エッチ体験談 15,000話 突破!!

幼馴染との想い出2

上海亭さんから投稿頂いた「幼馴染との想い出2」。

 N子にいちぢく浣腸をしたが、彼女は我慢出来ずにその場で漏らしてしまった。その日以来しばらくN子と遊ぶ事はなかった。流石に恥ずかしかったのだろう。
 だがひと月程すると、またN子と遊び始めた。私はいちぢく浣腸はもう使うつもりはなかった。N子もあれは勘弁してほしいと言っていた。しかし、水やぬるま湯ならば良いと言う。

私はもっと他の事もしたくなった。
 丁度前の晩に、海亀の産卵をテレビで見ていた。N子が尻の穴から卵を産む、そんな思いつきで、N子にそれを伝えると、彼女もやってみたいと言う。しかし鶏卵では流石に大きすぎる。私は鳩の巣を探し、そこから卵を取った。それを固く茹でて殻を剥く。合計四つのむき卵が出来た。
 N子を四つん這いにして、尻の穴に卵を入れようとしたが、滑りが悪くなかなか入らない。N子は台所からサラダ油をカップに入れて持ってきた。私は卵をそのカップに入れて、卵をヌルヌルにする。滑って持ちにくかったが、N子の尻の穴にも入りそうだった。片手でN子の尻を広げ、もう片手で卵を尻の穴の埋め込んでいく。鳩の卵でも、子供の尻の穴には窮屈だった。痛みも少しはあったらしい。しかしN子の尻の穴は卵を四つとも呑み込んでしまった。
 私が「産め」と言うと、N子は力んで尻の穴から卵を産み落とした。尻の穴の中央に白っぽい物が見えたかと思うと、徐々に大きくなり、するりと産み落とされるのだ。私はN子が尻の穴から卵を産む姿に興奮した。
 四つ産み落とすと、再びN子の尻の穴に卵を埋め込む。今度はうつ伏せで卵を産ませた。尻の谷間をかき分ける様に卵が産まれ、私は股間がムズムズするのを感じていた。
 やがて私達はS学生になり、この背徳の遊びも終わった。中間学年になる頃には、話もしなくなった。C学生になると、顔を見ない日が多くなり、K校は別々となった。
 高校を出て暫くすると、N子は結婚。この町から嫁いで行った。私達の関係は、このまま終わった。

コメントを残す