エッチ体験談 13,000話 突破!!

携帯ショップ店員とギャルのレズ

美樹さんから投稿頂いた「携帯ショップ店員とギャルのレズ」。

私は、携帯ショップに勤務する美樹です。
今年で26歳になります。

そんな私のエッチな体験談をお伝えします。

店舗のお客様で理沙(仮名)という
19歳の専門学校生が居ます。

理沙は黒く肌を焼き

デニムの短いショートパンツを好み
金色の肩までのショートカットの
ギャルっぽい女の娘です。

閉店間際の、私しか居ない窓口に理沙が
駆け込んで来ました。

理沙「美樹さん、私見ちゃいましたよ。
   銀座のクラブで働いてるのを。
   動画も撮ってますよ。
   会社にチクっちゃおっかなー」

私の勤務後のホステス勤務の証拠を掴み、
脅迫してきました。

私の勤務する携帯キャリアは
保守的な会社なので
理沙に報告されたら解雇もあり得ます。

それは避けたかったので

私「会社に報告されたら困るから
  内緒にしてお願い。タダとは言わない
  理沙のお願い事なら聞くから」

理沙「じゃあ今晩私とエッチをして」

私「ちょっと待って、何を言ってるの」

理沙は以前から私に好意を持っていました。
接客時にも、私の身体に舐める様に
熱い眼差しを向けていました。

私も会社を辞めたく無かったので
理沙の提案を受け入れる事にしました。

理沙「エッチしないなら、会社にチクるよ」

私 「わかったわよ。でも本当に今晩だけよ。」

理沙「じゃあ、閉店後そのまま来て。
   お店の外で待ってるから」

店舗を出て理沙と手を繋ぎ
閉店後に制服のままホテルに行きました。

理沙はホテルのエレベーターで
私に激しいディープキスをしてきて

エレベーターが開扉した後もそのまま
部屋までキスをしたまま入室しました。

入室後はシャワーを浴びる暇も与えず
私の制服の上からお尻や胸や脚を
いやらしい手付きで愛撫してきました。

女性とキスしたり、身体を愛撫された事は
有りませんでしたが、

理沙は唇も柔らかく、指も細くて、
掌も男性ほど大きくなくて

キスや愛撫を長時間されると
目がトロンとして、身体も徐々に熱くなり
息遣いも荒くなり、感じ始めてきました。

私はアブノーマルな状況で
制服を着たままエッチな事をされてたので
凄く興奮していました。

理沙はその後も、制服を脱がせないまま
私の首筋に情熱的なキスをして
私をベッドに仰向けに押し倒しました。

制服のジャケットは脱がせて
ベストとブラウスは全てボタンを外して
スカーフは首筋に巻いたまま

水色のブラジャーを上にずらして
愛撫によってコリコリになった乳首を
転がしたり甘噛みしたり吸ったり

男性よりソフトにピンポイントでねっとりと
女性だからこそ解る、胸の快感スポットを
理沙は正確に責めてきました。

そして、タイトスカートを履かせたまま
脚をM字開脚させて

履いていた黒パンストの上から直接
つま先やふくらはぎ、太腿、脚の付け根まで

丹念に、クチュクチュと音を出し、
軟体動物の様に舌が這いずり回りました。

理沙の性技に私はメロメロになり
店舗では出した事のない
甘い吐息や喘ぎ声を出しまくり
部屋中に響き渡っていました。

理沙「美樹さん、エッチだね。溜まってたの
   凄くエロい声出してるね」

私「恥ずかしい。ダメそんな事言わないで。」

理沙「気持ちいんでしょ。マンコ舐めて欲しい」

私「お願い、私のマンコを舐めて」

理沙とのキスや愛撫によって
すっかりと私はメロメロになってしまい
完全に身体にスイッチが入り

理沙にクンニを哀願してしまいました。
ギャルにクンニされたくて堪らない
只の、エッチな携帯ショップ店員でした。

私のクンニの哀願に対して

理沙「しょうがないなぁ。舐めてあげる」

私 「嬉しいっ。早く来てっ」

それから理沙は
黒パンストの真ん中を爪で破り
グショグショな水色のショーツをずらし
熱を持って濡れているマンコに対して

今まで以上に淫美な音を出して
繊細さと荒々しさの併用で舌を遣い
クリの皮を柔らかく剥いてきました。

クリと膣に、最高の快感が襲ってきました。

どれだけエッチな声で喘いでいたのかも
わからなくなるくらい、頭が真っ白になり
理沙の細い指がアソコをピストンしていくと

私「アッアッアッアッアッアッアッアッ」
 「気持ちいっいいー ダメェッッ」
 「イックゥゥゥゥーーーー」

こうして、私はギャルのクンニで逝ってしまいました。

その後、理沙の持参していた
ペニスバンドも使用されて

チェックアウトまでに
後背位と正常位と騎乗位で3回
理沙の腰使いでイカされました。

ホテルのチェックアウト時に

理沙「美樹さん、わたし上手いでしょ。
   航空会社のCAやデパートの美容部員も
   私とエッチしたらイカされてたよ。」

私 「私の事もずっと狙ってたの」

理沙「そうだよ。携帯ショップのお姉さんが
   どんなエッチするのかなって。
   又エッチしたくなったら連絡して」

私は接客時から理沙のエッチのターゲット
として狙われていました。

悔しい気持ちもありましたが
あんなに気持ちいいエッチは初めてでした。

その後理沙とは週3でエッチしています。
ランチ休憩の時に急いでエッチしたりしています。              (完)

1 COMMENT

大浦飛馬

今受験勉強終わてご飯食べて風呂から上がりました。 ただいま

返信する

コメントを残す