エッチ体験談 13,000話 突破!!

地獄の始まりだったマンコランキング

ナツさんから投稿頂いた「地獄の始まりだったマンコランキング」。

元々私は陰キャと呼ばれる存在だった
化粧っ気はまるでなく、地味なメガネをかけてお昼のお弁当もひとりで食べていた
高校二年の頃に急にモテだした

男子に囲まれチヤホヤされてるうちにのぼせてしまってその内の3人と合計8回エッチしてしまいました
少しづつメイクしだしたり、メガネからコンタクトに変えてみたりして外見から変わっていく私
そんな私にイラっと来たのか同じクラスの女の子が私に突っかかってきました
「あんたなんかただマンコの具合がいいだけのブスのくせに!」
「アソコの具合ってなんでそんなこと言われなきゃいけないのよ!あんたが何知ってるって言うの!」
「へっ、私だけじゃなく、全員知ってるんだよ、裏掲示板でマンコランキングのトップクラスにあがってるんだからね」
「はあ?何それ」
「陰キャのあんたは知らないみたいだけど夏ぐらいから載ってるんだ」
私はハッとなった。それはモテだした時期だ
「だ、誰がそんなランキング?」
「イケメンの真田だよ、あんたも真田と寝たんじゃないの」
そうだ春くらいに放課後に強引に迫られて初めてを誰もいない放課後の教室でしたんだ
その後2週間くらい後にもう一回
その辺りで他の女子達が私達のイザコザに割って入ってきた
相手の女の子も好きな人を私に取られてるんだからここは落ち着いて、ねっと
相手の女の子にもあの子も悪気あったわけ無いだろうし許してあげなよって言って仲裁に入ってきた
どうやら私がエッチした相手のひとりが好きな人だったよう。知らなかったとは言え悪いことしたと私は謝ってその場は落ち着いた
とはいえそんなランキングが出回っていたことに私はショックだった
それから少しして今回の仲裁に入ってきた女子グループのひとりからカラオケに誘われた
「でも、私、あんまり歌知らないし」
「知ってる歌だけ歌ってればいいし、歌わなくても参加するだけで楽しいから。男子だけじゃなく女子とかも仲良くなってないとこの前みたいにトラブルになるしさあ」
なるほどと思った。人間関係もよく知っとかないとどんな目に遭うかわからない。私は参加すると伝えた
夕方、待ち合わせ場所に行くと女の子ばかり7人いて、8人で大部屋に入った
他の子が歌っているのを聴きながら渡されたドリンクを一口飲んで吹き出しそうになった
「え?これお酒?」
「大丈夫だよそんなに強くないやつだから、少しぐらいいいでしょ?」
「う、うん」
「乾杯しよ、乾杯」
私にドリンクを渡してきた女の子にせかされ、半分くらいを一気に飲んだ
その後も他の女の子達から乾杯ラッシュに遭い、気付けば何杯も飲んだことないお酒を飲んでいた
私は視界がグルグルしながらグループのひとりの肩を借りてフラフラ歩いていた
「気持ち悪くなったりしてない?そこのトイレに入る?」
私はいつの間にか大きな公園を歩いていた
多目的トイレに連れていかれ中に入った
「じゃ、後はよろしく」
と私を中にいれた女の子がドアを閉めて出ていった
トイレの中には5人の男がいた
4人は同じクラスの男子だ
酔って何も抵抗出来ず私は服を剥ぎ取られ、交代で私は男達に犯された
精液を中に出され、ハメ撮りもされた
交代で何回もしてきて、2人くらい帰ったかと思ったら後で3人くらい入ってきたりして、参加した人数もわからないくらい何十回もレイプされた
それから裏掲示板とやらに私のハメ撮り画像が載せられたようで何年もレイプされる日が続いた
ひとり暮らしがしたいと親に言って住む所を変えて地元を離れても1回目はすぐにバレて何回も犯された
もう一回引っ越ししてからはやっと凌辱の日々を終わらせることができたが、一度妊娠して子供をおろした事は今も心に突き刺さっている

コメントを残す