エッチ体験談 13,000話 突破!!

姉と間違えて従姉に夜這いした

空さんから投稿頂いた「姉と間違えて従姉に夜這いした」。

僕と姉は去年からSEXしてる。
遊びのつもりで始めたSEXだけど、思った以上に興奮するし気持ち良いからやめられなくなった。
そんな僕と姉が、両親が揃って仕事で2〜3日帰れなくなるからって親戚の家に預けられた。

従姉と姉は同い年で、僕は少し歳が離れてるからって姉と従姉と同じ部屋で寝泊まりする事になった。
初日は従姉が寝た後に姉とコッソリSEXした。
二日目は姉も従姉も先に寝ちゃって、SEXするつもり満々だった僕は姉に夜這いをしたんだ。
電気を点けたら従姉が起きちゃうと思ったから、真っ暗な中での夜這い。
初日に姉がベッドの右側で従姉が左側に寝てたから、今日も同じだろうと右側に寝てる方に夜這いした。
背も髪型もスタイルも似てるから胸を揉んだりキスしても従姉だと気付かなかった。
脱がしてマンコ舐めてたら目が覚めたらしくて、「えっ!?」て声で夜這いしてたのが従姉だと気付いた。
だけどここまでやっちゃったから後には引けないし、僕はこのマンコに入れるつもり満々だったから舐め続けた。
従姉は騒ぐ事なく、隣に寝てる姉を起こさないように声を抑えてくれてる。
お互いの顔も良く見えない状況だけど、舐めるのをやめて僕も脱いで従姉の股の間に入った。
チンコの先をマンコに擦り付けて入り口を探してズブっと挿入する。
すると従姉が「つっ…」と痛そうな声を漏らした。
「初めて?」と小声で話し掛けたら、「空ちゃんは経験あるの?」と聞き返された。
従姉になら教えても良いかと思って「お姉ちゃんと去年から毎日SEXしてる」と言った。
流石に従姉は驚いたみたいだ。
「お姉ちゃんと間違えたの?」と聞かれたけど、正直に言ったら傷付くと思って「ううん、従姉ちゃんとSEXしたかったから」と嘘をついた。
「お姉ちゃんが隣に寝てるのに大胆なんだね」と嬉しそうな声が返ってきた。
そのままSEXを続けて「もう精子出そうなんだけど、何処に出したら良い?」と確認する。
「お姉ちゃんとSEXする時は何処に出してるの?」と逆に聞かれたので、「いつもオマンコの中か口に出させてくれる」と答える。
「そうなんだ、じゃあ私もオマンコの中に出させてあげるよ、いっぱい中に出してね」と、姉に対抗意識でもあるのか中出しを許してくれた。
「奥に出すから」とだけ言って中出しする。
従姉はしっかりと僕を抱え込んで中出しを受け入れてくれた。
「お姉ちゃんに言って明日は3人でSEXしようか?」と従姉がとても魅力的な提案をしてきた。
「嫌じゃないの?」と聞くと、「お姉ちゃんとSEXしてる所見てみたいから」と言われた。
この提案を受け入れたら、翌朝従姉が早速姉に話をしてた。
姉も特に嫌がったりしないで受け入れて、その夜は3人でSEXした。
人に見られながらSEXするなんて初めてで緊張したけど、見られることで興奮していつもより激しく姉とSEXしてしまった。
姉のフェラチオも激しくてエロかった。
従姉はそれを見て興奮してオナニーしてた。
姉に中出しした後は従姉ともSEXしたんだけど、姉が従姉の顔を跨いで口にマンコを押し付けて舐めさせてた。
多分溢れ出る精子を従姉に舐めさせて飲ませたんだろうね。
僕は従姉に腰を振りながら姉とキスする。
今度は従姉に中出しして2人にフェラチオしてもらった。
3Pって疲れるけど良いね。
2人に両側から抱きつかれて3人で舌を絡ませ合う。
「私もこれで仲間に入れた?」と従姉が言うから、「「もちろん、これからは3人でもSEXしようね」」と姉と僕は言った。
従姉の家は電車で一つ隣の駅で、子供でも行き来が出来るからね。
従姉も仲間になってこれからの遊びが楽しみ。

2 COMMENTS

百舌鳥

コドモのくせして
プレイ内容はAVクラス。
はい!オッサンの作文
確定です!

返信する

コメントを残す