エッチ体験談 13,000話 突破!!

オナニーしてたら…

春樹さんから投稿頂いた「オナニーしてたら…」。

部屋でオナニーしてたらいきなり姉ちゃんが入ってきて見られた。
「ちょっと!何してんの!ティッシュなんかに出したら勿体無いでしょ!」
ノックも無しに入ってきた事を謝るどころか、手元に用意してあるティッシュを見てそう叫んだ。

訳も分からず固まる俺を無視してツカツカと歩み寄り、俺の足元にしゃがんでフェラし始める。
言っとくけど今まで姉ちゃんとそんな関係になった事は一度も無かったからな。
何で姉ちゃんが急にこんな事をしたのか分からない。
でもフェラは最高に気持ち良かったから口に射精した。
「んっ…」
こうするのが当然とばかりに俺の精液を飲む姉ちゃん。
しっかりと最後まで吸い出してくれて、その後もチンコにキスしたり舐めたりし続ける。
「ティッシュなんかに無駄に出すくらいなら姉ちゃんに頂戴よ、今度から出したくなったら姉ちゃんに言いなね?フェラしてあげるから」
チンコに頬擦りしながらそんな事言われても信じられない。
何かあったのか心配になって聞いてみた。
「どうしたの?今までSEXどころか手コキすらしてもらった事ないのに、いきなりフェラなんてしてきて」
「春樹が精子無駄にしようとしてたからよ、精子は女に出してこそでしょう?明日からゴミ箱チェックするから、もし姉ちゃんに黙ってティッシュに出してたら怒るよ」
聞いても意味不明だった。
でもまあ、オナニーするより気持ち良く射精出来るから今度から姉ちゃんに頼もうと決めた。

1 COMMENT

コメントを残す