エッチ体験談 13,000話 突破!!

ハメ狂い家族

風林火山さんから投稿頂いた「ハメ狂い家族」。

父、母、姉3人、僕の6人家族です。
父は前立腺癌になって摘出したから勃たなくなり、性欲を持て余した母の相手をしてやってくれと父から頼まれました。
見ず知らずの他人と浮気されるくらいなら息子の僕とSEXしてる方がマシだからって。

母も息子の僕とSEXしたらどんな感じなのか興味あるからオーケーだと言います。
姉達の居ない時に三人で話し合って母とSEXするのが決定しました。
童貞の僕も知らない人と初めてのSEXするより母とSEXした方が気楽だし良いかな?って思ったので特に反対しませんでした。
決まった日の夜に早速母から誘われて寝室に行きます。
父がせめて見届けさせてくれと言って、僕と母がSEXするのを見てます。
まずは母にフェラチオされました。
次に僕が母のオマンコを舐めます。
母がどこをどんな風に舐めてくれと要望を出すので、下手なりに要望を叶えようと頑張りました。
ちゃんと出来てたみたいで母が僕のクンニでイキました。
そして本番のSEXです。
父がコンドームを渡してきましたが、母がそれを拒否して生で挿入です。
柔らかなオマンコの中でチンコが優しく包まれます。
どんな角度でどんな速さで突けば良いのか母が教えてくれます。
最初から上手く出来るはずもなく、習得するのに時間はかかったけど、慣れたらチンコでも母がイキました。
イク時にオマンコが強く締まって快感が倍増したので、僕も母の中で果ててしまいました。
初めてのSEXで母へ中出しをしたんです。
息子に中出しされて喜んだ母が続けて二回戦目を希望しました。
萎みかけたチンコをオマンコで締めてきて萎ませてくれません。
次は自分が上になると言って僕を押し倒して母が腰を振りました。
前後、上下、回転と色々な動きをして精液を出させようとしてきます。
そんなの耐えられるはずもなく、呆気なく果てました。
二回目も母の中に精液を出しました。
母はまたオマンコを締めてきてチンコを萎ませてくれません。
オマンコと繋がったままキスされました。
それも口を開けて舌を伸ばして涎を垂らしながら顔を近付けてきたんです。
怒ると怖いけど普段は優しい母が、SEXになるとこんなにスケベな女になると思いませんでした。
チラッと父を横目で見ると泣いてます。
僕と母がSEXしてるのが悔しいのかと思いましたが、そうではなくこんなエッチな母の姿を見ても勃たないのが情けないと泣いてます。
母は役に立たないチンコに興味は無いと言い切って更に僕とSEXを続けました。
何回搾り取られたかわかりません。
もう途中から意識朦朧として、ただ快感に襲われて果てるのを蹴り返してました。
僕がこんなになってるのに母はずっと元気なままで肌も艶々になっていきました。
僕が気絶するまで搾り取って終わったようです。
目を覚ましたら朝だったので、いつ終わったのか知りません。
ただ、隣に全裸の母が居て同じく全裸の僕に抱きついて幸せそうに寝てました。
それから母は朝から僕を誘うようになり、皆の前でもキスしてきたりチンコを触ってきます。
当然姉三人に僕と母の関係がバレて、姉三人も僕とSEXしたいと言い出しました。
母と姉三人の話し合いはあっさりと決着がついて、土日は全員で、月曜日が母、火曜日が長女、水曜日が次女、木曜日が三女とSEXすると決まりました。
金曜日はフリーで、僕がその日にしたいと思った相手とSEXする日だそうです。
もちろんSEXをお休みしても良いそうですが、ギラついた目で僕を見る四人が休ませてくれるはずもなく…。
エッチな格好したりキスされたりオマンコ見せてきたりして誘ってきます。
結局金曜日も誘惑に負けて誰かしらとSEXします。
全員を相手にするのは僕一人なので、母が精力がたっぷりつく食事を毎日用意してくれます。
姉三人はマカとかトンカットアリと言ったチンコに効くと謳い文句の書いてあるサプリメントを買ってきて僕に渡してきます。
それら食事とサプリメントのおかげで常にチンコが元気になっててSEXしたくて堪らなくなります。
四人ともコンドーム否定派なので中出しばかりしました。
当然だけど全員妊娠させてしまいました。

1 COMMENT

コメントを残す