エッチ体験談 15,000話 突破!!

学校女性担任先生の革手袋でオナニーな経験

Salffbkさんから投稿頂いた「学校女性担任先生の革手袋でオナニーな経験」。

この先生の年齢は37歳で、まだ未婚です。

毎日香水を振りかけ、男子生徒には過剰にしたいほどよくしてくれる女だから

逆に女子校生にはシニカルなことに対して男子生徒はこの先生をかなり好きで、女子はこの先生を嫌いだった。

私たちの学校は先生専用のロッカーが教室内に別にあったが、好奇心で開けた先生のロッカーには先生がよく着用していた革手袋とハンドクリームと書類紙の数枚があった。

本能的にトイレに持ち帰ってオナニを始めました。

右手袋にはハンドクリームを塗った後、私のチンポにこすり、左手袋は匂いを嗅いだ。

手袋を頻繁に洗っていなかったのか、手袋のにおいは臭かった

だからもっと興奮した

手袋の手のひら部分に鼻を打ち、匂いを嗅ぐ

手袋の内側の匂いを嗅いだ。

手袋の内側の匂いは、思ったよりも焼いた汗の匂いと先生の手のにおいが合わさったエッチな匂いだった

一方、右手袋の表面に塗ったハンドクリームのにおいが私のチンポに染み込んだ。 先生に手コキをもらう気分だった

手袋の手のひらに、指一つ一つに私の臭いチンポをこすり、先生の純潔な革手袋は私のザーメンとチンカスで汚染されていた

以前に私の頭を撫でるか、私の頬に優しく触れてくれた先生のその手を犯して汚くする快感と背徳感。 先生は汚れた姿がもっとセクシーだ。

真実の手フェチだった私はいつも先生のセクシーな手を見るたびに勃起された。

私のザーメンとチンカスが埋められ、かなり汚れた手袋の内部に先生のハンドクリームを大量に入れた

ハンドクリームのせいでぬるぬるな手袋の中に私のチンポを入れてオナホールのように使い始めた。 快感は最高だった。 まるで先生にフェラを受ける気分だった。 先生のハンドクリームの香りが振動し始め、私はもっと興奮しました。

左手袋をバッグの上に載せた後、携帯電話を取り出して先生の顔写真を見ながらオナニーし始めた。

私にそんなに優しくしてくれた先生の侮辱的で、浅薄な姿を想像して興奮の絶頂に達し始めた。

先生の浅薄な顔を想像しながら大量のザーメンを手袋内部に射精した

すべての男子学生が憧れていた先生の手袋を犯した

手袋の内側に大量に射精した後、再びロッカーに入れた

翌日、放課後にその先生が手袋をはめるのを見た。 そして、急に手袋を脱ぐ姿も見た

先生は慌てた表情で手袋をゴミ箱に入れた。 他の子供たちがすべて帰宅した後、私は先生が捨てた手袋を持って家に帰った。

そして、その手袋はありがたいことにこの文章を書いている今まで私のオナネタになってくれていてwww気になる点があれば答えてくれるよ

コメントを残す