エッチ体験談 13,000話 突破!!

調教に憧れて快楽に溺れて

「調教に憧れて快楽に溺れて

ドM既婚妻美和さんから投稿頂いた「調教に憧れて快楽に溺れて」。
調教に憧れて/調教に憧れて戻れなくなりましたの続きです。

私は旦那さまのことは大好きです。
でも、調教されて奴隷として尽くしているご主人様に虐められたくて、毎晩身を焦がしています。
ご主人さまからご命令がないと、乳首やあそこが疼いて頭がおかしくなりそうなんです。
ご主人さまのためなら、どんなことでもできます。身も心も捧げていますから。

ある日、夜中の2時頃オナニーのご命令が来ました。

「旦那の寝てる横で裸になってアナルオナニーして潮を吹きなさい」

私は嬉しくて涙が出ました。
ご主人さま!私のご主人さま!
ご主人さまに悦んでいただきたいです!
ペットシートを敷いて、アナルパールを挿れました。
既にもうグチョグチョのおま○こ。
ご主人さまが欲しい。
1日でご主人を想わない瞬間はありません。
お掃除の時もお料理の時もお買い物中も旦那さまとセックスしている時でも、ずっとご主人に犯される妄想をして常にグチョグチョなんです。
ご主人!あぁ〜いく〜いっちゃいます!いってよろしいでしょうか?
クチョクチョ出し入れしている音とお漏らしの音。
真っ暗ですが動画に撮って、ご主人さまにお送りしました。
ビショビショのおま○こ、ツルツルにしてあるので拭いてるうちにまた気持ちよくなってきます。
クリでオナニーしたいです。
夜中なので返事はありません。
オナニーしたい。
ご主人さま〜!
悶えながら自分でおっぱいを強く揉んで心の中で叫びます。

ご主人さま美和を犯してください!

すると、ご主人さまからLINE。

「今日旦那が出勤したら〇〇の空き地に、下着はマイクロビキニの紐パンのみ、白のブラウスで来なさい」

少し山側の誰もいない空き地。
私は旦那を笑顔で送ると、念入りに剃毛して、ローターをおま○こに挿れて、アナルプラグをお尻に挿れて、出かけました。

ご主人さまのミニバンのトランクが開けられ座ると、首を絞められ、スカートのホックとジッパーを外されました。

「いつものお願いを言いなさい」

『うぐ〜淫乱奴隷美和の心も身体もおまんこも ご主人様だけのものです。如何なる命令にも従いますので ご主人様の肉棒の好みに淫らな美和を調教して下さい』

重くて冷たい鎖を首に巻かれ、恐怖に震えているのに、ご主人さまが少しクリをなぞっただけで、マイクロビキニのショーツが淫らなお汁でトロトロに濡れてきます。

「ほら、お願いしてごらん」

『あぁ〜ください!ご主人さま、もっと虐めてください!』

コメントを残す