エッチ体験談 13,000話 突破!!

オナニー

デザイナーさんから投稿頂いた「オナニー」。

オナニーを性欲が溜まっている時にする
洋服と下着を脱いで真っ裸でする。
ベッドの上で
大好きな人妻を思うとぺニスが勃起して
性欲が溜まって睾丸がパンパンに張っていて

大きく硬く太く亀頭が真っ赤に腫れ上がって
臍の穴に着く程に腫れ上がる
ベッドで抱いた人妻を思い出しながら
手淫でオナニーする
左手で睾丸を触り右手でぺニスをシゴク
尿道からドロドロと体液が出て来て
臍の穴に腫れ上がった真っ赤な熱い
亀頭が当たり気持ちが良い
無我夢中で亀頭を右手の平で包む様に
して手淫する
手の内が溜まった体液でドロドロと
して気持ち良い
思い切り硬く太い大きなぺニスをシゴクと
ドッピュッドッピュッと
精液が出て来て臍の穴に射精する
ちり紙で臍の穴にベットリ着いた
精子を拭き取る
精子の匂いが強烈にする
手の内の精液も拭いてから

そのままベッドの上で
人妻に電話をする
お昼前なので台所をしていると言う
可愛いらしい声の人妻と会話を楽しむ
人妻の潤いのある声にムラムラしてくる
人妻も台所を一端止めて
椅子に座り電話を初めた
日常的な会話を終えて
「キスしたいよ」って
人妻「私もキスしたい」
電話越しにチュッチュッして
「思い出しているよ」
人妻「嫌らしい」
「人妻の美味しい唇を思い出しているよ」
人妻「「私も…」
「ナニが食べたい?」
人妻「大きくて張りがあるぺニスが食べたい」
「クリトリス勃起している?」
人妻「分からない」
「もっとキスしたいよ」
人妻「私もキスしたい」
「乳首は、どうなっている?」
人妻「乳首が少し硬く為っているよ」
「クリトリス大きく為って勃起しているか
確かめてよ」
人妻「待っててね」
受話器越しにヌチャヌチャと音がする
「触って良い?」
人妻「ダメ!!」
「意地悪だなあ」
人妻「じゃ触って良いよ」
「ぺニスが勃起してドロドロしているよ」
人妻「私も…」
「クリトリスを人差し指と中指で挟んで
クイッククイックと刺激してごらん」
人妻「嗚呼!気持ち良い!」
「もっとクリトリスを刺激してごらん!」
人妻「我慢出来無い」
「クリトリスを刺激したまま
左手の中指をマンコに入れてごらん!」
人妻「ダメ!!」
「逝っちゃう?」
人妻「指を奥まで入れて良い?」
「どう感じる?」
人妻「身体の中がトロトロしてきた」
受話器越しに激しくヌチャヌチャと
音が聞こえる
「もっと感じて良いよ」
人妻「ダメ!!逝っちゃう!」
「もっとしたいよ」
人妻「ぺニスは、どうなっているの?」
「ドロドロしているよ」
人妻「音を聞かせてね」
ぺニスをシゴイテヌチャヌチャ音を聞かせる
人妻「まだ逝かないの?」
受話器越しに人妻の潤いのある
ヌチャヌチャ音が聞こえる
「もっと触ってごらん」
人妻「もうダメだってば♪」
「勃起したクリトリスをもっと触って」
人妻「感じちゃうよ」
「ぺニスシゴイテ良い?」
人妻「まだ逝かないの?」
「マンコどう為っているの?」
人妻「お尻までトロトロしている」
「射精して良い?」
人妻「早く…」
受話器越しに激しくヌチャヌチャと音がして
人妻の甘いため息と共に
たっぷりと精子を射精する
人妻「出た?」
「出ちゃった!!」
人妻「今日、夕方から時間有るけど、
家に来ない?」
「今から行って良い?」
人妻「仕方ないなあ?来て良いよ」
「昼には行くから鍵開けて待ってて!」
人妻「昼御飯は?どうする?」
「美味しい食べ物を持って行くから
待っててね!」
人妻「早く逢って美味しいのを食べたい!」
「裸でエプロンで待っててね!」
人妻「もうエロいんだから!」

人妻の自宅で思う存分に楽しむ予定です。

コメントを残す