エッチ体験談 13,000話 突破!!

普段は優秀な姉なのに

幸太郎さんから投稿頂いた「普段は優秀な姉なのに」。

大学でも3年の終わりにはに卒業までに必要な単位を全て取って終わらせた、両親からも期待されて信用も厚い優秀な姉。

この前、親戚が倒れたと連絡があって両親が二人揃って見舞いに行った。

「それじゃ二人とも留守番宜しくね、特にお姉ちゃん、幸太郎の面倒見てあげてね」

「任せてよ、私がしっかり見ておくから心配要らないよ、安心して行ってきて」

「お姉ちゃんは頼りになるな〜、じゃあ行ってくる」

二人が玄関を出て鍵を閉めたら即座に豹変する姉。

「これで夜まで2人っきりだね、SEXするわよ!さあ!チンポ出して!」

「待ってよ!何か忘れ物したとかで戻ってくるかも知れないんだよ?それにここ玄関!」

「大丈夫よ、出掛ける前に何度も忘れ物ないかチェックしてたもの、それにせっかくの2人きりなんだから普段じゃ絶対に出来ない場所でSEXしたいじゃない!」

無理矢理脱がされてフェラされる。

そう…姉は極度のブラコンで、僕の精通も初体験も全て姉によって無理矢理経験させられてる。

初体験なんて朝までSEXされて干からびるかと思ったくらいだ。

しかもゴム着けさせてくれなくて全部中出し。

それ以来両親の目を盗んでは僕の部屋に来て、僕は姉に襲われて強制中出しSEXの日々。

だから今回両親が出掛けると聞いて嫌な予感はしてた。

案の定2人きりになった瞬間に襲われて玄関でSEX開始。

やっぱりゴムなんて用意してなくて強制中出し。

空手の有段者でもあるから力が凄くて、まだ中学生で体も小さな僕では姉に抵抗出来ない。

玄関で2回中出しさせられた後は廊下で1回、リビングで1回、キッチンで1回中出しさせられる。

それから一緒にお風呂入ってそこでも1回中出しさせられて更に顔射も強制された。

そして顔を精液まみれにしたまま全裸で両親の寝室に連れて行かれてSEX。

初体験の時の中出し回数を超えようとしてる。

それにしても両親の寝室で姉とSEXするなんて、匂いが残らないか不安でしかない。

姉が騎乗位で腰振ってる時に両親から連絡があって、姉は腰振りながら普通に会話してた。

話が終わったら姉がニヤリと笑う。

「今日は向こうに泊まってくるんだって、明日の朝までSEXするわよ!」

「無理無理無理!もうこれ以上出ないよ!干からびちゃう!」

「大丈夫、お姉ちゃんが元気にしてあげるから」

ここでも中出しした後、僕のアナルを舐めて指を入れてくる。

「ふふふ…前立腺を刺激してあげれば…ほら元気になった」

「もう勘弁して…」

「こんなチャンスはなかなか無いんだからやめないわよ、幸太郎もお姉ちゃんが動くばかりじゃつまらないだろうし、次は幸太郎の好きにSEXさせてあげるから頑張りなさい」

「だったら後ろ向いてよ」

「後ろからお姉ちゃんを犯したいのね?良いわよ」

こうなったらヤケクソだ。

姉が感じる場所は覚えるつもりは無くてもこれだけ襲われてたら嫌でも覚える。

後ろからこれでもかってくらいそこを突いてやった。

いつまでもやられてるばかりの僕じゃないんだ。

感じるポイントを攻め続けられて何度もイク姉。

「イッたぁ…あは…あは…やれば出来るじゃない」

「これでどうだ!」

イッてる姉に中出しする。

精液でまた姉がイク。

もう出ない…。

本当に限界…。

「何休んでんのよ、休んでる暇なんて無いわよ」

「もう無理…何も出ないよ…」

「大丈夫、限界なんて簡単に超えられるから」

フェラしながらアナルにまた指を入れられた。

「ね?元気になったでしょ?これでSEXできるわね」

また姉に乗られて腰を振られて、今度は精液の代わりに潮を吹いた。

「やだ、中で潮吹きしてるじゃない、凄い勢いね…これはこれで気持ち良いから出なくなるまで続けるわよ」

精液出なくて潮まで吹いてるのに休ませてもらえず、延々と攻められて両親のベッドがビチャビチャのドロドロになった。

「これどうするの?洗濯してマットも干さないとバレるよ?」

「幸太郎が中で大量に潮吹くからオマンコから漏れちゃったんでしょ?後で洗濯して干すなら気にしないで続けましょ」

僕が脱水症状起こしかけてやっと休憩になったのは明け方近く。

「ふ〜!やったわね〜、でももっと精液出せるようにならないとお姉ちゃん満足できないわ」

「出せる量に限界があるの!女の人みたいに無制限にイケる訳じゃないんだからね!」

「中で潮吹かれるのも良かったけどやっぱり精液の方が気持ち良いんだから、出せる回数増やせるように頑張りなさいよ」

水分補給しながら姉に無茶を言われた。

寝不足と出し過ぎでフラフラしながらシーツ洗濯してベッドマットをベランダに干す。

部屋中にファブリーズして匂いも消して証拠隠滅完了。

マット乾くまで時間かかるけど、もし両親が帰宅して見られても気を利かせたくらいにしか思わないだろう。

それにしてもずっと動き続けた姉の方が元気なのが納得いかない。

2 COMMENTS

コメントを残す