エッチ体験談 13,000話 突破!!

再婚した4歳年上の清楚義姉は好色妻になりました

義弟夫さんから投稿頂いた「再婚した4歳年上の清楚義姉は好色妻になりました」。

最初の結婚は、再会した中学の同級生と25歳同士で。
先妻は中学時代に憧れてた美少女だったので、とても嬉しかった。

二女に恵まれ、幸せいっぱいだった結婚10年の35歳の時、下の娘も幼稚園に通いだしたので、先妻が午前中だけパートに出るようになった。
これが間違いだった…
美人妻と評判だった先妻は、パート先で言い寄られ、拒み続けていたら連れ去られ、廃工場で強姦された上、殺害されてしまった。

娘二人を抱えた俺は、故郷を遠く離れていたから実家に頼れず、亡き先妻の実家を頼った。
泣き先妻の実家では、両親と先妻の4歳年上の独身の姉、俺からすれば義姉が暮らしていた。
この義姉は坂井泉水に似たこれまた美形の高校の女教師だったが、20代の頃に赴任した底辺高校の不良数名に輪姦されて、あろうことか妊娠、堕胎の経験があって婚期を逃した過去がある。
娘二人を預けているうち、義姉にとって姪になる娘たちが可愛くなり、孫を失いたくない義父母にそそのかされるように、俺37歳、義姉41歳で再婚した。
それは坂井泉水が亡くなった翌年だった。

義姉は、彼氏は大学時代にいたきりで、その後の性体験は強姦だけ、婚姻届けを出した日の夜まで男女の関係を誘う気になれなかった。
初夜、パジャマ姿の義姉妻が、
「結婚したのですから、夜のお勤めは覚悟しています。四十女ですが、どうぞ…」
とパジャマを脱ぐと、亡き先妻より肉感的でスケベそうな身体だった。
四十美熟女のエロマンコと思いきや、性体験が少なく出産歴もないので、小ぶりで綺麗だった。
ビラビラもコンパクトで、舐めるといい匂いがした。

生で入れさせてもらい、坂井泉水に似た清楚な美熟女教師を味わった。
暫くは快感に耐えていた妻だったが、結婚歴10年で培った俺の腰使いに喘ぎ始め、最後はヒャンヒャンと泣き悶えだった。
あの清楚な義姉が、こんな姿を見せるんだと驚くほどの痴態だった。
肉感的な女体は汗ばみ、清楚顔を歪ませてヨガリ狂う義姉妻に、たっぷりと精液を振りかけた。
余韻から醒めた妻は、恥ずかしそうに、
「セックスって…愛のあるセックスって…こんなにも感じるんだ…」
と言って微笑んだ。

これ以降、四十路新妻は毎日のセックスが日課になった。
就寝前になると、トロンとした目で俺の股間を触ってくるようになった。
チンポ中毒になっているように、ドスケベな美熟女になっていった。40代の義姉妻は、性欲旺盛なエロおばさんだった。
もう、俺のチンポが無いと、生きていけない身体のようで、風呂上がりの脱衣所を覗き込んでチンポを見ると、ヘナヘナとへたり込むようにしておしゃぶりしてきた。
義姉妻は、し頃の四十路になって夫婦の営みを知り、メスの本能が丸出しになり、好色妻となった。

特に、セックスしない生理期間が終わると、発狂するほどチンポに狂う淫女だった。
しかし、淫乱女もスーツとタイトスカートに身を包めば、なんとも清楚な女教師に変身した。
セックスなんて、卒業しましたみたいなお澄まし顔で教壇に立っているのだろう。
その肉感的な太腿周りを思春期の男子高校生は、エロい視線で舐めるように見ているのだろう。
まさか、家に帰れば毎晩のように股を開き、羞恥という感情も吹き飛んでセックスにハマっているスキモノ美熟女教師だとは思うまい。
チンポ中毒の淫乱妻の激しすぎる営みを見たら、普段の妻を知る者は驚くと思う。

そんな妻も今は54歳、40代の頃よりはだいぶ大人しくなった。
セックスも週に3~4回に減ったが、閉経した一昨年から騎乗位で精液を搾り取るのが好きになり、2階に1回は騎乗位で中出ししている。
騎乗位で中出しした後、妻がゆっくり腰を浮かせると、糸を引いた精液がドロリと流れ出し、すっかりドドメ色になったマンコから内股へ伝っていく。
それが、清楚な五十路女教師なのでたまらない。

今でも時々、亡き先妻を想う。
あんな冷たい廃工事で、土埃まみれになって服を剥ぎ取られ、パンツを引きちぎられ、洗ってない薄汚い生チンポで犯され、中出しされ、抵抗して首を絞められて殺害された。
さぞ、悔しかっただろう。
残された家族が、全力で制裁を加えたのを思い出す。
犯人はすぐ検挙され、俺達は犯人の家族を精神的に追い込み、結果、犯人が拘留中に犯人の両親が犯人の妹を道連れに心中したんだ。
もっとも、心中の理由の一つは、兄の犯罪で妹の縁談が破談になったというのもある。
良い気持ちではなかったが、家族が死んでいく気持ちを味わってもらった。

亡き先妻との恋人時代を含めても、義姉妻との暮らしがその時間を超えた。
遅咲きの発情で開花したのもあって、義姉妻とのセックスの回数は、亡き先妻都の回数を大きく上回っていると思う。
なにせ54歳の今でも、1日おきのペースでやってても、妻はまだ飽きずに俺のチンポを握ってくる。
「自分専用のおチンチンがあるって、素敵な生活だわあ…」
と言いながらおしゃぶりする。
下の娘も成人した今、いい年しても仲の良い夫婦を見て、気を遣って夫婦の寝室には決して近づかない配慮を見せる。
この先、いつまでできるかわからないが、亡き先妻の分まで、淫らな時間を楽しもうと思う。
間もなくやってくる亡き先妻の命日の前に、投下。

3 COMMENTS

現役老人

良かったですね、女性の年齢が上であれ下であれセックスには関係ないと思います。奥様が70代になっても沢山愛し合ってほしいですね。

返信する
サイトウシンイチ47歳

旦那さんにとっては、先妻さんを殺害されて、本当にものすごく悔しい思いだったでしょうね❗️。しかも、義姉妻さんも、過去にレイプさせていたなんてね❗️。ある意味、運命を感じるんだけどね❗️。でも、義姉妻さんと今でもイチャイチャラブラブセックスをたくさん楽しんでいるなんてね、本当にものすごくうらやましいですね♥❗️。これからも、義姉妻さんと仲良くいつまでもイチャイチャラブラブセックスをたくさん楽しんでほしいし、義姉妻さんと幸せになって欲しいですね♥。『亡くなられた先妻さんに対して、ご冥福をお祈りいたします♥。』そして、先妻さんをレイプした犯罪者の家族が責任をとって、自殺して謝罪したことに感謝いたします❗️。

返信する
大海鴉

ZARDの坂井泉水の
前フリは?
もしかして、前妻さんが
首絞められて殺害された
から「息もできない」
ってことなの!?

返信する

コメントを残す