エッチ体験談 13,000話 突破!!

同僚の妻

ペニー・ワイズさんから投稿頂いた「同僚の妻」。

独身の俺にマウントをとりたいのか、同僚は事あるごとに「結婚は良いぞ〜、俺の嫁みたいに巨乳で可愛い嫁さん探せよ!まあ、その顔じゃ女が寄り付かないか!わははは!」と言ってくる。
こいつの言う通り奥さんはロリ巨乳タイプの可愛らしくて巨乳な女性。
何度も写真を見せられたから嫌でも覚える。

同僚曰く奥さんの胸はHカップらしい。
そんな同僚と飲んだんだが、相変わらずマウント発言を連発して良い気になって飲み過ぎて潰れた。
仕方なくタクシーで呼んで家の中まで運んでやった。
奥さんと初めて顔を合わせた感想は、実物の方が写真よりも魅力的だって感じ。
Hカップは嘘じゃないと分かる巨乳ぶりで、ロリ顔も写真よりも幼く見える。
こんな嫁さんとSEXしまくってんのか…と悔しくなる。
同僚を寝室まで運んでやったら奥さんがお礼にお茶出してくれたから一杯だけご馳走になった。
こんな魅力の塊みたいな奥さんと二人きりで居るとムラムラしてくる。
最近はソープも行けてなくて溜まってたから、その場で奥さんを押し倒してやった。
旦那である同僚は酔い潰れて寝てるし、助けてくれる人間は誰もいない。
無理矢理キスして舌をねじ込み、服の上から胸を揉みしだいてやる。
指が埋まるほどの柔らかさと弾力を備えた極上の胸だ。
乱爆に服を脱がしてマンコを愛撫する。
嫌だ、やめて、と抵抗するもマンコはビッチョリ濡れた。
上半身裸になってクンニをしつつ片手で下も脱ぐ。
マンコも綺麗な色してて指に吸い付いてくるし、ソープ嬢なんかより遥かに具合の良さそうなマンコだ。
なんとか逃げようとする奥さんを捕まえて生でチンポを挿入してやった。
予想通りキツキツで吸い付きの良いマンコしてやがる。
ガンガン腰を振って突いてやったら感じ始めたのか喘ぎ声をあげだした。
見た目は悪いが俺はチンポには自信があるからな。
二度と俺のチンポを忘れられない様にしてやろうと、鍛えたテクとチンポで何度も昇天させてやった。
涎垂らしてアヘ顔晒す奥さんにどこに出して欲しいか確認したら、「危ない日だからせめて外に出してください」ってお願いされたよ。
わざわざ妊娠しやすい日だなんて言うか?
そんな事言ったら中に出して孕ませるに決まってんだろ。
「ふ〜ん、なら中に出してやるよ。あいつより先に奥さんを孕ませてやる」と言ったら絶望して、また抵抗を始めた。
非力な女がいくら抵抗しようと無駄だけどな。
嫌がる奥さんに中出ししてやったよ。
中に出されたのは相当ショックだったみたいだが、これで解放される…って安堵感も感じた。
一回で終わりにするわけないだろ。
体位を変えて更に犯す。
3時間ほどかけて三回中出ししてやったよ。
もう抵抗する気も無くなった奥さんは従順になって、「チンポ咥えろ」と言えばフェラチオしてくれた。
その巨乳でパイズリもしてくれたし、キスすれば自分から舌を絡めるまでになった。
お礼に顔射もしてやってから解放して俺は自宅に戻った。
翌日は営業の外回りだったから、サボって同僚の家に行った。
玄関が開いた瞬間に足を挟んで閉められなくして、家の中に押し入る。
昼間から奥さんをまた犯して何度も中出しする。
絶対に孕ませてやる。
こうして同僚が知らない間に奥さんを何度か犯してやったら孕んだ。
もうこの頃には奥さんも一切抵抗せずにSEXを受け入れてたからな。
無理矢理じゃ無くなったのはつまらないが、その代わりに恋人にでもなったようなSEXは楽しめた。
そんな奥さんから妊娠したと聞いた時は嬉しかったね。
奥さんは間違いなく俺の子だと確信してるみたいで、「産みますか?」と聞いてきた。
「もちろん産んでもらいますよ、あいつには俺との子だと言ってないんでしょ?」と言ったら、「もちろん話なんてしてません、貴方が産めと言うなら産みます」と決意を示してくれた。
「あいつには妊娠したとだけ言えば充分でしょう」と念押ししておく。
数日後に同僚が「嫁が妊娠したみたいなんだ!遂に俺も愛する妻との子供を授かったよ!独り者のお前にゃこの幸せな気持ちは解らないだろうけどな!わはははは!」と有頂天になってた。
その子は俺の子だと言いたかったが、喉まで出かかった言葉を飲み込んで祝っといた。
なんせ安定期に入るまでSEXはお預けだが、フェラチオして抜いてくれる奥さんとこの同僚を別れさせるわけにいかないからな。
せいぜい俺の子を俺の代わりに育ててくれ。

1 COMMENT

コメントを残す