSEXして興奮してるわ。病み付きになっちゃいそう」
「母さんとSEX出来るなら彼女作らなくて良いかもね」
「あら?普通他の女にも興味持たない?」
「こんなに気持ち良いオマンコが目の前にあるんだよ?他の女に興味出るわけないじゃん」
「それじゃあ暫くこのオチンポはお母さん専用ね」
「母さんのオマンコも父さんが使わないなら俺専用だね」
「うふふふ…」
「はは…」
オマンコの中で小さくなっていくチンポを引き抜いてフェラしてもらう。
「母さんはオマンコも口も気持ち良いな」
「女の身体は男を喜ばせる為にあるからね」
「男の身体も女を喜ばせる為?」
「そうよ、だから親子なんて気にせずこれからも楽しみましょう」
チンポを綺麗にしてくれた母さんが立ち上がってキスしてくる。
さりげなく股にチンポ挟んで擦り付けながら舌を絡めた。
「あんた産んで良かったわ」
「俺も母さんに産んでもらえて良かった」
もう母さんを女としてしか見れなくなった。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次