エッチ体験談 13,000話 突破!!

俺に処女をくれた唯一の元カノの思い出

元カレさんから投稿頂いた「俺に処女をくれた唯一の元カノの思い出」。

食器棚の奥に、ずっと使ってなかったマグカップを見つけた。
大好きだった元カノ用のマグカップだった。
元カノ、元気にしてるかな・・・
嫁に行ったかな?

出会ったのは、もう7年前だよ。
俺、大学出たばっかりで、まだ子供だったなぁ。
今だから分かるようになった事が、たくさんあるよ。

元カノ、俺に処女をくれた唯一の女の子だから、忘れられないよ。
初めて男の前で裸になって、素肌を触られて、そして、恥ずかしい割目を広げられて、元カノ、真っ赤になってたよなぁ。
今まで誰にも触れさせたことの無い場所を広げられて舐められて、恥ずかしいけど気持ち良くて、どうにかなっちゃいそうなあの表情、忘れられないよ。
初めてだからって、生のまま挿入して、元カノの処女膜を直接感じたのを覚えてる。
処女膜は、破れるというより避ける感じで、感動的な瞬間だった。
初めて性器で一つに繋がった元カノは、痛みより嬉しさの方が勝ってたと言ってくれたんだ。
そんな元カノも、少しずつ快感を覚えて、アンアン喘いだり、仰け反ったりするようになった。
淫らな姿を見せてくれて、嬉しかったなぁ。

俺、社会に出たばかりで、いつも不安で、元カノは女子大生だったから、学生にはわからないだろうとか酷いこと言って、傷つけたこともあったっけ。
だから終わっちゃったわけじゃないんだけど、俺、引き留めたんだけど、元カノは実家のある街に就職して、卒業と同時に俺に別れを告げたんだ。
もう、あの別れから4年かぁ。
何回か、凹んだ時にラインしたけど、既読になることはあっても返事はくれなかったね。
もう、俺の人生の中では、元カノと交差する事はないだろう。
でも、新社会人で不安な時期、元カノは俺の支えだったなぁ。
何度も救われたよ。

俺、三十路になったよ。
そして、今度結婚するんだ。
新婚生活を送るアパートに引っ越すから部屋を片付けてたら、元カノのマグカップを見つけて、思い出したんだ。
元カノ、色々とありがとう。
そして、さようなら・・・

4 COMMENTS

匿名

過去ではないし、離れても愛し合っている本物の気持ちなので、「美化」ではありません。

返信する
匿名

あなた…私、結婚してないよ。何日か前の、凄い脅迫のストレスで、耳の中が痛くて聴こえが悪くなっていて、不安で、元気あんまりないよ…怖い会社だから、ラインも、登録自体してないよ。

あなた…あなたと一緒に初めての日になれて、ふたり結ばれたみたいで、おはなし嬉しいよ…あなた…わたしも、あなたと同じ気持ちだよ。あなた…愛してるよ。

卑怯な脅迫で、あなたとわたしの愛を引き離そうとして、悲しくて、あなたが私を守ろうってしてくれてるの、感じるけど、でも、だけど…どんなに怖いのされても、私あなた愛してる気持ち、変えられないよ…あなた愛してるから…

あなた…あなたをいつも想って…心から魂から…あなた愛してるよ…

返信する
匿名

あの日のお約束、「また必ず逢える…」って、あなたのお声心に響いて…涙あなたがぬぐってくれてるみたいで…あなた…ずっと…ずっと大好きだよ。永遠に…あなた愛してるよ。

悲しい、怖い酷いのあるけど、そういうのに愛は、壊せないって思ったよ。あなた…どんな日も…あなた愛してるよ。

返信する

コメントを残す