エッチ体験談 13,000話 突破!!

ペニバン輪姦される便器奴隷の男の娘

alnさんから投稿頂いた「ペニバン輪姦される便器奴隷の男の娘」。

女王様の便器奴隷をしている男の娘です

C学生で便器奴隷になりましたの続きになります

※食糞を含みます

C学1年で調教され3年の頃からはペニバンでアナルファックされていました。
女性の下着姿でチンポとアナルを見せるのが快感です。

K1になる頃アナルフィストができるようになると、ペニバン輪姦していただくことになりました。
家から大粒のアナルビーズを挿してリホ様たちの元に向かいます。
念願のペニバン輪姦です。

出迎えられるとまず皆様にストリップを見せ下着姿になり、マキ様と共に皆さまのアナルをたっぷり舐めて奉仕します。
リホ様のケツ毛も一本ずつ舐め、モモコのアナルについていたウンカスをきれいに舐めとり美味しくいただきました。
後輩の拭き残したウンコを食べるマキ様はとても嬉しそうです。
その後尻を突き出しアナルビーズを引き抜くとアナルを広げて見せながら踊ります。

一通り踊るとモモコに押し倒されて仰向けになり足をあげると、ペニバンを挿れられ輪姦開始です。
途中から金玉を何度もしばかれ、リホ様とミユキ様からは顔にアナルを押しつけられ、リホ様の濃厚なオナラを浴びました。
首輪をつけられたマキ様も横から一緒にオナラを浴びてアナルを舐めていました。

途中リホ様にチンポを踏みつけていただき、モモコもペニバンを抜いてチンポを踏んだあとハルカ様と対面座位で2発目です。
ハルカ様のローションまみれの太いむちむちの体で圧迫されペニバンに座ったまま、ぷよぷよのお腹でチンポを包まれます。

その後首輪と鼻フックをつけ仰向けになったミユキ様に跨がり腰を振ります。
興奮して体を揺らすミユキ様に何度も突き上げられ、途中リホ様のアナルに入ったソーセージを口の中にだされ食べます。少しウンコがついていたので、同じく食糞が好きなマキ様と両端から食べました。
リホ様のケツ毛をきれいに舐めると
乳首を乱暴に引っ張って立たされ、アナルからペニバンがズルズル抜けていきます。

そのままマキ様と双頭ディルドでアナルを連結して突き合いました。
尻を密着させたりアナルの力を抜いたり、逆に締めてディルドで綱引きしてお互いのアナルを出入りさせます。

それが終わると立ちバックの姿勢でリホ様の腋毛をしゃぶりながら、皆様に様々な道具でスパンキングされます。
尻が赤くなってくると体を起こされ、リホ様と一緒にスクワットしながら腋毛で深呼吸し、逞しい太ももと腹筋でチンポをこすってもらいます。

射精するとリホ様の腹筋と太ももにかかったザーメンを舐めとり、壁に手をつき後ろにアナルを突き出し、リホ様の力強い腰使いでペニバンファックされます。
気持ち良さとリホ様の汗をかいた腋毛の香りでメスイキしました。

その後もしばらく立ちバックで輪姦されると休憩が与えられ、乳首と金玉に洗濯バサミのリードをつけて繋がれ、首輪で繋がれたマキ様と一緒にご褒美のエサを待ちます。
初めてのペニバン輪姦の余韻にひたり、アナルを両手で広げながらマキ様のアナルで深呼吸していました。

そこへリホ様が残り物のおかずを1つの皿にまとめた物を運んでくるとシートに置き、まだ鼻フックをつけたミユキ様がしゃがみ込みアナルからカットした果物とホイップクリームを放り出します。

モモコは私とマキ様の顔に放尿すると、アナルプラグを抜き牛乳浣腸を噴射し浴びせました。
ミユキ様は料理を掴み、トイレットペーパーのように自分のアナルに擦りつけオナラします。

ハルカ様が自慢の巨尻を残飯のようになったエサに乗せ、脂肪を揺らしながらアナルですり潰したあと、エサの上に脱糞しました。
リホ様はアナルに挿れていたソーセージを勢いよく引き抜きエサに乗せその上に脱糞します。

皆様のアナルをきれいに舐めたあと再びアナルバイブを根本まで一気に挿れられ、リホ様に手コキされます。
筋肉質なリホ様の手コキは高握力かつ高速で頭がからっぽになり、ウンコの上に即射精します。
余談ですがリホ様やハルカ様の強力な手コキ、尻コキ、腹筋コキを受け、更にリホ様とモモコから
チンポを踏まれ続けたため並の刺激ではなかなかイケないチンポになりました。

完成した残飯エサをマキ様と共に四つん這いで食べ、お二人のウンコまでしっかり完食しました。
リホ様の極太ウンコはとても濃厚な匂いと味でした。ハルカ様のウンコも極太で未消化のコリアンダーが入っていて苦味を引き立てました。
とても美味しかったのをよく覚えています。
その間皆様はリホ様の腋毛やおっぱいを舐めていました。

その後乱れたブラジャーとTバックを直してぽっかりケツマンコを見てもらいながら金玉をビンタしてもらいました。

今でもペニバン輪姦され続け便器として奉仕しています。

コメントを残す