エッチ体験談 13,000話 突破!!

素敵な貴女に感謝してさようなら

泡沫さんから投稿頂いた「素敵な貴女に感謝してさようなら」。

貴女は素敵な女性でした。
年上の貴女に誘惑されるように、私は心惹かれました。
まるで西洋画のような女性らしい裸身、深く切れ込んだ裂け目を開けば、麗しき花弁と可愛らし花芯が私を誘いました。

たわわに実る乳房を揉みしだき、瑞々しい花芯を愛で、蜜壷に雄蕊を挿し込みました。
溢れる蜜が奏でる卑猥な音、リズミカルに揺れる乳房、貴女の喘ぎ声、悦楽の中に溢れる愛を注ぎ込みました。
貴女の匂い、温もり、今でも忘れることはできません。

貴女が家業を継ぐための修行で勤めてるとは、私は知りませんでした。
家業を継ぐために貴女は婿を取り、帰郷すると知ったとき、なすすべもなく立ち尽くしました。
「ごめんね。もっと若い女の子と付き合ってね。楽しかった。元気でね。」
貴女の後ろ姿を見送った後、ふと自分を見つめ直してみたら、あなたのおかげで私は成長できたんだと気づきました。
貴女は背負っているものがあったから、あんなに一生懸命だったと気付きました。
そんな貴女がいたから頑張れたし、成し遂げることができた仕事もありました。
今までの私には、貴女の存在が必要でした。

でも、今は遠く離れて、私は自分の足で立たなければならなくなりました。
仕事も、生活も、恋愛も、もう貴女に依存することはできません。
すぐに自立できないだろうけど、少しずつ、一歩ずつ、歩いていこうと思います。
今は貴女に感謝しています。
今まで、どうもありがとうございました。
そして、さようなら・・・

2 COMMENTS

サイトウシンイチ47歳

なんだか切ない話だよね❗️。よっぽど、その女性との恋愛やセックスが気持ち良かったんだろうね♥❗️。そんな女性と別れるなんて、本当にものすごく悲しかったんだろうけども、女性の幸せを願って、これからは、貴方自身も幸せになって欲しいですね♥❗️。

返信する

コメントを残す