エッチ体験談 13,000話 突破!!

お隣の奥さん

良輔さんから投稿頂いた「お隣の奥さん」。

隣に昔から僕の事を自分の子供のように可愛がってくれてる奥さんがいる。
その家は子供がいないからだと思うんだけど、その愛情のかけ方が凄いんだ。
よく家に招いてくれて可愛がってくれるのは良いんだけど、僕がS学生になってもトイレやお風呂に一緒に入ってくるんだ。

オシッコする時はチンチン持たれるし、ウンチの時はお尻を拭いてくれる。
遊んで汗をかけば一緒にお風呂に入ろうと言って全身洗ってくれるんだ。
だから僕は幼稚園の頃にお隣の奥さんにお風呂で剥かれて、それから少し後に手コキされて精通した。
僕の家が共働きで鍵っ子だったせいもあって、両親も迷惑じゃなければこれからもってお隣さんに頭を下げてた。
それでお隣さんも迷惑なんかじゃないし子供の居る生活を味わえるから毎日でも良いですよって両親に話したみたい。
それで呼ばれる頻度が多くなって週に三日程度だったのが毎日になった。
僕が精通したから奥さんのスキンシップも激しくなって、家に入るとすぐにギュッて抱きしめてきて離してくれない。
リビングのソファーに座るとオッパイ吸う?って聞いてきて、僕が答える前にシャツを捲ってオッパイ出すんだ。
吸って欲しくてたまらないって感じ。
それで僕がオッパイ吸い始めるとチンチンを触ってくる。
ズボンの上から触り始めて元気になるとパンツの中に手を入れてくる。
シコシコされて手の中で精子出すと脱がされてお風呂に連れて行かれるんだ。
お風呂ではチンチンを咥えられて今度は口の中に精子を出させられる。
奥さんは嬉しそうにそれを飲む。
力が抜けた僕をニコニコしながら全身洗ってくれて、その間に汚れたパンツも洗濯してくれる。
乾燥が終わるまで裸で奥さんに抱きしめられてベッドで寝かされるんだ。
そこでもオッパイ吸わされてチンチンをシコシコされる。
そんなのが毎日だから奥さんにチンチン触って欲しくてたまらなくなる。
学校からダッシュでお隣さんの家に行って中に入った瞬間にチンチン出して奥さんに抱きつくようになっちゃった。
奥さんはそんな僕を喜んで抱きしめてチンチンを触ってくれる。
リビングに着いたらオッパイを強請って吸わせてもらってチンチンをシコシコしてもらう。
でもある日からリビングでもチンチンを咥えてくるようになった。
その代わりに僕にオマンコを舐めさせるんだ。
お風呂で見慣れてるけど、リビングで見ると余計にエッチな感じがする。
舐めるのはその日が初めてだったけど、奥さんがチンチン咥えるくらいだからオマンコ舐めるのも普通なんだろうと疑問にも思わない。
少しオシッコの匂いがしたけど僕は躊躇なく舐めた。
すぐにヌルヌルした汁でオマンコがビチョビチョになった。
オマンコがこんな風になるなんて知らなかったから驚いたけど、僕も気持ち良いとチンチンから汁が出るからそれと同じかも知れないと舐め続ける。
僕が奥さんの口に精子を出しそうになったら咥えるのやめてオマンコ舐めるのもやめさせられた。
何でだろう?舐めるのが下手で嫌になったのかな?と不安になってたら、奥さんがちんちんの上に跨ってオマンコに入れちゃった。
奥さんが何度も腰を上下させてチンチンを出し入れするからオマンコの中に精子を出した。
それなのにやめてくれなくて二回続けて精子を出す。
その後はいつものようにお風呂に入って、今度は僕からオマンコにチンチン入れて腰を振るように言われた。
また気持ち良くなれると分かってるから頑張った。
我慢できるところまで我慢するように言われたからギリギリまで我慢してから精子を出す。
すぐに出すよりも気持ち良い。
お風呂から出た後もオマンコに入れたくて奥さんにお願いしてベッドで何度も精子を出した。
その日から奥さんに会うと必ずオマンコに入れさせてもらって中に精子を出し続けた。
もうオマンコの事しか考えられない。
それが子供を作る行為だと知ったのは二年後だけど、今更やめる気になれなくてずっと続けた。
今はもう僕もC学生でセックスの事も色々勉強して奥さんといけない事をしてると理解してる。
部活もあるし奥さんと会うのは減らそうと考えたけど、奥さんが会いたがるから部活で遅くなっても欠かさず会ってセックスしてる。
汗をかいたチンチンも美味しいと喜んでフェラチオしてくれるんだ。

コメントを残す