エッチ体験談 13,000話 突破!!

逆痴漢て本当にあるんだね

ffさんから投稿頂いた「逆痴漢て本当にあるんだね」。

まだコロナが流行る前、バスに乗ってた時に痴漢された。
俺は男で痴漢が女。
座る場所もなくギュウギュウ詰めの車内。

座席の背もたれに付いてる輪っかみたいなのを掴んで窓の方を向いて立ってた。
そしたらその席に座ってたギャル風の女が触ってきたんだ。
その触り方がいやらしくて硬くなる。
するとゴソゴソとチンポを出されてフェラされた。
他の乗客から見られてるのにお構い無しだよ。
俺から無理矢理咥えさせた訳じゃないし、目撃者もいるから俺が痴漢にされる心配は無いけど、近くにいるオッサンの嫉妬にまみれた視線が痛い。
多分『俺がそこに立ってれば今頃フェラしてもらえてたのに』とか思ってんだろうな。
他にも羨ましそうに見てる男も数人いるし、非難めいた視線を向けてる女性も数人いる。
ギャルの隣に座ってるオバサンなんて何故か俺を睨んでくる。
そんな視線を集めてる中でギャルの口に射精した。
マジで気持ち良いフェラだったから我慢できなかったんだ。
最後までしっかり吸い出してくれたギャルはチンポをしまってから暫く口をモグモグ動かしてた。
吐き出そうとも飲み込もうともせず時間が過ぎる。
その内にギャルが降りるバス停に着き、立ち上がった瞬間に俺に口の中を見せてきた。
唾液とブレンドされた精液がそこに溜まってる。
ギャルは口に精液を溜めたままバスを降りていった。

コメントを残す