エッチ体験談 13,000話 突破!!

お姉ちゃんの悪戯好きで毎日ムラムラ

耕助さんから投稿頂いた「お姉ちゃんの悪戯好きで毎日ムラムラ」。

みんなのお姉ちゃんも同じなのかな?
僕のお姉ちゃんはエッチな悪戯が大好きで、毎日僕が寝てる間に布団に忍び込んで添い寝してくる。
普通に寝てたって朝目が覚めたら隣にお姉ちゃんが居たらビックリだけど、なぜか毎回全裸で添い寝してるから本当に困る。

しかも僕の顔がオッパイの位置にくるようにして抱きついてるからタチが悪い。
めをあけたら白くてモチモチした柔らかい物体と、その先っぽのフニフニした突起があるんだよ?
「おはよ、目が覚めた?」
「うわっ!またお姉ちゃん?いい加減ビックリするからやめてよね」
「なんでよ〜、起きたらお姉ちゃんのオッパイに埋もれてるなんて嬉しいでしょ?」
「お父さんとお母さんに見つかったらどうするのさ」
「大丈夫、夜中にコッソリ来てるから」
「そう言う問題じゃないでしょ!」
「そんな怒ったフリしなくても良いのよ?」
「フリじゃなくて怒ってるの!」
「その割にいつまでもオッパイに顔埋めてるじゃない」
「これはお姉ちゃんが抱きついてるからでしょ!」
「吸っても良いのよ?」
「もう!いい加減離してよ!」
「オッパイ吸ってくれたら離してあげる」
こんなやりとりが毎朝。
いくらお姉ちゃんだからって裸で抱きつかれたらムラムラしちゃうよ。
チンチン大きくなってるの気付かれないようにするの大変なんだから…。
僕がオッパイ吸わないと分かると残念そうに離れて布団から出てくれるんだけど、全裸だからお尻もアソコも丸見え。
「少しは隠してよ!」
「タダで見れるんだから良いでしょ?ほらほら、お姉ちゃんのアソコもお尻もよく見なさい」
「汚い場所見せないで!」
「汚いって何よ!ちゃんとお風呂入ってるから綺麗よ!」
「うわっ!顔の上に立たないでよ!」
これも毎朝のお決まり。
どうしても僕にアソコとお尻を見せたいのか、顔を跨いで仁王立ちするの。
一瞬だけでもハッキリ見えちゃうから、ますますチンチンが硬くなる。
急いで布団を被って見ないようにするけど、本当はもっとじっくり見たい。
でもそんな事したらお姉ちゃんが調子に乗るから嫌がるフリしなきゃならないんだ。
いつもはこのくらいで退散してくれるけど、この間はちょっといつもと違ったんだ。
「まったく…お姉ちゃんがこんなにサービスしてあげてるんだから喜びなさいよね」
もう退いてくれたかな?と布団を下げたらもう少しで顔につきそうなくらい腰を落としてて、間近でアソコとお尻を見ちゃった。
「んふふ…どうよ?これがお姉ちゃんのオマンコと肛門よ」
「あ…ああ…」
「触りたいとか舐めたいとか言うことあるでしょ?何か言ってよ」
「なんで…いつも僕を困らせるんだよぉ…」
「困らせてないわよ?喜ばせてるの」
「お姉ちゃんが毎日毎日こんな事するから見てよ!僕はいつもこんなになっちゃってるんだからね!」
もう我慢できなくて布団を蹴って大きく膨らんだズボンを見せる。
「あら…あらあら〜、お姉ちゃんでこんなに大きくしてくれるなんて嬉しい」
「このせいでなかなか布団から出れないんだよ!トイレに行きたくてもオシッコし難いから困ってるんだからね!」
「だったら小さくしちゃえば良いのよ」
「なかなか小さくならないから困ってるの!」
「それならお姉ちゃんに任せて」
お姉ちゃんがヨイショって僕の顔の上で反転して、今度は肛門がよく見えるような格好になる。
そして僕のズボンを下ろしてチンチンをだしちゃった。
「ええっ!?何するの!」
「気持ち良い事よ」
「やだやだ!変な事しないで!」
「おねえに任せれば大丈夫だから安心しなさい」
そう言って僕の口にアソコを押しつけて喋らないようにされ、チンチンを舐められた。
「ふぐぅ!ふむぅ!んむぅ!」
「耕助もオマンコ舐めてよ、そうすればお互い気持ち良くなれるから」
腰をクネらせてグリグリとアソコを押し付けられると、肛門も鼻に押し付けられるから息が出来なくなる。
鼻で息が出来なくて窒息しそうになるから、なんとか息をしようと口を開けた。
アソコが余計ピッタリと口に張り付いて全然息が出来ない。
手でお尻を上げようとしても押しつけられる力が強いから無理。
なんとか隙間を作って息をしないと死んじゃう。
舐めたくないけど、隙間を作るために舌を出してアソコを押した。
少しだけ隙間が出来てなんとか息をする事が出来るようになった。
「あはっ…お姉ちゃんのオマンコ舐めちゃったわね?美味しいでしょう?もっといっぱい舐めて良いのよ」
こんなオシッコする所舐めさせるなんて変だよ。
チンチンだってオシッコするから汚いのになんでお姉ちゃんは嬉しそうに舐めてるの?
意味が分からなくて、でも舐められると気持ち良くて何も考えられなくなる。
もうどうでも良いやとアソコを舐める事にした。
「やっとその気になってくれたのね?お姉ちゃんも本気でしてあげる」
チンチンが温かい物に包まれた。
中でペロペロと舐められたから、それがお姉ちゃんの口だと分かった。
まさか口にチンチン入れちゃうなんて思わなかった。
しかも口に含んで顔を上下させてるみたいで、唇でチンチンを擦られて舐められるだけよりも気持ち良い。
舌も蛇が絡み付いてくるみたいにチンチンに纏わりついてくるし、掃除機みたいに吸ってくる。
チンチンがおかしくなりそう。
お姉ちゃんのアソコも舐めてたらヌルヌルしたのが出てきて少し塩っぱい。
でも不思議と美味しいと思い始めた。
肛門に鼻が埋まるのも構わずに顔を押し付けてアソコを舐め続ける。
チンチンはもう張り裂けそうなくらいになってて、何かが出そうと思った瞬間にオシッコとは違う感じの何かが出た。
「ああ…今の何?オシッコじゃないよね?お姉ちゃんの口に出したゃったけど大丈夫?」
「んん〜、ん…はぁ…もしかして初めて出したの?」
「うん、今の何?」
「弟の精通を口で受けられるなんて幸せ…」
「精通?」
「今出したのは耕助の言う通りオシッコじゃないわ、精子って言って赤ちゃんの素になる物よ」
「ええ!?そんなの飲んで平気なの?赤ちゃん出来ちゃわない?」
「飲んでも赤ちゃんは出来ないわよ、赤ちゃん作るためにはオマンコにチンチン入れて中に精子出す必要があるの」
「良かったぁ…」
「試してみる?オマンコにチンチン入れると今のより気持ち良いわよ?もう一日中オマンコに入れていたくなるほどにね」
そんなに気持ち良いなら試しに入れてみたい。
でも赤ちゃん作るって結婚しなきゃダメなやつだよね?
僕とお姉ちゃんで結婚できるのかな?
年が離れすぎてるし、姉と弟だもんね。
「入れたいんでしょ?てか、お姉ちゃんもオマンコ舐められてチンチン欲しくなっちゃったから入れちゃうけどね」
腰が持ち上がってアソコが離れていっちゃう。
口とアソコが透明な糸で繋がってる。
プツンとそれが切れてアゴとクビにピチャって落ちる。
アソコから出たヌルヌルしたやつだ。
顔の上からチンチンの上に移動したお姉ちゃんが、チンチンを持って真っ直ぐ上に向ける。
「よく見てなさい、今からお姉ちゃんのオマンコにチンチンが入るからね」
ゆっくり腰を落としていって、本当に僕のチンチンがお姉ちゃんのアソコに入っていく。
熱くてヌルヌルしてる狭くて柔らかな物に包まれて本当に気持ち良い。
中に入っていくたびに気持ち良い範囲が広がっていく。
そしてチンチンが全部お姉ちゃんの中に入った。
完全に僕の上に腰を下ろして座ってるからチンチンがまったく見えなくなった。
「アソコの中すごい…気持ち良すぎてまたさっきの出ちゃいそう…」
「もう少し我慢してね、動くともっと気持ち良くなるからね」
お姉ちゃんが腰を持ち上げると、ヌルゥ〜っとチンチンが擦られて確かに気持ち良い。
全部抜け切る前にまた腰を落としてまた中に入れる。
お姉ちゃんのお尻が僕の太ももの付け根に当たってペチンペチンと音がする。
「それ気持ち良すぎ!もう出ちゃう!」
「もう我慢できない?」
「無理だよぅ…」
「中に出したら赤ちゃん出来ちゃうけど良いの?」
「抜いてよぉ!本当に出ちゃうから!」
「お姉ちゃんはまだ気持ち良くなりたいから抜いてあげない。お姉ちゃんと赤ちゃん作るの嫌なら我慢しなさい」
結婚もしてないし姉と弟で赤ちゃん作るのは何となくダメな気がして必死に我慢した。
でもちょっとだけ漏れちゃった。
「あ!少し出ちゃった!赤ちゃん出来ちゃう!」
「ふふ…もう我慢の限界なのね?中に出しても良いのよ?お姉ちゃんと赤ちゃん作りたかったらだけどね」
「も、もう無理!出ちゃう!」
全然抜いてくれる様子もなくて、我慢するのも限界だったから中で出ちゃった。
「あん…出しちゃったのね。お姉ちゃんと赤ちゃん作りたいなんて悪い弟ねぇ」
「き…気持ち良い…中に出してごめんなさい」
「良いのよ、それよりもっと中に出したい?中に出すの気持ち良いでしょう?」
「でも赤ちゃんが…」
「絶対にできるわけじゃないから大丈夫よ、すぐに出来る人もいるし、何度出しても何年も出来ない人もいるんだから」
「お姉ちゃんは?」
「赤ちゃん作った事ないから分からないわよ、だから耕助とお姉ちゃんで試してみましょ?」
赤ちゃんが出来ない人もいるって聞いて、それならお姉ちゃんの中に出しても赤ちゃん出来ないかもしれないって思ったから続けさせてもらう。
「もっと中に出しても良いの?」
「ね?気持ち良くて抜きたくなくなるでしょ?何回出しても良いわよ、その代わり今度は耕助が入れて腰を振ってね」
お姉ちゃんが腰を上げてヌポッとアソコからチンチンが抜けた。
ゴロンと寝転んだお姉ちゃんが足を広げて手でアソコを左右に開いた。
「この下の方に穴があるでしょ?そこにチンチン入れるの。今出した精子が出てきてる場所よ」
アソコをよく見ると白い物がトロトロと流れ出てきてる。
これが精子なんだと初めて知った。
知らずに見たらウミとかと勘違いして病気になったんじゃないかって心配しそう。
そんな事よりも今はアソコにチンチン入れなきゃ。
ヌルヌルしてて滑るからちゃんとチンチン持ってグイッと押し込んだ。
上手く入れられて良かった…。
「ちゃんと入れられたわね、偉いわ〜。そしたら腰を振ってチンチンを出し入れするのよ」
お姉ちゃんみたいに上手くパンパンて出来ないけど、それでも頑張って腰を振った。
「暑くなって汗かいてきた」
「上も脱いじゃいなさいよ」
「うん、そうする」
チンチン入れたまま腰振るの止めてパジャマの上を脱いじゃった。
これでお姉ちゃんだけじゃなく僕も裸だ。
「こっちおいで、裸でくっつくと気持ち良いわよ」
パタンとお姉ちゃんに倒れ込んで抱きしめてもらう。
服着てる時に抱き着かれるよりお姉ちゃんの肌を感じられて気持ち良い。
そのまままた腰を振ってオッパイを吸った。
「オマンコ突きながらオッパイ吸うなんて、耕助が赤ちゃんになったみたいね」
「僕は赤ちゃんじゃないもん」
「そうね、赤ちゃんはお姉ちゃんのオマンコにチンチン入れて腰振ったりしないもんね。むしろ赤ちゃん作ろうとしてるんだから大人だね」
「ねえ、また出そうなんだけどもう出しても良い?」
「さっきよりも長く頑張れたから出しても良いわよ、いっぱい出してお姉ちゃんと赤ちゃん作ろうね」
そう言われると凄く悪い事をしてる気になる。
でも中に出すのが気持ち良すぎてチンチン抜きたくないから中に出しちゃう。
「もう躊躇わずに中に出すようになったわね?まだやりたい?」
「やりたい!今日ずっとしてたい!」
「すっかりお姉ちゃんのオマンコが大好きになっちゃって…可愛い弟ね」
「良いでしょ?もっとお姉ちゃんの中に出させて!」
「でもそろそろお母さんが起こしに来る時間よ?」
「そんなぁ…」
「後でまた入れさせてあげるから今は我慢ね?」
「約束だよ?絶対後で中に出させてね」
「約束のチュウしてあげる」
時々チュウしてくるから、それと同じかと思ったら舌が入ってきた。
さっきはチンチンを口に入れて舐められたけど、今度は僕の口に舌を入れて僕の舌を舐めてくる。
すっごいエッチな気持ちになるチュウだった。
「コンコン…」
ドアがノックされてドキッとする。
「耕助起きてる?朝ご飯の時間よ」
お姉ちゃんも僕も裸だから急いで脱いだパジャマを集めて布団の中に入った。
「やっぱりまだ寝てたのね?お姉ちゃんもまた耕助の布団に入り込んで…二人とも起きなさい!」
「ん?お母さんおはよ、朝ご飯?」
「そうよ、お姉ちゃんも起きなさい」
「ふわぁ…おはようお母さん」
「おはようじゃないわよ、なんで毎日毎日耕助の布団に入ってるのよ」
「えー?だって耕助が可愛いんだもん」
「年の離れた弟だから可愛いのはわかるけど、そんなんじゃ弟離れ出来なくなるわよ?」
「別にいいもん弟離れ出来なくても」
「まったく…ブラコンなんだから。それよりも早く起きてご飯食べちゃって」
「今起きるから先に行ってて」
「また寝たら承知しないからね!」
お母さんがちょっと怒り気味でドアを閉めて去った。
「危なかったね」
「もう少し早く来てたら耕助がお姉ちゃんの中に精子出す所見られてたね」
「そしたら怒られるかな?」
「多分怒るよ〜、二人とも何してるの!って」
「やっぱりこれ姉弟でしちゃいけない事なの?」
「あ…バレちゃった。えへ…」
「いけないことだから気持ち良いのかな?」
「かもね、それでどうする?いけないことだからもうやらない?」
「そんなの嫌だよ、もっとお姉ちゃんの中に出したいからやろうよ」
「良かった…もうやめるって言われたらお姉ちゃん泣くところだったよ」
「こんな気持ちいいことやめられないよ」
「だよね〜」
お母さんに怒られたくないからパジャマ着て部屋を出た。
お姉ちゃんが後ろから抱きついてくるから歩きにくい。
「やっと来たわね?まったく…布団から出てもベッタリくっついて…」
「耕助もお姉ちゃんの事好きだから良いよね?」
「うん!お姉ちゃん大好き!」
「ほら、耕助もこう言ってるんだから良いじゃない」
「わかったから早く食べちゃって!片付けられないでしょ!」
二人並んで椅子に座ってご飯を食べるけど、この後またお姉ちゃんのアソコにチンチン入れられると思うと、そっちが気になってご飯の味が分からない。
いつもより早く食べ終わったらお姉ちゃんが隣でクスクス笑ってる。
やりたがってるの分かったんだね。
「ごちそうさま!お姉ちゃん早く遊ぼ!」
「あん!待ってよ、落ち着いて食べさせて」
わざとゆっくり食べてる気がする。
僕はもう今すぐチンチン入れたいのに。
「食べ終わったらすぐに行くから部屋で待ってて、ご飯の後はちゃんと歯を磨きなさいよ」
お姉ちゃんは急ぐつもりがないみたいだから、歯を磨いて部屋で待つ事にした。
布団はお母さんが片付けちゃってた。
お姉ちゃんの部屋はベッドだからそっちで待ってようかな。
向かいのお姉ちゃんの部屋に行って服を脱いでベッドに入って待つ。
お姉ちゃんの匂いがしてドキドキする。
枕に顔を埋めてシーツにチンチンを擦り付けた。
「お姉ちゃんのアソコに早くチンチン入れたいよぉ…」
そんな事をしてたらお姉ちゃんがやっと来た。
「こっちに居たのね?部屋に行ったら居ないからビックリしたわよ」
「お母さんが布団片付けちゃったからお姉ちゃんの部屋で待ってたんだ」
「枕に顔埋めて何してたの?」
「お姉ちゃんの匂いがしてドキドキしたから」
「服も脱ぎ散らかして…中でチンチン触ってたの?」
「触ってないよ、シーツに擦り付けてた」
「オマンコに入れるの想像して?」
「そうだよ!だから早く入れさせて!」
「わかったから落ち着いて、服を脱がせてくれる?」
お姉ちゃんの服を脱がすけど、ブラジャーの外し方が分からない。
「後ろにホックがあるからそれを外せば良いのよ」
言われた通りにしたら外れてオッパイが出た。
次はパンツだ。
この中に気持ち良いアソコと肛門がある。
スルッと下ろして足を抜いてもらったら脱がせるのも終わり。
「たぶんもうオマンコ乾いてるから、また気持ち良くして濡らしてくれる?」
「乾いてるとダメなの?」
「そうよ、上手く入らないし痛いのよ」
「舐めれば良いんだよね?」
「指で弄ってくれても良いわよ」
「どうやって弄れば良いの?」
「優しく色々と触ってくれれば濡れるからやってみて」
また舐め合った時みたいにお姉ちゃんが上に乗って顔の前にアソコと肛門を近付けてくれる。
お姉ちゃんはチンチンを口に入れてくれた。
僕は目の前のアソコを優しく触ってみた。
チンチン入れた時も舐めた時も思ったけど、指で触ると柔らかさがよく分かる。
穴から先っぽまでの間には何も無いみたいで平らな部分が多いんだなぁと見てたら、何か小さな穴が一つ空いてる。
ここはなんだろう?と指で弄ってみた。
「あっ…そこはオシッコの穴よ…」
「ここからオシッコが出るんだ…」
想像したらムラムラしてきて舐めちゃった。
「はうっ…やだ…オシッコの穴舐めてるぅ…」
「気持ち良い?」
「気持ち良いけどそんな所舐めちゃダメよぉ」
「お姉ちゃんだってチンチン口に入れてるじゃん」
オシッコの穴を舐めてたらアソコが濡れてきた。
「ヌルヌルしてきたよ」
「もっと濡れてから入れさせてあげるから気持ち良くして」
まだ入れちゃダメなんて酷いや。
チンチン入れる穴に指を入れてオシッコの穴の先にある小さな膨らみも舐めてみた。
「ああん!そこがクリトリスなのぉ!一番感じる場所だからいっぱい弄ってぇ!」
腰がすごい跳ねて一番気持ち良さそうな声出してくれた。
アソコの気持ち良さを教えてくれたお姉ちゃんにお礼のつもりでいっぱいソコを舐めた。
どんどんアソコからヌルヌルしたのが出てきて穴に入れた指がベチョベチョになった。
「上手いわ!お姉ちゃんもうイキそう!」
「どこにイクの?チンチン入れさせてくれないの?」
「ぷっ…あははは…違うわよ。変なこと言うからイキそびれたじゃない。イクって言うのは耕助が気持ち良くなって精子出す時みたいな事を言うのよ」
「お姉ちゃんも白いの出るの?」
「精子は出ないけど気持ちは同じような感じね」
「そうなんだ、邪魔してごめんね」
「今度はちゃんとイかせてね」
あの白いのが出そうな時に出さなくなったらって考えたら凄く嫌な気持ちになる。
今のお姉ちゃんをそんな感じにしちゃったのは僕だから、今度こそイかせてあげないとね。
またさっきみたいな声を出して感じ始めたお姉ちゃん。
「あ・ああ…イク…イキそう!」
邪魔しないように弄り続けたらアソコの穴が指をギュッと締め付けてくる。
お姉ちゃんの腰も上下にガクガクと小刻みに震えた。
イク時ってこんな風になるんだって初めて知った。
「今イッてるから弄っちゃダメ!ちょっと待って!」
気持ち良いなら続けても良さそうなのに、お姉ちゃんが弄るなって言う。
舐めるのも指を出し入れするのも止めると、少ししてお姉ちゃんの腰の震えも止まってきた。
「イッてる時に弄られ続けるとイクの止まらなくなるから感じすぎちゃうのよ」
「それってダメなの?」
「イキ過ぎると息が出来なくて苦しいの」
「そうなんだね、イキすぎなければ大丈夫?」
「5回くらいなら続けてイッてもまだ平気だけど…限界を試そうとしないでよ?お姉ちゃんおかしくなっちゃうから」
「しないよ〜、怒らせてチンチン入れさせてくれなくなったら嫌だもん」
「よろしい、イッたばかりのオマンコにチンチン入れてみる?まだ少しイクの残ってるからさっきとまた少し違った気持ち良さがあるよ?」
「入れたい!」
「今度は後ろから入れてみて」
僕にお尻を向けて猫がノビをするようなポーズをする。
まだヒクヒクしてるアソコにチンチンを入れてみた。
締め付けが強いし中も震えてて凄い気持ち良い。
「これがイッたばかりのアソコなんだね、気持ち良くてすぐに出ちゃいそう」
「ね?良いでしょ?今ならお姉ちゃんもすぐイクと思うから激しく突いてみて」
お尻を左右から掴んで一生懸命腰を振った。
パンパンてかなり大きな音がするくらい強く打ち付ける。
「ああ!良い!凄く良いの!チンチンで感じるぅ!」
「さっきよりもアソコが気持ち良い!もう出ちゃうよぉ!」
「もう少し頑張って!そしたらお姉ちゃんもチンチンでイケそうなの!」
「うう…我慢する…」
出したいけど我慢して腰を振り続けた。
また漏れそうになったけど、そこでお姉ちゃんが出すのを許してくれた。
「ああ!イク!イクから中に出して!」
「うん!出すよ!」
ああ〜、やっぱり何度出しても中に出すのは気持ち良い。
アソコの締め付けが物凄くて、全方向からギリギリとチンチンを押し潰そうとしてるみたい。
チンチン入れてる時にイクとこんな感じなんだと知って、もっとチンチンでイかせたいと思った。
「お姉ちゃんのオッパイ吸いながら中に出したい」
「じゃあ体位変えましょ」
チンチン抜いて仰向けになってもらった。
もう一度チンチンを入れ直して腰を振ってオッパイを吸わせてもらう。
「かなり慣れてきたわね、チンチンが良いところに当たるようになったし激しく動けるようになったからお姉ちゃんも気持ち良くなれて嬉しいわ」
「もっとお姉ちゃんにも気持ち良くなってもらえるように頑張るよ!」
「イク時のオマンコが気に入ったのね?」
「うん」
「じゃあ頑張ってお姉ちゃんをイかせてね」
今はイキやすくなってる感じで、またすぐにお姉ちゃんがイッてくれた。
初めて僕より先にイッてくれたのが嬉しい。
ビクビク震えるアソコを突き続けて僕もまた中に出す。
イッてる時は精子を中に出されても感じるみたいで続けてイッてた。
「今のは凄かったわ…お姉ちゃんを続けてイかせるなんてね」
「イッてる時に中に精子出すと気持ち良いの?」
「そうみたい」
「お姉ちゃんも初めての経験?」
「そうなのよ、だいたい先に相手がイッて終わっちゃうからお姉ちゃんがイク事自体少ないわよ」
それなのに僕で何度もイッてくれたなんて嬉しい。
「ねえ、オマンコに出すのも良いけど今度はお姉ちゃんの口に出してくれない?また飲みたいの」
「良いよ、お姉ちゃんの口も気持ち良いんだよね」
アソコからチンチン抜いてお姉ちゃんの口に近付けたらすぐに口に入れてくれた。
しゃぶってくれてる所を初めて見れたけど、こんな風に頬を窄めて吸ってくれてたんだね。
口を大きく開けて舌を出して舐めてくれたりして、ものすごくエッチな感じがする。
よく見たらお姉ちゃんは自分でアソコを弄りながらチンチンをしゃぶってた。
オッパイが空いてるからちょっと揉んでみる。
「んふ…こんな風にフェラチオ出来るなんて幸せ…」
「乳首が硬くなってるね」
「気持ち良いんだもん」
「僕も気持ち良くてもう出そう」
「いっぱい出してお姉ちゃんに飲ませて」
しゃぶるのが激しくなった。
そのまま口に出してあげたらゴクゴク飲みながらまたイッたみたい。
ビクビク震えてるから分かった。
「弟の精子飲んでイッちゃったぁ…」
「凄くエッチだったよ」
「耕助はオッパイ好きよね?チンチン挟んでみる?挟んで擦るのも気持ち良いのよ」
「やってみたい!」
お姉ちゃんを跨いでオッパイにチンチンを挟んで腰を振ってみた。
「フワフワなオッパイに挟まれるのも気持ち良いね!」
「でしょう?出したくなったらそのまま出してお姉ちゃんにかけて良いわよ」
お姉ちゃんに精子をかける…なんかエッチだ。
僕の精子で汚れたお姉ちゃんを見てみたくなって腰をいっぱい振った。
「もう出るよお姉ちゃん」
「お姉ちゃんに精子かけて!耕助のでドロドロにして!」
下を向いて口を開けて僕が精子を出すのを待ってる。
オッパイに挟まれたまま出したら、口にも少し入ったけど顔にたくさんかかった。
最後の方は首やオッパイの谷間の上にかかって、お姉ちゃんがオッパイで強く挟んで搾り出してくれのは谷間の中に出た。
「見て、こんなにいっぱい汚れちゃった…かけるの気持ち良かった?」
「うん、でもアソコの中に出すのが一番気持ち良い」
「口は?」
「あそこの次に気持ち良い」
「じゃあ時々かからくらいならどう?」
「それならやりたいかも」
「かける時は好きな場所にかけて良いからね、顔でもオッパイでもお尻でも」
色んな楽しみ方があるんだなぁ。
「ねえ、そう言えば肛門も穴だよね?チンチン入れたら気持ち良いのかな?」
「えっ…そこに気付いたの?」
「お姉ちゃんは知ってるの?やった事ある?」
「一度無理矢理入れられた事はあるけど、あまりにも痛かったからそいつを蹴飛ばして別れたわ」
「痛いんだ…じゃあやらない方が良いね」
「でも耕助がやってみたいなら入れても良いよ」
「でもお姉ちゃんは痛いんでしょ?そんなの嫌だよ」
「優しいね、お姉ちゃんが入れられた時は無理矢理だったから痛かったんだと思うよ?」
「それじゃあ入れてみても良い?もしお姉ちゃんが痛かったらすぐに抜くし、入れてる途中でも止めるから」
「そうやってお姉ちゃんのことを一番に考えてくれるなら安心だね。肛門はオマンコと違って弄っても濡れないからローション使うのが一般的なんだけど、お姉ちゃんはローション持ってないからチンチンいっぱい舐めて唾つけるね」
「ローション?」
「オマンコからヌルヌルしたの出るでしょ?それと似たような液体が売ってるのよ」
「へ〜、それの代わりに唾たくさんチンチンに付けるの?僕もお姉ちゃんの肛門舐めて唾つけた方が良い?」
「嫌じゃない?ウンチする穴だよ?」
「オシッコする穴も舐めたし、お姉ちゃんの肛門なら舐められると思う」
「それなら舐めてもらおうかな?でも無理はしないで良いからね」
チンチンとアソコを舐め合った時と同じ格好になって肛門をよく見る。
舐めれると言ったけど、本当に舐めようと思うと少し考えちゃう。
でも僕の我儘で肛門にチンチン入れさせてもらうんだし、このくらいやらなきゃお姉ちゃんに悪いよね。
いきなり舐めるのは勇気が出ないから、指で触ってその指を口に入れてみた。
少しウンチの匂いがするけど平気かも?
考えてみたら朝も鼻に肛門押しつけられてたんだよね。
鼻と口は近い場所にあるんだし、肛門触った指を口に入れられるなら直接舐められるはず。
チンチンをしゃぶってくれてるお姉ちゃんの為に勇気を出して肛門を舐めた。
一度舐めちゃえばもう抵抗は無くなって普通に舐められる。
ウンチの匂いもエッチな感じに思えてきて、キュッと閉じた肛門を広げて内側に隠れた部分も舐めてみた。
一舐めするたびにキュッと肛門が閉じるから、そのたびに広げ直して舐める。
だんだん硬さが取れてきて柔らかくなってきた。
指を口に入れて唾を沢山つけて肛門に入れてみる。
ヌブゥ〜っと付け根まで指が入ったけど、お姉ちゃんは何も言わない。
ゆっくりと指を出し入れしてみる。
あれ?肛門弄ってるのにアソコがまた濡れ始めた。
気持ち良いのかな?
「指入れてみたけど痛い?」
「大丈夫…耕助の指が出入りしてると思うと興奮しちゃってオマンコ濡れちゃうわ」
「だからヌルヌルしたのがまた出てきたんだね、これをチンチンに塗れば入れやすそうだね」
「それもそうね、でも唾もたくさん付けとくわ」
「僕もたくさん舐めておくね」
指を抜いて匂いを嗅いでみた。
表面よりも匂いが強いし何か黄色っぽい汁が付いてる。
チンチン入れたらこの指みたいになるんだね。
もうウンチの匂いは僕を興奮させるだけだから、迷わずに口に入れて味わった。
独特の味がするけど不味いとは思わない。
可もなく不可もなくって味で、それよりも肛門に入れて汚れた指を舐めてるって事自体がエッチで興奮する。
「そろそろどうかな?チンチン入れてみて良い?」
「優しくゆっくり入れてね」
「もし入りにくかったらアソコに一回入れてヌルヌルしたのつけてまたやってみるね」
唾がたっぷり付いたチンチンを握って肛門に押しつけてみる。
肛門の中も外も僕の唾がたくさんついてるし、チンチンもお姉ちゃんの唾がたくさんついてるから入りそうなのになかなか入らない。
無理するのはやめて一回アソコにチンチンを入れる。
何度か腰を振ってたっぷりヌルヌルを付けてからまた肛門にチャレンジ。
「少し力抜いてくれる?肛門がギュッて閉じてて入れ辛いよ」
「ごめんね、痛かったの思い出して緊張してた」
痛い思いしたらそうなるよね。
大きく一回深呼吸したお姉ちゃんの肛門から力が抜けた。
チンチンの先を擦り付けてそのまま押し込んでみる。
ズブっと先っぽが入った。
「先っぽ入ったけど痛い?やめた方が良い?」
「だい…じょうぶ…そのまま奥まで入れて…」
なんだか辛そうな声だけど、入れて良いならと更にチンチンを押し込んでいく。
ズブズブと肛門の中にチンチンが埋まっていって、ついに全部入った。
「全部入ったよ、本当に大丈夫?無理してない?」
「大丈夫、変な感じだけど全然痛く無いよ」
「動いても平気そう?」
「ゆっくりお願い」
アソコみたいに激しくしない方が良いみたい。
ゆっくりゆっくりチンチンを出し入れする。
本当にお姉ちゃんの肛門にチンチンが出たり入ったりしてる。
凄いエッチな光景だなぁ。
「耕助のチンチン気持ち良いよ、耕助はお姉ちゃんの肛門気持ち良い?」
「気持ち良いよ、それにウンチする穴に入れてると思うと興奮する」
「出す時は中に出して良いからね」
「うん、口にもアソコにも出したし、肛門の中にも出したらお姉ちゃんの中は全部僕の精子でいっぱいになるね」
「そうね、もう耕助に全部お姉ちゃんの中を精子まみれにされるね」
「嬉しい?」
「嬉しいよ。それにさっき顔とオッパイにもかけてもらったし、外も全部耕助の精子まみれにしてくれたらもっと嬉しいな」
「肛門の中に出したら次はいっぱいかけてあげる」
「お姉ちゃんの中も外も耕助の匂い染み付けてね」
僕のチンチンはもうお姉ちゃんの匂いが染み付いてそうだけどね」
「他の人に使っちゃダメだよ?お姉ちゃんのなんだから」
「うん、こんなエッチな事はお姉ちゃんとだけにするよ」
「ありがと。慣れてきたからもう少し激しくしても良いよ」
さっきよりも肛門に硬さが無くなってきた。
少しだけ激しく腰を振ってみる。
「肛門も気持ち良いよ、これからはオマンコでも肛門でも好きな方にチンチン入れて良いよ」
「口は?口でもして欲しいんだけど」
「もちろん口に入れたかったら入れて良いよ、その代わり飲ませてね?」
「うん、飲んでもらうのも好きだから絶対飲ませるよ」
「お姉ちゃんの体は全部耕助にあげるね」
「僕も全部お姉ちゃんにあげるからこれからもいっぱいエッチな事しようね」
「お母さんとお父さんには内緒だよ?怒られちゃうからね」
「うん。そろそろでそうだから中に出すよ」
「肛門に中出しさせるのってどんな感じなんだろ…楽しみだなぁ」
「奥に出してあげる」
グリッと奥を突いてそこに精子を出した。
「ああ…こんな感じなのね…気持ち良い…」
「アソコの中に出すのとどっちが気持ち良い?」
「オマンコの方が気持ち良いけど、肛門の中に出されるのも気持ち良いよ。内側から温かくなるし中で耕助がイッてるのが嬉しいの」
「それなら良かった…もう一回続けて出しても良い?」
「好きなだけ使って出して」
また少し激し目に腰を振る。
やればやるだけ肛門がチンチンに馴染んでいくみたい。
今度は少し手前に出して、出しながら腰を振って入口から奥まで精子を塗り込んでいく。
「わかる?手前から奥までチンチンで精子を塗り込んでるんだよ」
「分かるよ…これで耕助専用の肛門って印でしょ?」
「そう、他の人に使わせちゃダメだよ?」
「使わせないわよ、耕助だから特別に入れるの許したんだもん」
「アソコも口もだよ?」
「オッパイもね」
「その代わり僕のチンチンもお姉ちゃん専用だから」
「私達いけない姉弟だね」
「でも気持ち良いからやめられないよね?今日も一緒に寝てくれる?」
「今日はお姉ちゃんの部屋で寝ない?たまには良いでしょ?」
「うん!ここで寝るよ!」
「後でお風呂も一緒に入ろうね」
「お母さんが許してくれるかな?」
「大丈夫、何言っても入っちゃえば良いんだから」
お姉ちゃんは強いなぁと思った。
肛門からチンチンを抜いたら黄色っぽい液体と小さなウンチの欠片が付いてる。
肛門はチンチンの大きさに開いてて中が見える。
指を入れて少しだけ広げて覗き込んだら、手前から奥にかけて白いドロドロとした精子が溜まってるのが見れた。
「肛門が開いてたから広げて中見たら精子が溜まってるの見れたよ」
「エッチ」
「僕のチンチンにもお姉ちゃんのウンチと何だか黄色っぽい液体が付いてて凄いエッチな感じになってる」
「見せて」
「ほら」
「ウンチは恥ずかしいからこれで拭いて」
ティッシュを渡されたからウンチを拭いて取った。
「この黄色っぽいのなんだろうね?」
「もしかしたら腸液ってやつかもしれないわね」
「腸液?」
「そう、食べ物を消化する時に色々出すのよ。腸も同じように出すみたいだし、チンチンで擦られてそれが刺激になって出たのかも」
「チンチン溶かされちゃう?」
「大丈夫よ、胃液みたいに溶かされないから安心して」
「良かったぁ…」
「嗅いでみても良い?」
「良いよ、これがお姉ちゃんの肛門の中の匂いだよ」
「くさっ…でもこんな中にチンチン入れてくれたのよね?しかも中出しまで…」
「興奮したよ。気持ち良かったし」
「さっき指入れてたけどそれはどうしたの?」
「舐めちゃった」
「こんな感じになってた?」
「ウンチは付いてなかったけど黄色い液体は付いてたよ」
「そう…」
お姉ちゃんが何か覚悟を決めたような顔でチンチンをしゃぶり始めた。
「お姉ちゃん?」
「こんなに汚れるの分かってて肛門を気持ち良くしてくれたんだもの、せめてお姉ちゃんに綺麗にさせて」
たっぷりと時間をかけて舐めて吸われた。
「ふぅ…これで綺麗になったわね」
「ありがとお姉ちゃん」
「良いのよ、自分ので汚しちゃったんだもん」
不意打ちでキスして舌を入れた。
ウンチ味のキスが興奮する。
「ぷはっ…今汚れたチンチンをフェラしたばかりなのに気にしないの?」
「全然、お姉ちゃんのだから気にならないしむしろ興奮するよ。だからもっとキスしよ」
凄くお姉ちゃんが喜んでキスしてくれた。
こんなに強く抱きついて足まで絡めてもらえるなんて幸せ。
ずっとこの時間が続けば良いと思う。
「コンコン…」
僕とお姉ちゃんの時間を邪魔するノックの音が聞こえた。
床に落ちてる服をまとめてベッドの下に押し込んで、バッドに入って布団を被る。
「二人ともこっちに居る?やだ、また寝てるの?牛になるわよ?」
「何?なんか用?」
「夕飯の買い物行ってくるから留守番お願いね」
「わかった」
それだけ言ってお母さんが出て行った。
「ビックリしたね」
「窓から見送ろうか?」
「それよりまたお姉ちゃんのアソコにチンチン入れたい」
「じゃあお母さん見送りながらチンチン入れる?上だけ服着れば下は見えないし大丈夫だよ?」
「面白そう!やろうやろう!」
「急いでシャツ着ないと間に合わないよ」
ベッドの下からシャツを引っ張り出してすぐに着る。
窓際に移動してお母さんの姿を探した。
「もう行っちゃったかな?」
「今玄関で音がしたから何か準備してたんじゃない?」
ワクワクしながらアソコにチンチン入れて待った。
玄関の方から道路に出るお母さんの姿が見えた。
「いってらっしゃい」
お姉ちゃんと僕が声をかけたらお母さんが振り返って手を振ってくれた。
窓の下じゃお姉ちゃんのアソコにチンチン入れて腰を振ってるけど、気持ち良いのを顔に出さないようにして頑張る。
何度も振り返って手を振ってくれるお母さん。
「お母さん見送り嬉しかったのかな?何度も振り返ってたね」
「嬉しかったんじゃない?まあ、子供達がセックスしながら見送ってるとは思ってないでしょうけどね」
「セックス?」
「オマンコや肛門にチンチン入れて気持ち良くなる事をセックスって言うのよ」
「そうなんだ、オマンコって言葉もよく使うけど、アソコの事?」
「そうよ、今度からオマンコって言ってね?」
「肛門は肛門だよね?」
「アナルとも言うけど、肛門の方がエッチじゃない?」
「うん、僕もそう思う」
「今日は色々勉強したね。赤ちゃんの作り方も実践してるし気持ち良いセックスも覚えられたでしょ?」
「うん、お姉ちゃんのおかげだよ」
「たぶん耕助くらいの年でここまでしてる子は他に居ないと思うよ」
「そうなんだ?」
「そうよ」
「ありがとねお姉ちゃん。また出る!」
「あはぁ…何度もこんなに出せるなんて凄すぎぃ…良い弟をもってお姉ちゃん幸せよ」
「お父さんも出掛けてるみたいだし、他の部屋でもセックスしてみたいなぁ」
「じゃあお父さんとお母さんの寝室でしちゃう?」
「行こう行こう!」
裸のまま移動して両親が普段寝てるベッドでセックス。
「お父さんとお母さんもここでセックスしてるんだよね?」
「夫婦なんだからそうでしょうね」
「そこで僕とお姉ちゃんがセックスするなんて興奮するね」
「そうね、しかも中出しだもん。自分達が普段子作りしてるベッドで子供達まで子作りしてるなんて知ったらどんな顔するのかしらね?」
「凄く怒りそうだよね」
「そうね、でもやめる気ないでしょ?」
「うん、お姉ちゃんの中に出すよ」
「それで良いのよ」
これで本当にお姉ちゃんに赤ちゃん出来たらどうするんだろう?
でももうそれでも良いかと思ってる。
両親の寝室でセックスした後は色々場所を変えてセックスした。
そろそろお母さんが帰ってくるだろうから、またお姉ちゃんの部屋に戻って窓から顔を出して待った。
「あ、お母さんじゃない?あそこ歩いてるの」
「どこ?あ、本当だ」
チンチンとオマンコを触り合いながら手を振る。
お母さんも気付いて手を振りかえしてくれた。
近くまで来たから声を掛けた。
「おかえりなさい」
「ただいま」
「荷物多いね、手伝う?」
「そうね、玄関開けてくれたら嬉しいな」
僕はパパッとズボンを履いて、お姉ちゃんはスカートだけ履いて玄関に行ってドアを開ける。
片手に三つくらい荷物持ってたけど、それを2個と1個に分けて両手で持って立ってた。
「ありがとう、仲良くしてた?」
「うん」
「心配しなくても大丈夫よ」
「それもそうね、朝からベタベタしてたものね」
「僕達大好き同士だもんね」
「ね〜」
「はいはい…これから夕飯の支度するから待っててね」
「じゃあお姉ちゃんとテレビでも観ながら待ってようか?」
「うん」
リビングのソファーに並んで座ってテレビを点ける。
後ろの方をチラッと見るとお母さんがキッチンで支度を始めた。
下を向いて何か切ってるから、お姉ちゃんとキスした。
横目でお母さんを確認しながら舌を絡めて、早めにキスをやめる。
テレビに向き直ってオマンコとチンチンを触り合う。
「もう少しテレビの音量下げてくれる?結構大きいわ」
「わかった〜」
ちょっとだけ音を下げてお母さんに確認。
「これくらいで良い?」
「ええ」
また別の物を切り始めたのかな?
下を向いてトントンと包丁を使ってる音がする。
お姉ちゃんがコテンと僕の膝に頭を乗せてきて、チンチンをしゃぶってくれる。
「興奮してるでしょ?」
「うん、でもお姉ちゃんもだよね?」
「そりゃそうよ、だって後ろにお母さんが居るのにこんな事してるんだもん」
「オマンコビッショリだもんね」
「今日ハンバーグだけど何個食べる?」
「僕2つ!」
お姉ちゃんがしゃぶるのやめて体を起こして、お母さんの方を向いてソファーの背もたれに手をついた。
「いつもの大きさ?」
「そうよ」
「今日はいっぱい遊んで疲れたから私も二つ食べようかな」
そう言いながら片手でスカートを捲ってお尻を出した。
ここで出されたって事はチンチン入れて良いって言ってるんだよね?
お姉ちゃんとお母さんが話をしてるけど、お母さんは料理しながらだから下を向いてる。
お姉ちゃんの後ろに立ってオマンコにチンチンを入れた。
料理をしてるお母さんを見ながらセックス出来るなんて最高!
見られた時に変に思われないようにお姉ちゃんの背中から抱きついてシャツの下から手を入れてオッパイを揉んだ。
「まったく…またそんなにくっついて」
ボーッと立って腰振ってたら危なかったかも。
お母さんがチラッとこっちを見たけど、僕がお姉ちゃんに甘えてるようにしか見えなかったみたい。
「良いじゃん、喧嘩ばかりしてるより仲良い方がお母さんも嬉しいでしょ?」
「そうだけど…あんた達は少しくっつきすぎじゃない?」
「別に私は嫌じゃないし、耕助も私に甘えたがってるんだから良いじゃない」
「はいはい…」
結構バレないんだなぁ。
ソファーの背もたれで隠れてるしお母さんと真っ直ぐ向き合ってるからかな?
「お姉ちゃん良い?」
「ん?良いよ、もっとギュッとしてきな」
「お姉ちゃん大好き」
「先が思いやられるわね…」
こっちを見てお母さんがため息をついた。
僕はその時お姉ちゃんのオッパイを鷲づかみにしながらオマンコの中に精子を出した。
中に出してるところをお母さんが見てる。
お姉ちゃんと赤ちゃん作るためのセックスしてるところを。
お母さんは食材を切り終わったのか、今度はボウルに集めて捏ね始めた。
オマンコからチンチンを抜いて一回ズボンの中にしまう。
お姉ちゃんもスカートを直した。
「近くで見ようか?」
「うん」
カウンターの前まで行って椅子に乗って中の様子を見る。
肉と玉葱を捏ねる手つきが面白い。
指の間からニュルンて肉がはみ出してくるんだ。
捏ね捏ねしてるの見るのは飽きない。
「この作業してるの見るの好きねぇ」
「面白いもん」
「でももう終わっちゃうわよ、後は形を整えて焼くだけ」
「手と手の間をパンパンてするのも面白いから好き」
一人でキャッチボールしてるみたいなんだよね。
お母さんが器用にパンパンとハンバーグの種を手の中で往復させる。
それを見ながらお姉ちゃんが僕のズボンを下げてチンチンを触ってくる。
こんな近くにお母さんが居るのに。
シコシコと擦られて気持ち良い。
全部の種を作り終えてフライパンで焼き始めた。
ジュージューと音を立てて肉の焼ける匂いがしてくる。
コンロはキッチンの奥にあるからカウンター越しだと見にくい。
もう面白い作業も無いし、お姉ちゃんとセックスして待ってようかな。
お姉ちゃんの耳に顔を近付けて話をする。
「ねえ、後は焼けるの待つだけだしあっちでセックスしてようよ」
「そうね、お姉ちゃんもまたチンチン入れて欲しいから行こっか」
ソファーに戻って今度は向かい合ってチンチンを入れる。
ハンバーグが焼ける音とテレビの音で激しく腰を振っても気付かれないはず。
パンパンと打ち付ける音はここなら分かるけど、お母さんには聞こえてないよね?
チラチラと僕がお母さんの方を確認しながら腰を振ってお姉ちゃんとキスする。
「気持ち良いね」
「うん、さっきもだけどこんな近くにお母さん居るのにお姉ちゃんとセックス出来て中に出せるなんて最高だよ」
「お姉ちゃんも興奮しすぎてもうイキそう」
「一緒にイこう」
「お母さんはまだ大丈夫?」
「うん、コンロの前から動いてないよ」
「じゃあキスしながら中に出して」
思い切り舌を絡め合って中に出した。
「んふ…ふぅぅん…はぁ…気持ち良い…」
「僕も…お姉ちゃんとなら一日中でも出せるよ」
「明日も休みだし朝からセックスしようね」
「うん、いっぱい中に出すし顔にも体にも精子かけてあげる」
「飲ませてくれるのも忘れないでね?」
「うん」
そろそろ焼けるかな?と思ってチンチン抜いたらお母さんから声が掛かった。
「あんた達の分焼けたわよ〜、自分で取りにきなさい」
「は〜い」
服を直してキッチンに取りに行く。
お母さんのハンバーグ好きなんだよね。
なんとかソースってのを温めてる鍋からよそって掛けてもらったらテーブルに運んだ。
お姉ちゃんも遅れてテーブルに来て、その後お母さんも来た。
「お父さんはまだ帰ってこないし、先に食べちゃいましょう」
「いただきます」
「はい、あ〜ん」
お姉ちゃんがさっそく一口分に切り分けたハンバーグを食べさせてくれる。
僕もお返しに食べさせてあげる。
「遊んでないでちゃんと食べなさい」
「遊んでないよ?食べさせ合いっこしてるだけだよ」
「ソースがこぼれるでしょ?普通に食べなさい」
怒られたから自分で食べる。
お姉ちゃんも残念そうに自分で食べてる。
ラブラブ出来ないのはつまらないけど、ハンバーグは美味しかった。
食べ終わって一休みしたらお風呂だ。
「そろそろお風呂入ろ?お姉ちゃんが洗ってあげるよ」
「やったー」
「耕助?あんた一人で入れるでしょ?」
「でもお姉ちゃんが洗ってくれるって言ったもん」
「お姉ちゃんもどうしたの?今日のあんた達いつもと違うわよ?」
「たまには良いでしょう?可愛い弟とお風呂入りたくなったのよ」
「変な事しちゃダメよ?」
「何よ変な事って」
「なんだか今日のあんた達見てると不安になるのよね」
「考えすぎよお母さん」
「それなら良いんだけど」
「って事でお風呂行くわよ」
お姉ちゃんに手を引かれて着替えをとりに一回部屋に戻る。
それからお風呂場に向かって洗面所と脱衣場が一緒になった所で服を脱いだ。
「お母さんが気にしてたのって何?」
「いつもこんなにお姉ちゃんとベタベタしてなかったでしょ?だから心配したのよ」
「なんで?」
「ほら、妙に仲良くなってるからいけない事してるんじゃないかって」
「あ、なるほど」
「まあ、その通りなんだけどね」
「だね」
「お風呂でも気持ち良い事しようね」
「うん」
お風呂場に入ってドアを閉めたらチンチンをしゃぶってくる。
「お姉ちゃんてチンチンしゃぶるの好きだよね」
「耕助もしゃぶられるの好きでしょ?」
「うん」
「これはフェラチオって言うのよ、覚えてね」
「わかった、フェラチオだね」
「略してフェラって言う人も多いからどっちでも良いわよ」
「ふ〜ん、そうなんだ」
「お風呂だからどれだけお姉ちゃんに掛けても良いし、飲ませてくれるならこのまま口の中に出して良いわよ」
「じゃあ顔にかけさせて」
「口にも少し入れてくれたら嬉しいな」
「口開けてチンチン擦ってお姉ちゃんが自分で受けてくれる?」
「あはっ…自分でぶっ掛けをさせようなんてエッチなんだから」
「僕の精子で汚されたいんでしょ?」
「そうよ、今日は中にたくさん精子出してくれたから外も汚してほしいの」
「じゃあ自分で顔で受けてね」
「ああ〜ん、興奮しちゃう」
口を開けてチンチンをシコシコ擦って先っぽを舐めて精子を出させようとしてくる。
「もう出るよ」
少し顔を上向きにして口を開け、舌を伸ばして精子を受ける準備をする。
上手く顔の方にチンチンを向けて出させてくれたから、ビチャっと顔の真ん中辺に精子が飛んだ。
開けた口と伸ばした舌の上にも精子が乗って嬉しそう。
「ちょっと顔下げて」
「これでいい?」
「うん、顔中にチンチンで精子塗り伸ばしてあげる」
お姉ちゃんの頭を両手で持って顔にチンチンを擦り付けた。
それで精子が全体に塗り伸ばされていく。
「はぁぁ…幸せ…チンチン擦りつけてくれるのも精子を顔中に塗り伸ばしてくれるのも嬉しすぎるぅ」
「終わったからフェラチオして」
半開きの口にチンチンを入れてしゃぶってもらう。
「んむっ…んふぅ…」
僕からお姉ちゃんの口にチンチン入れたのは今日初めて。
「僕のチンチンしゃぶれて嬉しいでしょ?次は飲ませてあげるよ」
そう言ったら凄い吸われた。
そんなに飲みたかったのかな?
激しすぎて我慢できなかった。
ドプッと口の中に出してあげる。
「まだ飲まないでね?出し終わったら口開けて見せて」
「ん…」
残さず吸い出してもらってから口を開けて見せてもらう。
肛門の中を見た時から思ってたんだ。
僕の精子を口に溜めたお姉ちゃんはエッチだろうなって。
思った通り凄くエッチ。
「舌動かしてみて」
精子と涎が舌で混ぜ合わされてく。
「ありがと、飲んでいいよ」
すぐに口を閉じてゴクリの飲み干してくれた。
「なんであんなプレイを知ってるの?」
「肛門の中を見せてもらったでしょ?その時に思いついたんだよね」
「そうなの?お姉ちゃん耕助に飼われてるみたいでゾクゾクしちゃったよ」
「また何か思い付いたらするね」
「毎日お姉ちゃんに指示しても良いのよ?ペットみたいな扱いしてくれたらお姉ちゃんゾクゾクしてそれだけでイクかも」
「急には無理だから少しずつ頑張ってみるよ」
「お願いね?セックスも『やらせて』じゃなくて『オマンコ出せ』って指示してくれたらどこでも喜んでオマンコ出すから」
「そんな感じで良いの?」
「そうよ、お姉ちゃんを物のように扱ってみて。さっきもいきなり口にチンチン入れたでしょう?あんな感じが好きなの」
「わかった」
顔に精子を付けたまま軽く体を流してお湯に浸かるお姉ちゃん。
僕も軽く体にお湯を掛けてからお湯に浸かった。
「後ろ向いて肛門見せろ」
「はぅん!これで良い?」
「自分で指入れて広げて中を見せるんだ」
「はい…ん…こうですか?」
「中まで丸見えになってるよ、お姉ちゃんはエッチだなぁ」
「もう良い?」
「まだそうして広げてろ」
「は、はい」
開いた肛門に更に僕の指を入れて腸を弄る。
「気持ち良いか?」
「はぁっ…はぁっ…気持ち良い…」
「まだそのままだぞ?」
オマンコからヌルヌルが出始めたからチンチンを擦り付けてビチョビチョにしたら、開かせた肛門にチンチンを入れる。
「手を離して良いよ、こうやって僕の好きなように使って良いんだよね?」
「そうなのぉ!お姉ちゃんは耕助のチンチン奴隷なのぉ!だからたくさん使ってぇ!」
「肛門こんなに締めて…感じてるんだね?エッチすぎだよ」
「ごめんなさいぃ…気持ち良くて締まっちゃうのぉ…」
「これでオマンコも触ったらどうなるのかな?」
試しにオマンコも触ったらチンチンが千切れそうなくらい肛門が締まった。
「あはっ!それ!ダメになるぅ!」
「そんなに良いんだ?これからは肛門とオマンコを一緒に弄ってあげるよ」
「どんどん耕助好みの体に開発されてくぅ!」
「僕専用の体ならそれで良いよね?」
「そうしてぇ!耕助無しじゃいられない体にしてぇ!」
ビクンビクンと震えてイッたから僕も肛門の中に出した。
「ふぅ〜、何度出しても飽きない体だなぁ」
「肛門でイッたぁ…幸せ…」
「ほら、休んでないでチンチンしゃぶりなよ」
抜いたばかりのチンチンをしゃぶらせる。
ちょっとウンチ付いてたけど良いよね?
しっかりしゃぶらせたらオマンコに入れてキスする。
ウンチ味のキスは美味しいね。
お風呂の中で口もオマンコも肛門も好きに使わせてもらって、それぞれの中に出した。
これはこれで楽しいけど、僕はラブラブなセックスもしたいなぁ。
「お姉ちゃん、こんなのも良いけど、やっぱりラブラブのセックスの方が僕は好きだよ」
「じゃあ時々でも良いから物扱いしてくれない?」
「時々なら良いよ、慣れないから疲れるんだ」
「無理しない程度でいいからね」
やっと普通のお姉ちゃんに戻ってくれた。
お湯の中でキスしてたらお母さんが様子を見にきた。
「あんた達長いこと入ってるけど大丈夫?」
「大丈夫だよ〜」
「そろそろ上がりなさいよ?のぼせるわよ」
「は〜い」
まだドアの前に立ってるけどお姉ちゃんとキスする。
曇りガラスだし中は見えないよね?
「出よっか」
「うん、もう出るからお母さんあっち行ってて」
お姉ちゃんもぼくも全然洗ってないや。
それに気付いて、お母さんが出て行った後で急いで洗って出た。
体を拭いてる時もオマンコ触らせてもらう。
「気持ち良いけど下着が履けないよぉ」
「お母さんが待ってるんだったね」
触り足りないけどやめてお母さんのところに行く。
「出たよ」
「まったく、全然出てこないからのぼせて倒れてんじゃないかと心配したわよ?」
「ごめんねぇ、耕助とお風呂入るのが楽しくて話しすぎちゃった」
「無事なら良いわよ」
「部屋戻るね」
「あ、まだ耕助の布団敷いてないから一緒に行くわ」
「今日はお姉ちゃんと一緒に寝る約束したから大丈夫だよ」
「いつもお姉ちゃんが隣に寝てるじゃない」
「そうじゃなくて、お姉ちゃんのベッドで寝るの」
「そう、なら敷かなくて良いわね。おやすみ」
「おやすみなさい」
お姉ちゃんと手を繋いで部屋に行く。
「ドアの鍵も閉めたしこれで大丈夫ね」
「早くセックスしようよ」
「本当に底なしね」
僕もお姉ちゃんもパジャマを脱いで裸でベッドに入る。
「裸でくっつくの気持ち良いねぇ」
「あったかいしね」
「オッパイ吸いたい」
「良いよ、いっぱい吸って」
優しく抱きしめてオッパイを吸わせてくれる。
こういうラブラブしたやつの方が良いなぁ。
「お姉ちゃん、好き」
「はぅっ…お姉ちゃんも耕助が好きよ」
「キスしよう」
口の周りまで涎でベチャベチャになるまで舌を絡ませた。
「またこんなに硬くしてるのね」
お姉ちゃんがチンチンを触ってくれる。
「お姉ちゃんも乳首硬くしてるよ?」
「オマンコももうビッショリになっちゃった」
「入れて良い?」
「おいで」
普通に前から入れて腰を振る。
「ずっと入れていたいなぁ」
「寝る時も?」
「うん」
「朝には抜けてるかもしれないよ?」
「それでも入れたまま寝たい」
「良いよ」
「やった!」
ウキウキでセックスしてたら小さな足音が近付いてくる。
「お母さんかな?」
「静かにね?」
「うん」
もう寝てると思わせる為に音を立てない声も出さないように腰を振り続ける。
ドアの前で足音が止まって、しばらくそこに立ってたみたい。
ちゃっと僕達を疑ってるみたいだったから部屋でいけないことしてないか聞き耳を立ててるんだろうね。
電気は消してあるから普通ならもう寝てると思うはずなのに、なかなか立ち去っていかない。
布団を掛けてセックスしてるし静かに腰振ってるから音もしないはず。
早くどっか行ってと思いながらお姉ちゃんとキスして中に出す。
それから少しして足音が遠ざかって行った。
「行った?」
「行ったね」
「今度はお姉ちゃんが上になるね」
抱き合ったままクルンと回転して上と下が逆になる。
抱きついたまま腰を振ってくれる。
「お姉ちゃんも入れっぱなしにして欲しくなっちゃった」
「明日も一日中入れていたいね」
「なるべくたくさんセックスしようね」
また中に出したら元気だったチンチンが萎み始めた。
「あれ?なんで?」
「流石に出しすぎたのかな?」
「ええ…抜けちゃうの嫌だよ」
「自然と抜けるまではこのままで居てあげるからもう寝ようか?」
「もう少しセックスしたかったなぁ」
「チンチンが萎んじゃったらしょうがないよ」
「離さないでね?」
「苦しくない?」
「うん、オッパイ当たって気持ち良い」
いつの間にか寝ちゃってて、朝目が覚めたらお姉ちゃんが横に居て抱きついてた。
チンチンが抜けてたのが残念。

コメントを残す