エッチ体験談 13,000話 突破!!

汚い別れはもうごめんだ

初彼さんから投稿頂いた「汚い別れはもうごめんだ」。

元カノの処女膜を引きちぎったあの感触、忘れられない。
恥ずかしそうに見せた19歳の裸、深く切れ込んだ裂け目、クパァと開いた穴、すべてが忘れられない。

初めて男に舐められて、気持ちいいのと恥ずかしいのでどうにかなっていた元カノ、
すごく可愛かったなあ。
初めてのフェラチオ、ぎっこちない舌使い、歯が当たって痛かったっけ。
グリュッという感触で引きちぎった処女膜、痛みに耐えた元カノ、忘れられない。

少しずつ性の快楽を覚えていった元カノ。
迫りくる快感に戸惑うあの表情。
感じて仰け反ったあと、自分の身に何が起きたかわからず困り顔してた。
やがて、乳房を揺らして喘ぐようになった。
でも、元カノは大学を卒業して実家へ帰ってしまった。
約3年間の付き合いだったが、両親との約束で帰郷した。
お互い納得して、綺麗に別れた。

まさか、元カノの故郷へ転勤するとは思わなかった。
2年ぶりの再会、そして再び寄り添った。
元カノ、フェラチオが上手くなってた。
前は絶対やらなかった騎乗位で、クイクイ腰を振って、ヨガリまくった。
誰かテクニシャンに仕込まれた高等教育を感じた。
再会してそろそろ2年という頃、元カノに淫乱を仕込んだ男が元カノに関係を迫ってきた。
バツイチのおっさんだった。
「アンタじゃコイツを満足させられねえだろ?コイツは、変態プレイじゃないとイケねえんだよな。」
俺は、異動希望を出した。
二度目の別れは、縋りつく元カノを袖にして別れた。
転勤を理由に、汚い別れを演じてしまった。

あれからずいぶん時間が過ぎた。
俺も元カノも結婚して、いい年になった。
今度は元カノが旦那の転勤で俺の住む街に来た。
三度目の再会は、子供の小学校だった。
もう、目を合わせただけで、会話も交わさなかった。
友達にもならないまま、俺が転勤で沙希に去った。
これ以上、別れを汚いものにしたくなかった。
さよなら・・・
幸せにな。

2 COMMENTS

匿名

あなた…私、他に好きな人いないよ。さよならなんて、思ってないよ。書いてたの、偽物だよ。

前に書いてから、今さっき、私の真似して書いてた偽物に「酷いよ…」って書くまで、私インターネットに書いてないよ。あなたのプレゼントに一緒に入れる、お手紙書いてるよ。気持ち、何ひとつ変わってないよ。

あなた…いつも、いつまでも永遠に変わらずに…あなた愛してるよ。19歳の頃から、あなたが大好きな気持ち、ずっと…変わらないよ♡

私まだ、初めてだから、どんなのが好き…とか、まだ分からなくて…あなたの教えてくれる愛が私の愛のぜんぶだから、どんなのでも、一生懸命に覚えて、あなたがお疲れとれて、幸せいっぱいなれるように…私からもあなたに愛をお伝えできるように…って気持ちで、あったかく心溢れて、初めての日…いっぱい…いっぱい待ち遠しいよ。

あなた…何があっても、真似っこしてくる酷い人に、あなたと引き離されそうになっても、どんな時も、ずっと変わらずに、ずっと永遠に…あなた…あなた愛してるよ♡.。.:*

返信する

コメントを残す