エッチ体験談 15,000話 突破!!

一人遊びしてた女の子

ピッツェリアさんから投稿頂いた「一人遊びしてた女の子」。

ブラブラと暇潰しに散歩して見つけた公園で一休み。
そこで一人遊びしてる女の子を発見。
周りを見ても保護者の姿が見当たらない。
不用心だなぁと思いながら女の子を見てたら視線が合った。

逃げるかと思ったけど女の子は逆に俺に向かって走り寄ってくる。
途中で転んで膝を擦り剥いたようで泣き出した。
慌てて駆け寄って傷を確認した後、水飲み場まで抱っこして連れて行く。
水道で綺麗に傷口を洗ってハンカチを包帯代わりに膝に巻いた。
「お家は近いのかい?」
「歩いて10分くらい」
「それじゃオジサンの家の方が近いな…傷口そのままだと膿んじゃいそうだからオジサンの家でちゃんと手当しようか」
女の子を抱っこして歩き出す。
5分程度でアパートに到着。
「もう一回傷口洗うからね、お風呂場で洗うから服脱いで」
脱がす必要は本来必要ないけど風呂場と言うワードで疑いもなく女の子は服を脱いだ。
真っ平らな胸に小さな乳首、ツルツルマンコはピッタリ閉じて肌もスベスベ。
シャワーを出して傷口を洗い、飛んだ水滴を拭くついでに胸とマンコを触った。
この子を犯したら気持ち良さそうだ。
裸のまま部屋に行って座らせて手当てする。
「脱いだついでに服の汚れを洗濯して落としちゃおうね」
洗濯機に服を入れて洗ってしまう。
着る物がないから裸でいるしかない女の子をベッドに入れる。
「裸のままだと寒くて風邪ひいちゃうからね」
あくまでも親切でやってるとアピールしとく。
「オジサンも服が汚れたから洗ってくるよ」
洗濯機を途中で止めて俺も裸になって服を洗う。
「うー、裸だと寒いねえ…オジサンもベッドに入るから少し詰めてもらえる?」
チンポに目が釘付けだった女の子に少し寄ってもらってベッドに入った。
「こうしてれば寒くないでしょ?」
女の子を抱き寄せる。
裸で抱き合うと体温で凄く温まるから嘘じゃない。
ついでにお尻を撫で回してもしょうがないんだ。
チンポ握らせたのも興味を持ってたからしょうがなく握らせただけだ。
舐めさせたのは教育の為で俺の欲望を優先したんじゃない。
知らない人について行くと危険だと教えるために心を鬼にしてツルツルマンコをクンニしたんだ。
マンカスが美味しいなんて思ってないぞ。
口いっぱいにチンポ咥えさせたのも、知らない人についていくとこんな事させられると教えるためだ。
チンポ挿入してSEXしたのも、こうやって襲われると身をもって経験させて危機感を持ってもらうためだ。
子供マンコ気持ち良い…。
小さくて狭いからチンポをめちゃくちゃ締め付けてくる。
それにしてもこの子痛がらないな…。
もしかして初めてじゃないのかと確認したら、俺でもう何人目か分からないくらい襲われてた。
家でも父親にやられまくるから外に遊びに出てきたらしい。
なんて父親だ!羨ましい事この上ない!
それだけやられまくってるなら遠慮は要らないだろう。
本気のピストンで中出しする。
中出しした後はお約束のフェラチオをさせて元気を取り戻す。
確認したらアナルも既に犯され済みのようで、初めての場所は一つも残ってなかった。
だから俺もアナルを使わせてもらう。
どれだけやられてんだよ…。
完璧に拡張・開発されてるじゃないか。
誰に開発されたか聞いたら父親に開発されたらしい。
まったく…最低な父親がいたもんだ。
児童虐待じゃないか。
女の子を哀れに想いつつアナルにも中出しさせてもらう。
クソと腸液まみれのチンポも普通にフェラチオしてる。
これも父親の仕込みらしい。
その後も俺のやりたいように女の子を犯して楽しませてもらった。
そろそろ帰らないと怒られると言うので、最後に髪と顔に思い切り精子をぶっ掛ける。
汚れたチンポは髪で拭いてそのまま帰らせる。
あの姿を見た父親はどんなプレイを女の子とするんだろうな。
マンコとアナルも精子をたっぷりと注ぎ込んだから父親のが入る余地なんて残ってないぞ。
明日も女の子が来るのを期待して公園に行こうかな。

コメントを残す