エッチ体験談 13,000話 突破!!

清楚な小百合の恥辱の過去を覗いてしまいました

孝仁さんから投稿頂いた「清楚な小百合の恥辱の過去を覗いてしまいました」。

結婚まで考えていた小百合は、気品溢れる清楚な容姿が美しい女性でした。
しおらしくてお淑やかな小百合でしたが、私は見てしまいました。
小百合が買い物に行っている間、寝転がるために押入れから座布団を出そうとした時、カラーボックスを倒しそうになりました。

その時、カラーボックスの上で、押入れの上段の枠の陰で隠れていたスクラップブックが落ちてきました。
そのまま戻せばいいものを、何気に開いてみました。
そこには、小百合のおぞましき被虐痴態の写真がありました。

まだ幼さを残した小百合は、三つ編み姿で紺色のセーラー服を着て、麻縄で緊縛されていました。
清楚な容姿からは想像もつかない、秘部を晒して虐げられる被虐痴態でした。
「小百合の成人記念」と書いてあるので、小百合が大学2年の時に撮影されたと思われました。
「無垢だった柔肌の秘穴から淫蜜を垂らすようになった小百合」などと、撮影者のコメントが書かれていました。
М字開脚で秘穴にビール瓶を捻じ込まれ、秘穴がパンパンに広がって、小百合は切なそうな表情をしていました。

その後、スカートを脱がされ、セーラー服をまくり上げられて、両乳首と秘豆と秘唇が木製ピンチで挟まれていました。
М字開脚で晒す秘穴をバイブで虐げられて、緊縛された体を仰け反らせる三つ編みセーラー服姿の小百合は、完全に逝かされていました。
そして、そこからはリモコン撮影なのか、それまで手しか写っていなかった中年男性が現れ、生のイチモツで犯されていました。
「凌辱される羞恥に秘唇が潤むセーラー服美少女」とか、「目覚めたマゾ快楽に悶え泣く清純少女」とか書かれていました。
途中で緊縛を解かれ、中年男性に犯されながらも抱きつく小百合は、最後は、中年男性に注ぎ込まれた精液を秘穴から垂れ流住股間を晒したまま、グッタリと倒れていました。

小百合の痴態に見入っていたら、いつの間にか小百合が買い物から帰ってきていて、私が小百合の痴態写真を見ているのを見て買い物袋をバサッと落とし、
「それ・・・見たんだ・・・」
と言って、俯きました。
「小百合、これって・・・」
「私、大学生の時、ある男性に言葉巧みに誑かされて、処女から調教されてたの・・・2年間、凌辱されて感じるように躾けられたの・・・」
「それを今でも持っているって・・・」
「何度も捨てようと思ったけど、年は離れてるけど、私が初めてを捧げた人の思い出・・・彼、事故で亡くなっちゃったから・・・」

小百合は、静かにスクラップブックを閉じて、私に、
「お別れしよ。こんなの見られたら、この先、辛いから・・・」
というと、私のバッグと上着を押し付けるようにして、玄関へ誘導しました。
「小百合、俺・・・」
「あなたは大丈夫でも、あれを見られたら、私は無理・・・さよなら・・・」
ほぼ追い出されるように、小百合のアパートを出ると、玄関のドアが閉じられました。
玄関のドアの向こうに、泣いている小百合の声が聞こえました。

あまりにもあっけない別れに、暫くは塞ぎ込んでいました。
初めてを捧げ、マゾの性癖を育まれた男性の死・・・小百合があの恥辱写真を捨てられない理由に私なりの納得をしたのが小百合の部屋を追い出されて一ヶ月のことでした。
小百合の思い出は、小百合の過去なんだから、それをひっくるめて小百合を愛していくと覚悟して、そのことを小百合に伝えようと思いました。
私は、小百合にラインを入れてみましたが、既読になることはありませんでした。
私は、これでダメなら潔く諦めると自分に約束をして、小百合の部屋を訪ねました。

小百合の部屋は、空室になっていました。
ラインを無視され、引っ越しまでされたのだから、小百合の職場を訪ねることはやめました。
私は、それが小百合の私に対する答えなのだから、小百合の意思を尊重して小百合を諦めました。
小百合と別れて一年後、私は妻と出会って二年の交際を経て、四年前に結婚しました。
私も三十路のパパになり、先日、子供を抱いて妻と買い物に行きました。
ショッピングモールを歩いていると、向こうから見覚えのある女性が・・・小百合でした。
男性と、小さな子供の手を引いていました。
二人の距離が10mくらいの時に目が合って、すれ違う時、お互い手を出してさりげなくタッチ・・・お互いの幸せを喜べたような気がしました。

その夜、小百合からラインが来ました。
「あの時はごめんね。そしてありがとう。さよなら。」と書いてあったので、「こちらこそごめんな。さよなら。」と返しました。
小百合が、わざわざラインをしてきた意味を考えました。
そうしたら、もう、小百合とはラインすることはないなと気付き、スマホに、
「さよなら、小百合・・・」
と言いながら、小百合に関するデータをすべて削除しました。
きっと小百合が、お互いの連絡先削除を促したラインだったんだろうと、確信しながら・・・

4 COMMENTS

匿名

あなた…私のされたの、こういうのじゃないよ。もっとずっと小さい頃の、無理矢理のだよ。

あなた…私も、あなたの全部、全部、愛してるよ。他に好きな人いないよ。だから他の人との結婚ないよ。あなた愛して大好きだよ。ずうっと…ずうっと…心いっぱいあなた…愛してるよ。

返信する
匿名

あなた…酷いことされても、泣かないで頑張るね。あなた逢いたいよ…大好だよ…あなた…永遠に…あなた愛してるよ。

返信する
匿名

あなた…今日の夜ね、とっても寒くなるって、お天気予報で聞いたよ。あなたあったかくして、お眠りなってね。愛するあなたが、元気にぽかぽかお眠りなれますように…愛してるの口づけを永遠にあなたに…♡あなた…愛してるよ♡おやすみなさい♡

返信する

コメントを残す