17,000話以上掲載!!毎日更新!!

性の伝道師

[AD]

[AD]

Leoneedさんから投稿頂いた「性の伝道師」。

今から40年程前、俺は高校生だった。父親は性風俗店の経営に失敗したが、親から引き継いだ遺産で難を逃れた男、母親は元風俗嬢だ。その当時アメリカからヘンなビデオテープが輸入された。

タイトルは「セクササイズ」モジャモジャの陰毛が丸見え状態のメッシュやストッキング生地でできたレオタードを着た、ナイスバディの白人姉ちゃん達(当時は白人女性が陰毛を脱毛する習慣は無かった)がエロいエアロビクス的な動きをしている内容だ。その目的は女性器を「名器に鍛える」だった。週刊プ○ーボー○や平○パ○チでも紹介されたが、結局は流行らなかった。いきなり俺の両親が食い付いた。良家の子女相手に大人の性教育をして金を取るというのだ。女性相手の指導「嫁入り体操/良妻体操」はセクササイズと同じ体操だ。母親がハイレグTバックのレオタードを着て20代~50代の女性達にインストラクターをしていた。色とりどりのレオタード姿の女性達が股を拡げてヒンズースクワットする様子は壮観だった。上級者には一升瓶を膣に挿入し膣圧で持ち上げる指導をしていたらしい。男性相手の指導は「花婿教育」と言い、生徒は20代~40代の独身男性のみだった。殆どが童貞で経験者も性風俗しかした事が無い性の未経験者か未熟者だ。母親はマイクロビキニの水着を着てフルチンの男達にベッドインの作法を教え、フェラチオ、手コキ、素股、パイ擦り等を実際にしたり、愛撫の指導をしたり、女性器を見せたり女性器の弄り方を教えたりしていた。女体に免疫の無いチェリーボーイ達の中には性器を見ただけで射精してしまう奴やチンポを握られただけで母親に顔射してしまう奴がいた。そういう童貞達にも母親は厳しく優しく熱心に指導していた。優しい言葉を掛けて羞恥心で死にそうなチェリーボーイのチンチンをシャワーで洗い流し満面の笑顔で手コキやフェラチオをして再勃起させていた。結局、日本では流行らなかったセクササイズだったが、両親の「良家の子女相手にした大人の性教育」は役10年続き、母親が50代に入り終了した。その両親も既にこの世にはいない。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次