エッチ体験談 13,000話 突破!!

妻の親友

チンポフェラフェラさんから投稿頂いた「妻の親友」。

妻とは恋愛結婚。処女だった彼女に初めて女の喜びを教えて虜にして支配したつもりになっていたが、やがて妻はセックスに得体の知れない要求をしてくる様になった。

妻に言わせると俺のセックスは挿入・フェラチオ・手コキ・クンニ・指技・舌技ばかりで性器に集中していて芸が無いのだと言う。まるで当時のレディコミみたいな実体の無い超能力紛いのセックスを御所望してきた。セックスの途中で急に怒り出して中断する事が増え、妻とのセックスが嫌になった。妻が言うには親友のK美さんは絶倫の旦那に調教されてセックス好きになった後、働かずに呑んだくれる旦那と離婚して、職場の男性達と関係しまくりらしく、彼女の体験談を聞き妻は間違ったセックス観に毒されたようだ。

悩んだ俺は元々面識の有る彼女に会って相談した。が、彼女の話だと男とやりまくる話しかしていないが、妻が何故勘違いしたのか解らないと言う。そして彼女は信じられない提案をしてきた、「私とセックスしてみない?」K美さんは長身で日焼けしたスポーツウーマン、バストやヒップの形も良く、ショートカットで誰もが振り向く美人だ。うちに遊びに来て泊まっていく程親しくしていたが、彼女と不倫するなんて考えた事は無かった。戸惑う俺を自分の自動車に乗せてラブホに入った。

彼女が俺に伝授してくれたのは、①大人の玩具②ローションやオイルを使ったマッサージ③着衣セックス④言葉攻め⑤ビデオ撮影etc。今思えば未経験の事ばかり、目から鱗なプレイだ。その日俺は彼女の身体を自由にして彼女も俺を好きにした。その後、妻とのセックス問題は解決し良好な夫婦性活を満喫している。そして俺はK美さんのセフレの一人に加わり、ほぼ毎週彼女と密会しセックスを楽しんでいる。

2 COMMENTS

コメントを残す