エッチ体験談 13,000話 突破!!

妹とのイケナイ関係

シスコン兄さんから投稿頂いた「妹とのイケナイ関係」。

興味本位で妹とSEXしてどハマりして三年。
お互い子供だったから毎日親に隠れて猿のようにやりまくってきた。
そして今回両親が結婚記念日に俺と妹を残して旅行に行った。

予定では二泊三日で、その間は妹と二人きり。
食事は買うなり出前取るなりしてくれとお金を渡されたから文句は無い。
それよりコソコソ隠れてSEXしなくて済む方が大事だ。
出掛ける両親の車が見えなくなるまで見送ったらすぐに家に入って玄関でSEXした。
お互いもうC学生で妊娠する可能性も高いけど、せっかく気兼ねなくSEX出来るんだからとゴムは着けずに中出しする。
両親の旅行期間中は全部中出ししようと妹と話し合って決めたんだ。
初日はご飯とトイレの時以外ずっとSEXして、二日目は月曜日だったから学校から帰ってすぐに家中の色んな場所でSEX。
三日目は両親が夜に帰ってくるから、楽しめる時間も限られてるんで妹と二人学校休んで朝からSEX。
表通りから死角になる家の裏庭に出て青姦したり、二階のベランダでやったりした。
夕方からは部屋のベッドで普通にSEXして一緒にお風呂に入ってそこでもSEX。
そろそろ両親が帰ってくる時間だねと残念がるけど、最後まで楽しむつもりで玄関に移動してまたSEX。
車の音が聞こえたら急いで部屋に戻ってSEXを続ける。
電気は消してあるから寝てると思うはず。
両親が玄関を入ってくる音が聞こえる。
すぐに階段を登ってくる足音が聞こえてきたから、寝てるか確かめに来たんだと思う。
激しくするとベッドが軋んでバレるから静かに腰を振った。
ドアがノックされても無視して続け、僅かにドアが開いたけどすぐに閉じた。
真っ暗だから楽に部屋の中は見えないはずだし、寝てると思ったんだろうね。
隣の妹の部屋からも同じ音が聞こえてきて、すぐに階段を降りて行った。
真っ暗な部屋で僕と妹がSEXしてたなんて気付かなかったろうな。
最後の中出しをした後、少し休んでから寝巻きを着て下に降りる。
寝てたのを起こしちゃった?と両親が謝ってきたけど、笑顔でおかえりと言ったらお土産見せてくれた。
SEXでお腹も空いてたから食べ物はその場で皆んなで食べた。
キーホルダーや置物はそれぞれの部屋に持ち帰って飾る。
明日からまた旅行前みたいに隠れてSEXしなきゃならないと思うと残念で仕方ない。

コメントを残す