エッチ体験談 15,000話 突破!!

アナルセックスが当たり前の僕と母

吉太郎さんから投稿頂いた「アナルセックスが当たり前の僕と母」。

オマンコ使ったノーマルセックスは絶対にさせてくれないけど、それ以外なら何でもさせてくれるお母さん。
「お母さんで童貞捨てたい」と言ったら「お尻の穴でなら」と言われてアナルセックスした。
お母さんも初めてだったらしいけど、これで僕は童貞を捨てた。

それからもほぼ毎日アナルを貸してもらってセックスしてる。
「妊娠の心配も無いから好きなだけ中に出して良いわよ」とお母さんに言われてるから毎回生でやって中出しさせてもらってる。
お母さんもその為に毎日腸内を綺麗にしてるそうです。
言われてみればチンコにウンコが付いてきたのは初めてした時だけで、2回目からは腸液くらいしか付いてきてなかった。
それにアナルセックスすればするほど、お母さんの肛門は柔らかくなって具合が良くなる。
僕専用の肛門として仕上がってきたんだ。
ローション代わりにフェラチオして涎をたっぷり付けてもらってから挿入するのが僕とお母さんの定番の流れ。
終わった後もフェラチオで腸液を舐め取って綺麗にしてくれる。
僕のチンコにはお母さんの腸内の匂いが染み付いた。
つまり僕のチンコもお母さん専用になったんだ。
いつかお母さんのオマンコに入れてノーマルセックスもしてみたいけど、まだ暫くはアナルセックスで充分だ。
僕の好きにシチュエーションは、お母さんがベランダで洗濯物干してる時に入れるの。
ベランダって言っても家の外には変わりないし、うちのベランダは囲いの部分が格子状で周りから丸見えだから誰かに見られるんじゃないかってスリルがあってゾクゾクするんだ。
そんな所でフェラチオさせて、パンツを中途半端に膝まで下げてお母さんの肛門を犯す。
親子でアナルセックスしてるの周りに知られたらお母さんも僕もお父さんから縁を切られるかも知れない。
それでも興奮するから外でするのがやめられない。
お母さんも外ですると感じやすくなってすぐにアクメしちゃうんだ。
それにわざわざ身体を捩って僕とキスしてくれる。
息子に肛門を犯されながらキスしてるの誰かに見て欲しいのかもしれない。
普通に喘いでるしね。
僕も射精する時はわざと「お母さんの中に出すよ」って宣言してから出すようにしてる。
もし近所の人に聞こえてたらって考えるとゾクゾクするでしょ?
『あそこの家は母子でセックスしてる』なんて噂になったら家庭崩壊一直線だけど、このスリルが味わいたくて何度もやっちゃう。
授業参観があった日、お父さんは仕事で来れないからお母さんがバッチリメイクしてお淑やかな雰囲気の服装で来てくれた。
クラスの男友達から『誰のお母さん?えっ?お前の?』って羨ましがられた。
僕から見てもお母さんは一人だけレベルの違う綺麗さだったからね。
中にはこの人の子供に生まれなくて良かったと思えるくらい太っててブサイクなお母さんも居た。
こんな人がお母さんだったらセックスしたいと思わなかっただろうな。
授業が終わった後、お母さんと下駄箱に向かってる最中に男友達が何人も僕のお母さんと仲良くなろうと話しかけてきた。
お母さんはまるで相手にしないで軽くあしらってたけど、それでも少しだけ話が出来て喜んでる馬鹿な友達。
うんざりしてきた僕はお母さんを連れて体育倉庫裏に行く。
なんでこんな所に連れて来られたのか理解してないお母さんは不思議そうな顔してたけど、僕が抱き寄せてキスしたら理解したみたいで舌を入れてくれた。
倉庫の壁に手をつかせてロングのフレアスカートを捲り、パンツを脱がせようとして驚いた。
服だけじゃなくて下着も着飾ってたから。
普段見た事のない赤いTバックで後ろの紐の部分は肛門を申し訳程度に真ん中の穴を隠してる。
暇の左右からはふっくら盛り上がった肛門がはみ出てる。
最初から学校でアナルセックスするつもりだったのかと言いたくなる下着だ。
脱がさなくても出来るけど、わざと脱がせて制服のポケットにしまった。
そして肛門を舐めて濡らしたら舌を入れて中まで濡らす。
次はお母さんにフェラチオしてもらって涎をたっぷりチンコに付けてもらって肛門に挿入した。
学校でするのもスリルがあってゾクゾクする。
しかも室内じゃないから帰宅する親子の会話もたまに聴こえてくる。
倉庫の裏では一組の親子がアナルセックスしてるなんて誰も想像しないだろう。
それが皆に人気だったお母さんと僕なんだからね。
友達が見たらショック受けるだろうな〜。
もしかしたら自分もやりたいとか言い出すかもしれない。
やらせるつもりはないけどね。
そんな事を考えながら犯して中出しした。
お母さんも3回くらいアクメしてたから、今の表情は教室にいた時よりも色っぽくなってる。
そんな顔で肛門から抜いたチンコをまたフェラチオしてくれるんだ。
いつもなら綺麗になった時点で終わりにしてもらうけど、学校って言う特別なシチュエーションだから射精するまでフェラチオを続けてもらった。
口の中に出して吐き出さずに溜めておいてもらう。
そのまま倉庫裏から出て歩く。
先生やクラスの皆とすれ違うたびにお母さんの雰囲気がエロくなってく。
そりゃそうだよね、口の中に僕の精液溜めたまま人前に出てるんだから。
それも他にも子供達がいる学校で。
教室でお母さんを見て顔を赤くしてた友達ともすれ違って、その時よりもエロいお母さんに見惚れてた。
校門を出た所で「吐き出したかったら出して良いよ」と言ったら精液を飲み込んだ。
「こんな所で口から息子の精液出せるわけないでしょ」って言われたけど、出さないの解ってて言ったんだよ。
飲ませるためにね。
「どうだった?先生とか沢山の生徒達の前で口に僕の精液入れたまま歩くの」とわざと聞いてみた。
「もの凄いドキドキしたわ、口元が不自然でバレてるんじゃないかって」と、お母さんも興奮してたみたい。
「それにパンツ穿いてないしね、スカートの中がノーパンで肛門の中と口に息子の精液溜めたまま人前に出て何回かアクメしたでしょ」
「脚が震えて歩くのも辛かったわ、でもこんなにスリルがあって気持ち良かったの初めてで癖になりそう」
「また外に出る時はやろうね、買い物行く時とかデートする時に」
「電車とかにも乗ってみたいわね」
「お母さんも僕と同じ変態で良かったよ、それに誰より美人で皆が振り返るから注目されるしね」
「お母さんをこんなふうにしたの吉太郎でしょ?お父さんとだってこんな事したりしないわよ」
「お母さんは僕のだからね?今はまだ口と肛門だけだけど、いつかオマンコも僕の物にするから」
「オマンコ以外全部吉太郎の精液まみれにしといてまだ満足じゃないの?」
「当たり前だよ、オマンコも僕の物にしてお母さんの全てを貰わなきゃ気が済まないよ」
「変わらないわね…」
「僕のチンコだってお母さん専用なんだからお母さんの全部を僕が貰うよ」
「クラスの子とかに好きな子いないの?」
「お母さんにしか興味ないから」
「これだけお母さんを気持ち良く出来るんだから他の子とSEXしたら吉太郎の虜になってくれそうなのに…お母さんだけなんてもったいないわよ?」
「いいの!僕はお母さんがいれば他の女に興味無いから!」
お母さん一人だけって言われて、お母さんは本気で照れてニヤニヤしてた。

コメントを残す