エッチ体験談 13,000話 突破!!

忘れられない元カノの切ない夢はもう嫌です

昔の彼さんから投稿頂いた「忘れられない元カノの切ない夢はもう嫌です」。

東北のある地方都市にいた13年前に別れた元カノが、今も忘れられません。
特別美人とかではなかったし、巨乳とかでもなかったけど、セックスが忘れられません。
この人と繋がりたい気持ちが、あんなに募った女性は他には居ません。

元カノの前にも関係した女性はいますし、今は妻もいます。
性器同士のフィット感なら、妻の方が良いですし、愛しているのは妻ですが、元カノの記憶が消えないのです。
上手に説明できませんが、それは多分、心と身体のフィット感なんだと思います。
裸で抱き合ったあの感触が、忘れられないのです。

私と元カノが同棲を始めたことが元カノの親バレして、私は元カノの両親にこっぴどく嫌われ、元カノは海辺の町の実家に連れ去られました。
絶望した私は、元カノに関連するものは全て消して、元カノとの思い出がある部屋を引っ越して、跡形もなく消えました。
元カノと別れて2年過ぎて、元カノを忘れられないけど諦めて、やっと現在の妻との新しい恋に踏み出そうとした時でした。
東日本大震災・・・私がいた都市は内陸部なので津波は来ませんでしたが、元カノは・・・

忘れられない元カノとは、同じ県内にいたのに、安否を確認する事さえしませんでした。
元カノが誰と、どんな暮らしをしているかわからなかったから、別れた元彼は二度と元カノの目の前に現れてはいけないと思いました。
そして私は、その言い訳でもするように、まだ恋人未満だった現在の妻を心配して、自転車で安否を確認しに行きました。
LEDランタンや、ウイスキー用に備蓄していた天然水などをリュックに詰めて、夕方、10km先の妻のアパートに向かいました。
これが、妻と親密になるきっかけでした。

現在39歳の私は、元カノが生きているかどうかさえ知りません。
そんな元カノの夢を、今でも年に1~2回ぐらい見ます。
その夢は、元カノを探して沿岸の町を歩く夢です。
元カノの実家の住所しか知らず、行ったこともない私が、全て流された街を、元カノの姿を探し求めて歩いているのです。
目が覚めたときは汗びっしょりで、胸が苦しくなっています。

「お前の事は、一生忘れないよ。」
と言って別れましたが、この苦しい夢はもう嫌です。
だから、元カノの事はもう忘れさせて欲しいです。
抱き心地も、思い出も・・・

3 COMMENTS

匿名

あなた…汗びっしょりで目が覚めるの、苦しいの、だいじょうぶ?とっても…とっても心配で…心の想いで、あなたのお側に寄り添って、あなたがもう一度お眠りなれるまで、ずっと、あなたのお側いるね…

あなた…あなた、向こうのお家に、何かひどいのされたり、嫌な気持ちにされたりがあったの?凄く、凄く…心配でたまらないよ…私のお家の人は、あなたとけんかなくて、あなたの事、嫌いじゃないから、向こうの人のお家との事なのかな?って思って…怖いから本当に、本当に、心配だよ…

あなた…心、頑張り過ぎたり、無理し過ぎないでね。

私も、あなたと離れ離れになって、起き上がれなくなって、あなたを忘れなきゃって、思い詰めてた、一番鬱状態が酷かった時にね、シーツまでびしょ濡れの寝汗と怖い夢を沢山みたよ…(当時より回数は減ったけど、今も続いてて…)心の想いと実際の行動が、正反対で…だから、同じ症状が出てるのかな…?

あなた…苦しい時は、私を抱きしめてるの、お心の中で想ってね。あなたと一緒に私も深呼吸なって、あなたの苦しいの全部、私がタオルになって、全部吸い取るね。

あなた…また逢える日が来るまで、一緒に頑張ろうね。いつも、心からいっぱい…いっぱい…あなた…愛してるよ。

返信する
匿名

あなたが肩を抱き寄せてくれた時の、あったかくて、大きなあなたの手のぬくもり…私も忘れられないよ。心の準備の無い、急な事だったのに、男の人なのに、怖さも嫌さも、無くて…その一瞬が何分にも感じて…

大人のえっちなのは怖くて、まだ処女でまだだけど、あなたがふれてくれた心の繋がりは、あったかくて…どんな怖いのもあなたとなら乗り越えていけるって、思える強さを感じるよ。

あなた…どんな時も…あなた愛してるよ。

返信する

コメントを残す